GGで負けた五輪野球   

2008年 08月 23日

 とりあえずあのGGはしばらく顔も見たくないですね。


 
 基本的に一所懸命やった結果のミスならしょうがない、ってのは小学生の論理です。
 そもそも大舞台の大事なところで3失策とか、どう言い訳したって通用しません。
 本当に「必死」でやってれば、代表に選ばれるような外野手が2試合で3エラーとか絶対ありません。気持ちが緩んでたか、或いは手を抜いてたってことなんですよ。

 個人的にはいけ好かない監督でしたが、日本を背負って必死でやってくれた星野さんにも申し訳ないし、ちゃんと必死でプレーしてくれた他の選手にも申し訳ない。彼らの意気込みに応えるだけの気概が、あの下手くそ外野手にあったかってことです。
 昨日の今日でああいうミスをする、その時点でもう気持ちで負けてるのは明らか。
 別にオリンピックの野球で一位になることにどれだけの意味があるとは思いませんがまあ、ああいう選手を一人選んじゃったってのが、強いて言えば星野JAPANの一番の敗因ですかね。
 所詮あの程度の選手ってことです。おちゃらけた登録名つけて、いい気になるのは十年早い。
[PR]

# by taoyao | 2008-08-23 16:34

夏と花火と私の死体   

2008年 08月 11日




 思えばそんなタイトルの本を買うだけ買って本棚に突き刺してあったような気も。
 よく訓練されている人はそれを「積み本」というそうな。
 
 積み本だけは豊富なので相変わらず上辺だけの読書家を繕っておりますが――
 花火大会皆々様お疲れさまでしたの巻。
[PR]

# by taoyao | 2008-08-11 00:00 | 私心

願いはどこにある   

2008年 08月 06日

 原爆が投下された日付や時間を知らない子達が増えている――という問題にニュースが警鐘を鳴らすわけです。私としては、そんなことは小さな問題なのにと思う。
 広島の大学に在学していた私は、広島の原爆の惨禍にはついに辿り着けなかった。せっかくだからということで毎年の平和記念式典には参加していたけども、その中で原爆の熱や光が胸に届くことは無い、これは当たり前のことでした。

 原爆という記憶が風化していく中で、守ろうとしても守れないものは必ずある。それに足掻くのではなくて、本当に守らなければいけないものを探す方向へ、8月6日というこの日付は方向転換する時期に迫られているように思う。原子爆弾という兵器が過去の物となっていく中で、人の心を推し量る物が原爆投下の日付の知識なんかであっては、私は絶対にいけないと思っている。
 平和はテストの点数でもなければ、カルトクイズの問題でもない。
 それだけでは必ず、同じ過ちをどこかで繰り返すだけになる。

 私達がどうして原爆を忌むかを、もう一度考えてみなければいけない気がしている。原爆が落ちなければ、戦争が起きなければ、核兵器が無くなればこの世界は平和になるのか。
 ふと胸に記憶を問い掛けてみて、今年一年間、誰をも恨まず憎まず、妬んだりもせずに生きてこられたか。ちょっとカッカしたことは必ずほぼすべての人にある。
 その憎しみが戦争に繋がると道徳の先生は言うけども、そんなことはありはしない。私達の手にはそんな権力はない、けどもそれが私達の穏やかさを奪ったのは事実だと思うし、つまるところ私達にとっての平和というものは、核兵器や戦争で語ってもしょうがないということになる。
 いつからか学校では、平和を、戦争と表裏一体でしか考えられなくなった。
 何しろ街の中で誰かお爺さんやお婆さんが病気で亡くなれば、何人かの人は必ず哀しんでいる。誰も悪くなくても平和という物は消えうると私は思うし、願うだけで維持できるほど、平和とは甘いものでもないと思う。

