ばら公園行ってきました。   

2009年 05月 26日

 広島県福山市。
 この日曜日に日帰りしてきましたー。
 写真だけ。



f0029842_21492693.jpg


f0029842_2151555.jpg


f0029842_21553127.jpg


f0029842_21512173.jpg


f0029842_21513688.jpg


f0029842_21541661.jpg


f0029842_21542777.jpg


 
 前の週にやってたバラ祭りとかいうのはちょっとマーク外でした。
 今回も家族の所用にくっついていっただけなので……。
 そして現地でやることがなかったので、私だけ観光していたという塩梅。うわわ外道ー。
[PR]

# by taoyao | 2009-05-26 21:52 | 私心

ホーランエンヤ(島根県松江市)   

2009年 05月 17日

 十二年に一度だけ開催される日本三大舟神事の一つ、「ホーランエンヤ」に行ってきました。
 せいぜい倉吉駅のポスターが寂しく独りぼっちで貼られているのを見かけただけでしたが、せっかくの貴重かつ大規模なお祭りに出掛けない手は無いということで行脚。あんまり若い人は居ませんでしたが、当の祭の主役は実は若人なのですよ。


f0029842_19315953.jpg


f0029842_19312593.jpg
 

f0029842_19322927.jpg



 もう一方のエントリではきちんと由来を書かなかったので、暇つぶしにこちらではある程度列記。

 かつて凶作に頭を悩ませた松江藩の藩主が、お膝元に祀られていた神社の神様(御神体)を、宍道湖から流れ出る川で二十キロばかり離れた別の神社へと船でお運びし一時的にその居所を移動、すると五穀豊穣の祈願が見事に成就。以来、十年(現在は十二年)に一度、「お出かけ」祭を企図するようになった――
 貰ってきたパンフレットを要約するに、以上が掻い摘んだ由来のようです。
 そして現在に伝わる祭の華、櫂伝馬船(かいでんません)という飾り船の上での勇壮な舞。
 何度目かのお祭りとなった明治時代初期、御神体を乗せた船が荒天に遭い危うくされたところで、地元の船が曳航し無事送り届けた――というのが最初だそうで。要するに、後から加わった行事だそうな。

f0029842_19324659.jpg


f0029842_1933545.jpg


 
 人出は新聞発表で13万5千人。巡航する河岸を埋め尽くした人垣は壮観でした。
 前回、つまり1997年の開催時に人出がどうだったかは知りませんが、今年はETCの割引(……突然現代に引き戻し失礼……)も奏功したのかと。
 前回の人垣には恐らく無かったであろうケータイカメラの群れやデジタル一眼の砲列とか、景色を想像して見比べてみれば実感できる「十二年に一度」の重み。
 その辺も、お祭りの神秘性に一役買うスパイス。

 想像以上に絢爛豪華で、大規模ななお祭りでした。
 見応え充分で、行って良かったと思えるイベントです。 
 今回5月17日の行きがけ(渡御祭)に続き、来週5月24日には帰り道(還御祭)が開催され、再び写真のような櫂伝馬踊(かいでんまおどり)が見られます。
 船神事という、川を舞台にした特殊性に加え日本の伝統と「ハレの日」の華やかさ、雄麗さや荘厳さや一種の神々しさをいっぺんに体験できるイベント。
 近場の人は是非、足を運んでみられると良いかと思われます。


f0029842_1933306.jpg


f0029842_19334377.jpg

[PR]

