13日目終了   

2009年 01月 23日

朝青龍のみ土つかず

 朝青龍ファンを自認する私もさすがにここまで電車道とは思いませんでした。
 勝ち続けている間は、多少粗野な振る舞いさえも「気迫」と表現してもらえる。

 個人的な優勝予想はしかし、白鵬。
 朝青龍の一番強い時期を知っているからこそ、今場所の朝青龍に今一歩物足りないピースを感じるので。
 ただ白鵬もどれだけ盤石とは思えないので、番狂わせは充分ある。

 先に台頭していた把瑠都や琴奨菊や豊ノ島に加えて、栃煌山や山本山といった日本人力士の個性派にも恵まれてきて、見応えのある相撲界に立ち返れる兆しは見えてきました。
 魁皇や千代大海などいつ見てもグダグダしてるような大関達ですが――ひとまず数字の上で彼らは確実に、時代に名を残す名大関。
 彼らがいつか土俵を後にしてしまう前に、次の働き手が足場固めをしておいてほしい。
 横綱は勝って当たり前の存在として、次の時代の「名力士」が早く欲しいなと思います。

 

 余談ですが、片山の引退は残念でした。
 美しい四股、とか言われつつ四股というのは本来、あんなに足を上げるモンじゃない。
 とはいえ、彼が湧かせた場所は紛れもなく両国国技館。大相撲の中に一つの魅力を作った力士であることに変わりはありません。
 小兵力士ゆえの弱みを、遂に克服しきれなかったという印象でした。
 残念ですが、おつかれさまでした。
 
[PR]

# by taoyao | 2009-01-23 22:39 | ニュース

初場所雑感   

2009年 01月 12日

 例えば序盤で2敗したら引退だとか、勝ったら勝ったで「余裕が無い」とか――スポーツ紙が我が物顔で条件を作り出す風潮は今場所も健在。いつも通り、非常に偉そうですね。
 どの新聞も最早、朝青龍の失脚しか期待してませんからねえ。
 ほんと気の毒だと思います、朝青龍。

 日馬富士という四股名、未だに慣れません。単語登録も「安馬」が残っている始末。
 序盤2連敗は、私の中では割と想定の範囲内なので、これから頑張れば良いと思います。
 分かりやすいくらい大関の重みに押されてますが、最初はどうしても、ね。
 厳しいことを言えば、安馬時代からこの辺に弱さがあると見ていたので、言わば不安が的中してしまった格好ではあるのですが。

 あと魁皇。
 また角番脱出しちゃうんですかね、このまま。
 不世出の名大関であることは今や疑いようもないですが、ギリギリのところで取り続けているとそれこそ、相手の力士ではなく自分の進路と相撲してるような格好で――
 なんだかんだで好きな力士ですし、いずれ辞める時が来ればその時は、かなり喪失感を覚えるんだろうと思います。それまでは、素直に頑張って欲しいと思ってます。
 
 
 
 では、三日目からも好取組を期待しまして。
[PR]

# by taoyao | 2009-01-12 23:52 | ニュース

あけましておめでとうございます。   

2009年 01月 03日

 現時点で年賀状をまだ書いていません。

 ……どうしよう!



 というわけで本年もよろしくお願いします。
 もうちょっと頻繁に更新してゆきたいと思いますが、新年の挨拶が三が日の残り3時間を切ったところでようやく――という状況は見通しの暗さを雄弁に物語ります。
 本当にもうちょっと頑張りますので……

 それでは今年もお互い元気で過ごしましょー。
[PR]

# by taoyao | 2009-01-03 21:14 | 私心

ひまだ。   

2008年 12月 24日

 ひまですねえ……。


 ところで今日何の日かおもいだせない。



 ひまだ……
[PR]

# by taoyao | 2008-12-24 21:22 | 私心

撮影に行きたかったんですが   

2008年 12月 14日

<初代新幹線>「0系」ラストラン

 鳥取からではちょっと遠すぎました。
 先日福岡に行った折、30分違いですれ違ってしまったのが悔やまれまする。

 ……と言いつつ、実は鉄道写真苦手なんですけどねー。
 一発勝負に弱いので。
 大体、いっつも列車の先頭が写真の真ん中に来てしまう。

 

 鉄道の知識は弟が詳しいばかりで私は目下時々撮影する程度なんですが、人造物である列車をこうして「生き物」にして、愛着や惜別の気持ち持つってのは良いですね。
 高度経済成長期にはまだ生まれてさえいなかったのですが、ひとつの確かな歴史が終わることについて、確かな寂しさを感じます。
 或いは勿体ない、とさえ思ってしまうこの感覚を大切にしたい。
 ある一つの時代の象徴でした。
[PR]