 人を憎むのにはエネルギーが必要。瞬間的な怒りもそうだし、恨むことを止めてしまった時に自分が負けた気分になりそうで怨みを繋ぎ止める、その力も莫大だ。
 広島の人たちは、あまり憎しみという言葉を口にしない。ただ原爆という惨劇を哀しむ気持ちを持った人たちが、あの平和記念式典や資料館を作り上げている気がした。だからこそ、秋葉市長のスピーチが心に響かないんじゃないかと私は思っている。時として市長のスピーチは、本当の哀しみを抱えた方々と違う方へ向いているんじゃないかと思う時がある。

 誰かが笑顔でいられるその為に、自分を思い出す日であれば良い。
 原爆の日付ではなくて、誰かを恨むことの哀しさや誰かを失うことの辛さ――そういったものを教え、気付かされる日であって良いと、私は今日8月6日のことを思っている。近隣諸国との外交問題でさえ、実は私達にとっては他人事。中国や韓国を恨めばそれだけで酒は不味い、そして中韓と和平を結べても代わりに職場の隣の机の人、クラスメートなんかと喧嘩して禍根を引きずってしまえば、私達は生活問題として数倍生きにくくなる。
 原爆の日がそうやって、少しだけ他人事になりつつあると私は思う。
 より現実的に、より即物的平和というものを考えてゆけば考えるほどに、それが周りの人の笑顔なんだと気付ける。核兵器や戦争だけが定義する物じゃない。原爆がやがて過去の物となり誰もが忘れたとしても、その時まで語り継げる、語り継ぐべき物は確かにあると私は思っている。
 核兵器は廃絶されてこそ意味がある……という秋葉市長の物言いの可笑しさに、もっと私達は気付いて良い。そして戦争や原爆の忌日にシュンとしおらしくする必要はないから、もっと笑って、今の世界に少しだけ残った平和を大切にしていきたい。
 そうすれば、少なくとも私と周りの人は、平和に生きて行けるのではないか。
 平和なんてことを考えるのは年に5分で良いんだけども、時としてそれが、理由もなく壊れてしまうことを考えておかねばならない。誰かを恨むことで気分の悪い一日になれば、それはもう平和と称せない。或いは、誰をも恨むことの出来ない不幸もある。

 原爆を忌む、という活動の意味を、もう一度考えてみる必要があると思う。
 平和というのは知識や厳粛さによってもたらされるものでないということだけ、私達が自覚しておきたい。
 政治家にも科学者にも、中学生にもサラリーマンにも自分なりの平和があって、それぞれが誰かの平和と共感するわけではない。とげとげした日常など誰も好き好んで送りたくはないから、ニュースを見ていなくても、知らない間に平和を求めて生きていたりもする。
 誰にしも、等身大で考えるその人なりの平和があるはずだと私は思うし、原爆の日が機能するとすれば、それを考える切っ掛けでさえあれば良いと思っている。
[PR]

# by taoyao | 2008-08-06 23:10 | 私心

崖の上のポニョ   

2008年 07月 20日

 観てきました。

 個人的には今ひとつという評価でしたが、巷での評価はそこまで酷くないようです。
 かつてのジブリ映画のような出来映えを幻想しているとガッカリします。完全に別物と考えて観れば良いのかもしれませんが、それを許さない程度に「ジブリ」というブランドは成熟していると思いますし、どうしても期待はずれ感ばかりが募りました。

 他の場所のレビューでも書いたことですが、絵本的ファンタジーとしては致命的にドキドキやワクワクが足りない印象です。話自体の温かさや可愛らしさに文句はありませんが、終始淡々としている印象が残りました。良くも悪くも、ある意味で宣伝通りです。
 和やか・癒されるといった趣では優秀な映画かもしれません。
 ただ、かつてのジブリのような壮大さや深奥さを期待してゆくと肩すかしを食らうのは間違いないかと。否定派の自分が言うのもおかしいですが、賛否の否の声があることもむべなるかなといった作品でした。
 「この映画の良さが分からないなんて!」という意見の応酬も一部で見られましたが、個人的には良さが分かった上で――良さが分かるからこそ、期待はずれという形容をしてみました。
 宣伝からも分かるとおり、あまり難しいことを考える映画ではありません。
 ハウルやゲドよりはいくぶんか以上にマシだと思うので、近年のお口直しには良いかも(ぉ
[PR]