# by taoyao | 2009-05-17 19:46 | 私心

国民栄誉賞も安くなった   

2009年 05月 11日

<森光子さん>国民栄誉賞受賞へ 17人目

 いつからこんなに薄っぺらな賞になったんでしょうね?
 でんぐり返りでやほやされてる婆さんにホイホイあげるような賞だったですかね、これは。



 でもまぁ、そういう便利遣い出来る制度に国民栄誉賞を持って行きたいなら、それはそれなんだろうと思いますけども。
 今の社会好き嫌いも自由に口に出来るし、広く分け隔てなく社会に気に入られて日本人全員に希望をともせるような文化なんて生まれやしないと思いますし、ちょっと元気なおばーさんでも青息吐息だって演技続けてれば国民に偉大な存在になりましたハイ国民栄誉賞おめでとおめでとー!
 ……つって、今生のお土産にプレゼントしてナンボの時代かもしれませんね。
 文化勲章プラスアルファ、くらいの重みで。

 そうそう高橋尚子、あと未遂に終わったイチローにしてもそうですが、世界に誇るレベルの人間じゃなきゃ国民栄誉賞を受け取れないのか? そんな「国民」栄誉賞って意味あんのか? とも私は思いますしね。
 あの辺変な意味で日本人の島国気質が垣間見えて、私は今ひとつ好きになれなかった。
 その二選手まで嫌いな訳じゃないですが。



 けどそれにしてもまぁ安っぽいというか、俗っぽくなったというべきですかね。
 格式張って使う機会ケチったら制度も有名無実になりますし、やっぱこれで良いのかなあ。
 偉そうなようだけど、私自身あのお婆さんがどれだけ凄い人にも見えないのでねぇ。
 あの人が国民栄誉賞と言われても、正直ピンと来ない。
[PR]

# by taoyao | 2009-05-11 21:28 | ニュース

不世出   

2009年 05月 09日

名誉棋聖の藤沢秀行さん 83歳

 高校時代囲碁部に籍を置いていたこともありますが、私が名前を知る数少ない棋士の一人。
 その棋譜を並べたことが、あったようななかったような。

 段位すらとれなかった私の頭ではその碁風を理解するまでには至りませんでしたが、それよりも破天荒な人柄とセットになって「棋士」だった方。今更棋士をやくざな職業だと思う人も居ないでしょうが、正しく漫画や映画に出てくるような碁打ちで、ちょっとしたヒーロー性があった。
 囲碁部に入ってから「ヒカルの碁」を読んだことがありましたが、劇中登場した「桑原本因坊」、ひょっとすると藤沢氏がモデルじゃないのかなーと浅慮ながら思ってたことも。
 
 なりたくてもなれない、という意味で、表題の通り不世出の棋士だったと思います。残念。
 今度久々に棋譜並べでもしてみようかしら……
 というか、某氏と久々に一局打ってボコボコにノされたい。
 高校の前の碁会所とか、まだやってるのかしら?
[PR]

# by taoyao | 2009-05-09 13:52 | ニュース

桜写真   

2009年 04月 17日

■津山城址
 12日の日曜日に探訪。
 既に散り始めでしたが、ハイキングに宴会にと地元民で大賑わいでした。
 多くの屋台も軒を連ね、桜の名所というよりは花見の名所といった趣。

f0029842_23333085.jpg





■後楽園
 小学校時分の修学旅行以来、実に12年振りの後楽園。
 当時は岡山城が大修復でヴェールに覆われており、見ることができませんでした。黒く聳えるその姿を、直接目にしたのは初めてとなります。

f0029842_23335744.jpg


f0029842_23341199.jpg




■醍醐桜
 今回のエースとして赴いた場所。
 岡山県は真庭市の、人里離れた山奥にあります。丘の上に佇む一本桜は、都会と完全に切り離されて情緒溢れる最高の場所。
 しかし都会から離れすぎて車でしか行くことが出来ず、しかも細い山道一本とあって大渋滞。私は朝8時半に到着したものの、2キロ以上続く山道を全部車が埋め尽くしている大惨状。
 有志の駐車場が目の前で朝を迎えたためそこに駐車という僥倖に預かり、私は徒歩で醍醐桜までの道のりを踏破しました。
 2キロの山道。
 よほど若気の至りとかでもない限りお勧めしません。40代以上だと既にかなり厳しいレベル。
 ただ、車で目指そうとすると朝8時到着でも3時間前後の渋滞を覚悟せねばなりません。究極の選択。