# by taoyao | 2008-12-14 23:21 | ニュース

今日の出来事。   

2008年 12月 13日

 白いクリームが入ったどら焼きを食べたら、緑色の斑点があった。
 具かしらとそのまま食べて、次の斑点をよく見たらカビだった。

 いやですわもう。
 おなか大丈夫っぽいですけど。
[PR]

# by taoyao | 2008-12-13 20:14 | 私心

長野選手について   

2008年 12月 07日

ロッテに対し入団拒否を表明


 巷ではやっぱり批判が先行してますが、巨人一筋で行くならそれはそれだと思うんですけども。
 そう思うのは、私の感覚が先時代的なせいか。

 以前元木選手が引退した時、楽天など他球団から誘いがあったにも関わらず「自分は巨人の選手のままで引退したい」と言ってユニフォームを脱いだ――っていう話がありました。同じ時期に「巨人という競技をやってる訳ではない」と言って移籍を決断した仁志選手と比較されて、ま当然仁志選手の方が賢明な判断だとして社会には持て囃されたのですが、
 さて、それはどうか。

 選手の権利を尊重し、解雇されてもなお移籍というチャンスが広く与えられるこのご時世に、一球団を貫く気骨ってのは寧ろ誇って良いものだと思うんです。元木選手と比してそれが入る時か辞める時かの違いはあれ、巨人というチームの中でプレーしたいという強い憧憬を実現するために時間を遠回りするなら、それも長野選手の決断の内。もっと言えば、元木選手も巨人を志望して一度ホークスの指名を蹴った経緯もあった。
 そうやって人より何倍も強い思い入れを存分に焚きしめてから入団してくる選手を、ファンだって応援する気になるでしょう。
 まあ、巨人ということで他球団ファンから目の敵にされる身空は非常に可哀想ですが、
 まず「チーム」という枠から愚直に拘る姿勢はそれも人間的で、個人的には嫌いじゃない。

 ロッテのファンからすれば地団駄だと思いますし、これが西武なら私も同じような感情を抱いていたとは思います。
 が、今回の彼のこういう決断を、ただ否定的にだけ捉えることはすまいと。
 2度の指名拒否というのは大ごとです。それが幸と出るか不幸と出るかは分かりませんが、強い憧れのために退路を断ったことは事実。いずれ巨人のユニフォームに袖を通す日が到来するのであれば、比較的応援してあげたい選手ではあります。
[PR]

# by taoyao | 2008-12-07 23:10 | ライオンズ(野球)

国籍法について   

2008年 12月 06日

国籍法改正


 成立してしまいました。
 
 日本人としてよもや賛成という訳はないんですが、もっぱらそれ以上に「興味がない」というのが本音で、更にそれ以上に関係ない掲示板にまで貼られる啓発コピペがひたすらウザかったので、それが今日限りかと思うとホッとする。(ぇ
 
 名ばかりの法学部を退いて何年、今更勉強家ぶるつもりもないですが、国籍の安売り云々よりも新生児の国籍を保証する方がよほど重要な国際問題なのですから仕方ないです。そこは認めないといけない。
 で、悪用の可能性は想像すればそれこそ無限に広がりますが……よしんば国籍ブローカーが現れたとして、最高で懲役7年半でしたかね? まあ、充分な刑罰じゃないでしょうか。

 

 日本人として危惧すべき事態なのは分かるんですが、でもねでもね、例えば日本人として純粋に生きたいと願う人々も確実にいて、彼らの笑顔まで消されちゃいかんと思うですよ。
 と言いつつ、そんなお花畑を言ってられないから今喧々囂々なんですよね分かります。
 ただひとまずネットの運動はいつどんな話題だって、ほぼ間違いなく一面的なんでアテにはならないです。キッツイこと言えば、あれらにヤッホーと与するのは一種の思考停止なので楽っちゃ楽なんですが。

 彼らは都合の良いことしか言いませんからね。

 これは鳥取県の人権救済条例が取り沙汰された時にも言ったことですが、ひとまず「アホ(バカ)」「ウヨ」「サヨ」「チョン」「売国」  これら5つの単語のいずれかが使ってあるレスやエントリは総じてロクなもんじゃないというのが私の意見。
 利権がどうとか難しいことは私には分かりませんが、ひとまず聞く方としても理性的な意見であれば耳を傾けやすいので、その辺は分かってほしいところ。
 まとめwikiにしたって、何だかんだでそういう単語はほぼ使わないでしょ?
 