# by taoyao | 2008-07-20 22:53 | 私心

開店休業状態   

2008年 07月 09日

 こそこそと社会の片隅で生きてこそいるんですが、ちょっと多忙中につき。
 最低でも今週中は、どうやら更新に手を出せないような気がしております。
 一段落したらまた更新再開しますので、それまで暫しお待ちをー……。
[PR]

# by taoyao | 2008-07-09 01:08 | ニュース

殺人予告   

2008年 06月 22日

2ちゃんねるで橋下知事殺害呼び掛け 脅迫容疑で男を逮捕


 掲示板の現実としてこういった殺人予告に、本当の意味で「真実味」を感じる利用者はかなり少ないです。書き手も読み手も同じ気持ちです。
 なればこそ、軽い戯れ感覚でこういう阿呆なことをやる人がちまちま出てきます。
 犯人を捕まえてみれば供述する内容の大抵は「悪ふざけが過ぎた」とかですし、あとはよく中高生の不良がやるような構ってちゃん意識だったりするのですが。

 別に掲示板がそういう場所だからって好き勝手な言葉を選んで良いという意味でもありませんし、警察がいちいち騒ぎ立てることを嘲るつもりもありませんし、まさか書き込み犯に同情したりはしませんし、すべてひっくるめて社会の対応がどこかしら間違っている等と言う気は全然ないです。やってる側がそういう"軽い気持ち"であろうことが透けて見えるだけに、警察その他調査される方々の苦労には同情を禁じ得ません。
 変な常識が罷り通っている部分はどこのBBSにも少なからずあり、良識ある利用者はすべて織り込み済みとして清濁併せのんでいたりするのですが、昨今現実に凶行に及んでしまうケースもあるわけで、しかるに警察の方々もまるで気が抜けません。実に頭が下がります。
[PR]

# by taoyao | 2008-06-22 22:11 | ニュース

写真日記。   

2008年 06月 17日

 鳥取県・湯梨浜町のあやめ池です。

f0029842_1213310.jpg


f0029842_12145100.jpg


f0029842_122419.jpg


f0029842_1224699.jpg


f0029842_1231097.jpg


f0029842_1232193.jpg


f0029842_1233492.jpg


f0029842_1234658.jpg



 今週末までなら何とか見頃かも……
[PR]

# by taoyao | 2008-06-17 01:24 | 私心

ブログ論   

2008年 06月 15日

 表題ほど大したことは書きませんが何はともあれ一週間空いてしまいました。
 ちょっと色々プライベートで忙しい出来事が重なっており、こちらの方がすっかりお留守に。
 mixiは割と精力的に更新してたりするんですが、あっちは良くも悪くも肩肘を張らないで文章を書けるというのが大きく。
 こちらだと、多少なりとも余所行きの体裁を整えようとしてしまうもので。
 それはまあ、確かな知人を相手にしてるかどうかの違いがありますし仕方ないんですけども。

 西武戦はチェックしております。勝ったり負けたりですねえ。
 エキサイトブログは各種検索から割と嫌われているので、西武の記事を書くだけではあまり人が来ないから困る。
 だからというわけでは無いですがFC2乗り換えとかちょっと企図したりしなかったりしましたが、今となってはそんな意欲すらも無いという。
 ふとやる気が起きた時にはTOP絵とか作って変えてたりするくらい。

 mixiもなんだかんだで肥大化の一途ですし、あっちで好き勝手やれるならこっちでも好き勝手出来る気もするんですが、そこはそれ、読み手の顔が見えているかどうかが心理的な影響を与えていると。
 実際mixiを閉鎖的なネットワークだと思えたのはもう過去の話で、あっちにしたって言っちゃいけないことは言っちゃいけない訳です。ちょいと有名になった殺人予告とかにしたって、mixiで書けば「不特定多数の目に閲覧できる状態」だと思うんですが、いざそういう事態が起きた時はまたたぶん揉めるんでしょうねえ。
 「友人の友人まで公開」で殺人予告をしたらどうなるか、とか。