f0029842_23415524.jpg


f0029842_23433366.jpg


f0029842_23441927.jpg


f0029842_2346468.jpg





■姫路城
 白鷺城の異名は、桜の薄紅色と抜群の相性。

 ここまで24年間の人生にして、実は初めてとなる姫路城見物でした。近いところに住んでると、意外に行かないもので。同じく初めてという母親を引き連れて、朝9時前に車で乗り込んだらば人は居なくて空いてるわ晴天すぎる晴天で写真がバチバチ当たるわで最高すぎました。
 どこから切り取っても絵になる城ってのはほんとにすごいと思います。
 流石、日本の城の筆頭格。
 
  若干の朝寝坊のせいで、本来京都府の醍醐寺を予定していた旅程を急遽変更したこの場所。それが今回、結果的にエースでした。
 醍醐桜が期待はずれだったのではなく、純粋にこちらが圧倒的すぎただけ。
 人が混み始める時間帯には撤退。存分に楽しめ、まことに理想的でした。

f0029842_23513842.jpg


f0029842_23555078.jpg


f0029842_23592075.jpg


f0029842_23562140.jpg

[PR]

# by taoyao | 2009-04-17 00:03 | 私心

互角の優勝   

2009年 03月 24日

 そう表現しても良い。

 韓国との決勝となって、個人的には良かったと思っています。米国やベネズエラなど、明確に先進国というイメージがある球団との戦いでは仮に日本が勝ったとしても、「所詮短期決戦のお祭り大会だから」という色褪せた感情がどっかしら渦巻きかねない。
 ところが韓国となら、文句なしの真剣勝負。お互いがお互い、必ず負けられない戦い。
 ここまでの4試合も2勝2敗。
 最後の1試合が、色んな意味で今大会の雌雄を決する最高の舞台となった。

 最後に美味しいところを持って行ったイチローが立派なら、全力プレーでぶつかり一時はダルビッシュから1点差を跳ね返した韓国の底力も必ず本物。
 本気で抑えに行っているダルビッシュから、1イニングで1点を取るなんて日本でも難しいこと。
 それをやってのけた韓国の力は確実に、一昔前のような、日本が勝って当たり前の野球後発国などではない。終生のライバルとして、互いに勝負を賭けられる相手となった筈。
 強い相手が生まれ、強い野球が育つ。
 そして蛇足ながら、願わくばスポーツの間だけでも、そこに厭日・厭韓などという政治的な匂いを挟まないでくれればと私は願う。

 野球は既に、欧米だけのスポーツでは無くなった。
 かつて日本がアメリカの野球を追い、アメリカに追いつけ追い越せでやってきたその道、韓国も同じ道を辿ってきている。その果てに、力のベースボールを技の野球で倒せる力が両国に確実についてきた。
 大変悦ばしいこと。
 メジャーリーグの覇者対決を、今は「ワールド(世界)シリーズ」と呼んでいる。そんな風に銘打つ時代を今後覆す、野球の新たな時代の到来を一アジア人野球ファンとして期待したい。
 日本代表には、おめでとうを言います。
 そして西武ファンとして、職場の休憩時間に偶然目にした片岡の盗塁――その瞬間脳裡に蘇った光景は、日本シリーズ第7戦の8回裏でした。
 あのときの1点を彷彿させる姿で、あのときの二人が日本代表のユニフォームに1点をもたらした事実を、今夜は特に噛み締めたい。
[PR]

# by taoyao | 2009-03-24 20:59 | ライオンズ(野球)

いずれにせよ   

2009年 03月 15日

 自分本位。

 前々から前に出る性格だったのは否めないんですけどね?
 それにしてもここまで自分が目立ってないと不満に思う人間だったかと言えばNo。
 かといって直截な目立ちたがり屋では無く、特殊な意味性を求めるあたり中学生っぽい!

