<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

互角の優勝   

2009年 03月 24日

 そう表現しても良い。

 韓国との決勝となって、個人的には良かったと思っています。米国やベネズエラなど、明確に先進国というイメージがある球団との戦いでは仮に日本が勝ったとしても、「所詮短期決戦のお祭り大会だから」という色褪せた感情がどっかしら渦巻きかねない。
 ところが韓国となら、文句なしの真剣勝負。お互いがお互い、必ず負けられない戦い。
 ここまでの4試合も2勝2敗。
 最後の1試合が、色んな意味で今大会の雌雄を決する最高の舞台となった。

 最後に美味しいところを持って行ったイチローが立派なら、全力プレーでぶつかり一時はダルビッシュから1点差を跳ね返した韓国の底力も必ず本物。
 本気で抑えに行っているダルビッシュから、1イニングで1点を取るなんて日本でも難しいこと。
 それをやってのけた韓国の力は確実に、一昔前のような、日本が勝って当たり前の野球後発国などではない。終生のライバルとして、互いに勝負を賭けられる相手となった筈。
 強い相手が生まれ、強い野球が育つ。
 そして蛇足ながら、願わくばスポーツの間だけでも、そこに厭日・厭韓などという政治的な匂いを挟まないでくれればと私は願う。

 野球は既に、欧米だけのスポーツでは無くなった。
 かつて日本がアメリカの野球を追い、アメリカに追いつけ追い越せでやってきたその道、韓国も同じ道を辿ってきている。その果てに、力のベースボールを技の野球で倒せる力が両国に確実についてきた。
 大変悦ばしいこと。
 メジャーリーグの覇者対決を、今は「ワールド(世界)シリーズ」と呼んでいる。そんな風に銘打つ時代を今後覆す、野球の新たな時代の到来を一アジア人野球ファンとして期待したい。
 日本代表には、おめでとうを言います。
 そして西武ファンとして、職場の休憩時間に偶然目にした片岡の盗塁――その瞬間脳裡に蘇った光景は、日本シリーズ第7戦の8回裏でした。
 あのときの1点を彷彿させる姿で、あのときの二人が日本代表のユニフォームに1点をもたらした事実を、今夜は特に噛み締めたい。
[PR]

by taoyao | 2009-03-24 20:59 | ライオンズ(野球)

いずれにせよ   

2009年 03月 15日

 自分本位。

 前々から前に出る性格だったのは否めないんですけどね?
 それにしてもここまで自分が目立ってないと不満に思う人間だったかと言えばNo。
 かといって直截な目立ちたがり屋では無く、特殊な意味性を求めるあたり中学生っぽい!

 リアルに中学生の頃はむしろ率先して群衆に埋没しようとしてた気がしますが、小説を書くようになってちらっと誰かに認められる――敢えてそういう言い方をする――気配があって、そっから性格変わったのかなとも。
 自分が創作活動して他人に見せるような人間になるとは幼少時代想像すらしてませんでしたし、
 それゆえ今の自分はまだ、自分であることを信じ切れない存在。
 たまたまちょっとだけの才能があって、もっけの幸いで手に入れた地位のようなもの。
 それが例え吹けば飛ぶような代物でも必死こいて守ろうとするし、失う日を想像すれば怖い怖い。
 ここから先、どっかしらでも「凡百」という肩書きに戻ることなど考えたくない。
 負けた気分になることは疑いない。

 生まれて初めて、自分から見た自分が「特別」になれるチャンスかなあと、最近は思ったりする。
 手にはヴェルタースオリジナル。

 そんなこんなで、趣味に没頭する日々です。
 ところで4月から転職します。
 おいコイツ今誰に報告したんだ?
 このブログを見る可能性がある、リアル知人の誰かへ……だろうな。きっと。



 目下近況報告と目に付いた時のニュース記事用、あとは西武のことをちらっと書いたりする。
 そしてそれ以外に、物書き趣味ゆえに想いながらも物書きが読むところには書けない裏話とか、時間潰しでこうしてこっちに書いてみたりするのも一興。
 私が同人誌書きであることを、知らない人も今や少なくなってきた身の回り。
 職場の人には死んでも言わんけど!
[PR]

by taoyao | 2009-03-15 02:33