 何の話でしたっけ。

 要するに本来、mixiでもぶっちゃけトークとか言いたい放題は出来ませんよねって。
 未だにmixiが匿名SNSだなんて思ってる人はID登録数を数えてみるといい。
 アクティブユーザーがどれだけか知りませんけども、少なくともエキサイトブログへ恒常的に足を運んでる人の数倍はあるはず(ぁ
 てことはもう、ブログとかみくしーとか言って区別なんかできんのです。「いやmixiでこっそり書いただけのことでそんな噛みつかれても」みたいな話が周辺でちらほら出てて、いやいやそれは違うだろうという。
 いつまでも秘密基地感覚でおったらmixiなんざ利用できませんし、陰口叩くためにmixiやるなんて根暗なことはとっととやめちまえということですが、リアルの方々だとその辺の意識が薄いらしいというか何というか、うーん。
 まあmixiやってることを秘匿してる私には、リアル社会に於いて何ら関係のないことですけども。
 そういう意味では、ブログとSNSで二通りの使い方は出来るらしいです。ネットならではの。

 とりあえず、言いたいことも言えないこんな世の中じゃってんでmixiとか使っちゃうのは本当にイタい感じがするので、ぜひ身を慎ましやかに保って頂きたいなーとか思ってます。

 なおこのブログは、今後も開店休業状態のままのろのろと続いてゆく予定です(ぇ

 
 
[PR]

# by taoyao | 2008-06-15 12:03 | 私心

星野監督、一次候補としてGG佐藤ら4人を追加   

2008年 06月 07日

 そんなあっさり追加できるものだった、んですか。


 別に星野氏の人間性自体は嫌いじゃありません。好きな野球人ですし、今回のことを星野氏ひとりの責任として論じる気もありません。
 ただここまで簡単にゴリ押しが通ってしまうのはただただ、ファンを馬鹿にしてるとしか思えません。星野氏個人じゃなくて、そういうのが罷り通る事そのものがおかしい。
 オリンピックをないがしろにすべきとは言いませんが、プロ野球の本分たるレギュラーシーズンを楽しみにしているファンがどれだけいるのか、そしてそのファンにとって今回の決定がどういうものとして捉えられるか――そういった事に一切手を付けぬままの"勝手な行動"に、強い憤りと失望を感じます。
 この時期にこんな形で選ばれた帆足とGG佐藤は、恐らく確実に五輪メンバーとして離脱するでしょう。その事実を西武のファンがどう受け止めるか、です。
 ライオンズファンとして、これに憤る権利はあると思っています。
[PR]

# by taoyao | 2008-06-07 03:23 | ライオンズ(野球)

中学校の図書館で   

2008年 06月 06日

「なんて素敵にジャパネスク」の氷室冴子さん51歳

 よくお見かけした名前でした。
 私は読まなかったのですが、図書委員なんぞをやっていたので……

 あれからめっきり読書をしなくなって長いブランクの末最近またライトノベルにお熱なのですが、ある種でその礎を築いた人なんだ――とは、知人の話です。
 文筆の方として51歳というのは、まだまだこれからの時期だったと言わざるを得ません。
 読んだことのない作家様ではありますが、そうやってある者には名前を脳裡の片隅に留められ、ある者の胸の中には熟読のファン作家として名を刻み……と、陳腐な言い方をすれば今後も静かに生き続けてゆく方なのですが。
 
 その人の新たな作品に出逢えなくなるというのは、どんな創作者であれ口惜しく。
 また、名残惜しいことです。
[PR]

# by taoyao | 2008-06-06 23:59 | ニュース