 リアルに中学生の頃はむしろ率先して群衆に埋没しようとしてた気がしますが、小説を書くようになってちらっと誰かに認められる――敢えてそういう言い方をする――気配があって、そっから性格変わったのかなとも。
 自分が創作活動して他人に見せるような人間になるとは幼少時代想像すらしてませんでしたし、
 それゆえ今の自分はまだ、自分であることを信じ切れない存在。
 たまたまちょっとだけの才能があって、もっけの幸いで手に入れた地位のようなもの。
 それが例え吹けば飛ぶような代物でも必死こいて守ろうとするし、失う日を想像すれば怖い怖い。
 ここから先、どっかしらでも「凡百」という肩書きに戻ることなど考えたくない。
 負けた気分になることは疑いない。

 生まれて初めて、自分から見た自分が「特別」になれるチャンスかなあと、最近は思ったりする。
 手にはヴェルタースオリジナル。

 そんなこんなで、趣味に没頭する日々です。
 ところで4月から転職します。
 おいコイツ今誰に報告したんだ?
 このブログを見る可能性がある、リアル知人の誰かへ……だろうな。きっと。



 目下近況報告と目に付いた時のニュース記事用、あとは西武のことをちらっと書いたりする。
 そしてそれ以外に、物書き趣味ゆえに想いながらも物書きが読むところには書けない裏話とか、時間潰しでこうしてこっちに書いてみたりするのも一興。
 私が同人誌書きであることを、知らない人も今や少なくなってきた身の回り。
 職場の人には死んでも言わんけど!
[PR]

# by taoyao | 2009-03-15 02:33

近況報告   

2009年 02月 20日

 お肌の曲がり角が30なら、
 心の曲がり角は22とか23とか、その辺かしら。

 忙しくなってくると、遠くが見えなくなって近くばっかり見るようになる。
 今日が明日に繋がらない。
 聞き古した曲をエンドレスリピートしてみたり、
 手遊びみたいなテレビゲームで20分ずつ浪費してみたり、
 短いサイクルの娯楽を寄る辺にして、無益の小間切れになった一日が次々終わる。
 新しい刺激が、いつまで経っても増えてゆかない。
 今日という日をエンドレスリピートしているだけで季節が終わる。

 休日さえもどこか作業みたくなってゆく中で、
 昨日と一昨日がいつになったら別物になるのかよく分からない。
 それが嫌だから必死で歩いているつもりなのに、ルームランナーみたいに同じ所を漂ってる。
 偶発的な心の日曜日がごくたまに現れるけど、おみくじの大吉みたいなもの。
 実態のない末吉を延々引き続ける毎日だから、そりゃそういうのも非日常にもなる。
[PR]

# by taoyao | 2009-02-20 23:16 | 私心

押し時を間違えた相撲協会   

2009年 02月 03日

若麒麟事件について

 せっかくだから相撲に例えると、強く推して出て行くべきところが、今回の事件でした。
 一連の薬物事件の発端、露鵬・白露山・若ノ鵬に対して除名という強権を発動しきれなかった失態を取り戻し、罪刑の"相場"を作るなら今回が好機だったのです。
 角界全体で薬物廃絶の気運が高まっているところへ平然と水を差す薬物事件を起こしたんですから、ここを契機として、同種の事件に対する制裁相場を確立しなければならなかった。
 薬物は即除名――厳粛にして明確な、これがあるべき線引き。
 今回の裁定で「除名」へ出来なかったことで、もしこれ以降薬物事件が発生しても、厳罰をとりきれなくなる可能性がある。仮にそれが外国人力士だったりすると、「若麒麟のときは日本人だったから厚遇したのか」など、要らぬ誹謗さえ受ける可能性がある。
 「露鵬の時からずっと解雇だったから」と、変な相場が確定してしまう。