 

 まぁ人権救済条例同様、そのうち批判論の方が上回ってくるのは目に見えてます。それが半年か10年かはさておき、きっちり耳目が集まってくればようやく、愚鈍な政治家であろうと世論に右顧左眄する日が来るのでしょう。
 最後に、至極当然な現実的な問題を一つ。
 この法律がやがて排されても、この法律で取った国籍が消えるわけではないということ。
 違法や虚偽で盗み取った国籍は当然失効するとしても、この法律が「法律」である間に取得した国籍を、後に法律が廃止になったところで剥奪出来るわけは無いんです。
 その辺を考えれば、もう少し慎重な論議にもなったんじゃないかと思いますが。
 世間的な注目も低かったせいか、いかにも軽々しく決まった感じがします。

 何が言いたい日記なのか分からなくなってしまいましたね。
 三行でまとめましょう。

 改正しちゃいました。
 色んな意味でなるようになるさ。
 ところで掲示板のマルチポストは大義名分があろうとも迷惑行為だ分かってんのかコラ。
[PR]

# by taoyao | 2008-12-06 13:07 | ニュース

手を打たなくても良い   

2008年 12月 04日

田母神氏講演に苦慮「手の打ちようない」

 標題の通り。
 そういえば退職金についても、別に支給してあげれば良いと私は思いますよ。
 かの発言の是非はともかくとして、晩年の失策で退職金を取り上げる前例を作ると官僚はたまったもんじゃないです。
 官僚は官僚なりに働いてきた場所は確実にあるはずで、
 そういうところまで税金の無駄遣い等として批判すべきではない。

 フリーの肩書きを得られたんですから、講演活動も自由にされたら良い。
 聴衆の心を掴むようであればつまり田母神さんの言い分の方が国民に受容されたのだということになるだろうし、逆に反発を喰らうような講演ばかりしていれば防衛省が何やかんや言わずとも自然と見向きもされなくなる。
 そこは自然の摂理に任せれば良いのです。辞めゆく人間の言論や思想をも恣意的に操作しようとすれば、それは防衛省側の横紙破りというもの。国民の意識よりも先に自分らのイデオロギーを押しつけるようなマネはあまりよろしくない。そもそも、田母神さんの一連の発言について国民に擁護派が少なからず居ることを、都合良く無視し続けるのもいかがなものか。
[PR]

# by taoyao | 2008-12-04 23:21 | ニュース

少しは更新しろっ!   

2008年 12月 03日

 放っておくと完全に放っておいてしまうから困りますね。
 やる気だけは十分あるんですが、ネタがないのと時間がないのと、どうにもmixiにかまけっきりになるのとで。

 とりあえず近況報告。
 本日で24歳になりました!

 私生活では内定先が何か不穏な動きを見せてるけど多分大丈夫だろうと楽観してたり、目下現在の職が暇になったり忙しくなったり、車検で10万円くらい飛んでウボァーってなったり、ニコニコ動画で音楽を流しながら相変わらず半死半生の余暇を過ごしてたり、だけど実はそれなりにクリエイティブな日々を送っていたり、そんな感じです。
 あ、あと

f0029842_074255.jpg


 地上波デジタル対応の液晶テレビ買いました。時代の進歩はすげえな!
 いや、クイズ番組に参加とかはしませんけど。
 というか現状ニュースくらいしか見るモノが無い。
 ここ1年コナンも行列も観なくなってしまったし……

 あと福岡県の地方イベントに参加して、青春恋愛小説の短いのを書いて同人誌出したりしてました。知人との合同でしかもコピー本ですが。
 また恥ずかしいモノを書いてしまった。
 あ、あとそれから

f0029842_23592486.jpg


f0029842_23593756.jpg


f0029842_004795.jpg


f0029842_23595679.jpg


f0029842_001226.jpg


f0029842_003043.jpg


f0029842_01892.jpg


f0029842_022323.jpg


f0029842_023485.jpg


f0029842_024574.jpg




 今年も京都はしっかり行ってきました。
 上からおおまかに永観堂、貴船神社、大原三千院、真如堂、蓮華寺……かな?
 三千院は初めて行きました。早朝行ったら道もバスも空いてて、10時半頃帰ろうとしたら対向車線が長蛇の列でした。
 早朝に行くに限りますね大原。完全に憶えました。

 現在は信じられないくらい散らかってしまった部屋の片付けについて何とかメドを立てようと策を練りつつ、本を読んだり書いたりの作業に没頭中です。
 私が同人誌書いてることを隠す必要がある人も少なくなってきたので、だんだんおおっぴらに書くようになってしまいましたねっ。
 
 というわけで近況報告でした。
[PR]

# by taoyao | 2008-12-03 23:53 | 私心