11 ★ L4-1E   

2006年 09月 08日

ライファ様にご紹介頂いた成分分析を行った結果、私の本名では
75%の東尾修
9%の和田一浩
7%の中村剛也

と出ました。総合すると、ギャンブル好きで頭が寂しくてふとっちょということだそうです。
というわけで、ウインズ辺りに行けば簡単に逢えそうな人物像を背負い込むことになった
不遇のtaoyaoでございますこんばんは。
ルパン三世はつまらなかったですがこれは予定調和です。



江藤さんのファンとしては、今日はもう久々のホームランを拝見出来ただけで
お腹一杯胸一杯。チーム事情からなかなか出場機会に恵まれませんが、出場すれば
こうして結果を残す力はまだ備えています。
恐らく、これから終盤になってきた時彼が重要なキーパーソンになるんじゃないかなと
密かに予感しております。そうなってくれれば良いなあ。
こうして日替わりで起用する選手が活躍し、また打点王を争う主軸二人が相乗効果で
争うように打点を挙げてゆく。理想的なムードですね。まさに打線は絶好調です。

……とはいえ本当ならもう少し援護に恵まれても良かった筈なんですが、最近にしては珍しく
好機で打線が繋がりませんでした。無死満塁をフイにした時は、真剣に逆転を心配した
ものです。ですが松永投手がよく踏ん張って下さいました。早くも先輩山崎投手の勝ち星を
追い抜いております。
私より少し前の世代になりますと、松永と言えば阪急のトップバッターというイメージが
どうしても先行するんでございますが、彼が引退して10年以上経過し、今や松永姓は
彼一人になりました。将来には松永と言えばライオンズの左腕エース、として
高名を全国に轟かせて欲しいですね。
本当に伸びのある、良い直球を持ってます。スライダー、カーブもGoodでした。



2.5ゲームという差を付けて、残り試合は15試合を切りました。
西武に長年親しんできたファンとしては、ここからライバルを振り切ってゆく勝負所での
力強さが、すなわちライオンズの強さそのものであると考えております。
ウチは勝つ限り、追いつかれることはありません。一戦必勝で参りましょう。

                 R
楽天 000 000 100  1
西武 200 110 00X  4
勝:松永
敗:有銘
本塁打:江藤4号ソロ(有銘)


ライファ様へ……手違いでコメントを誤消去してしまいました。申し訳ありませんm(__)m
[PR]

by taoyao | 2006-09-08 23:43 | ライオンズ(野球)

<< ライオンズ一つの節目 ★ L2... 少年法が見直されない理由 >>