 相撲は押し時と引き時が肝心。
 今回は確実に、厳しい攻めを見せるべき局面だった。 

 二度と起きてほしくない事件ではありますが、それ以上に協会の甘い体制が招いた社会的な不信感は、しばらく払拭されない。
 個人問題から転じて協会全体の問題へ、と焦点が移っていることに、理事役員達はもっと敏感でなければいけなかった。
 当然の事ながら、仮に今から何を言ったところでもう遅きに失す。
 文科相に言われてあれこれ方策を練ってるようじゃ後手後手すぎるんです。事件を受けた直後の最初の声明で、厳しい処分を口にしておかなければ何の意味もなかったんですよ。
 ここまで重大な事件を引き起こした力士に対して、それでもまだ一歩引いた処分。口を開けば「まだ若いから、将来を考えても除名は可哀想」。
 
 「若いから」とか、そんなんを初っ端の理由に持ち出してきた時点で、底が知れるってもんです。
[PR]

# by taoyao | 2009-02-03 21:16 | ニュース

今更ながら初場所のことについて。   

2009年 01月 28日

朝青龍の優勝で幕を閉じました

 ここに掲載していたとおり、個人的には白鵬と予想してましたがハズレてしまいました。
 この結果は、でも素直に喜べるものでした。

 誰かが面白がって煽り立てているから、いつまで経っても朝青龍がヒール役から脱却できない。それはスポーツ紙であったり、やくみつるのような偏見的な自称解説者であったり、したり顔の巷の爺さんだったりするわけですけども。
 朝青龍がヒール役で固定されるなら、それはそれだと思う。
 けどね私ら好角家は、ヒール云々の前にまず「相撲」を見に来てるんです。

 土俵の外での言動が多少粗野であろうが所作に問題があろうが、はっけよいからのこったのこった、勝負アリっのその瞬間までで力士の価値っちゃ九割以上決まります。当たり前です。
 ヒール役に仕立て上げて、優等生白鵬との対照構図を作りたいなら作れば良い。
 それはスポーツ紙のやることだから。
 それはそれで、いつまでもウケてると思ったら大違いだと思うけども。

 要するに横審ですよ。
 横審――横綱を審議する、ってご大層な看板を背負うならもう少し言い様を選べないのか。
 品格に注文を付ける前に、怪我に耐えて復活優勝した横綱に言うべきことあったんじゃないの。
 横綱は勝って当たり前だからそんなこと言わない、とか? 
 貴乃花の時に同じ事を言えましたか。貴方達。

 力士を肩書きで神格扱いして人間的な扱いなんてしてやるものかっていうなら、横審など解散してしまいなさい。
 熱狂的な初場所から数日と置かずに水を差すコメントを発表したその名は横綱審議委員会。
 私はこっちの方の品格をこそ、問い質したいね。



 朝青龍がガッツポーズしたときの、両国国技館の盛り上がりを彼らは聞いてたでしょうか。
 相撲は勝負です。あのガッツポーズに国技館が盛り上がった、あの時朝青龍と会場の朝青龍ファンは同じ興奮を共にしてたんですよ。スポーツにおける「勝利」という、最高峰の興奮。
 この興奮のために人はスポーツをやるし、人はスポーツを見る。
 その様子を花道で横目に見ながら「フムフムこれは品位に欠けるな明日叱責だな、ウム!」
なんて見方しか出来ない委員会に、もう一度言うけど何の価値もありはしない。 
 有識者集団なのかもしれないけど、常識者集団じゃなかった。
 じつに残念なことでした。

 横審よ、相撲を見なさい。
 相撲界で一番上の地位にある力士を語るべき貴方らが、文句ばっかり言ってスポーツ紙を喜ばせてるなんて本当に哀しいことだよ。
 自分らのコメントも、スポーツ紙に美味しくいただかれてることを自覚しないと。
 人の品位を問い質す前に、自分らの襟を正したらどうなのよって私は思うよ。
 
[PR]

# by taoyao | 2009-01-28 23:06 | ニュース