<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

今更ながら初場所のことについて。   

2009年 01月 28日

朝青龍の優勝で幕を閉じました

 ここに掲載していたとおり、個人的には白鵬と予想してましたがハズレてしまいました。
 この結果は、でも素直に喜べるものでした。

 誰かが面白がって煽り立てているから、いつまで経っても朝青龍がヒール役から脱却できない。それはスポーツ紙であったり、やくみつるのような偏見的な自称解説者であったり、したり顔の巷の爺さんだったりするわけですけども。
 朝青龍がヒール役で固定されるなら、それはそれだと思う。
 けどね私ら好角家は、ヒール云々の前にまず「相撲」を見に来てるんです。

 土俵の外での言動が多少粗野であろうが所作に問題があろうが、はっけよいからのこったのこった、勝負アリっのその瞬間までで力士の価値っちゃ九割以上決まります。当たり前です。
 ヒール役に仕立て上げて、優等生白鵬との対照構図を作りたいなら作れば良い。
 それはスポーツ紙のやることだから。
 それはそれで、いつまでもウケてると思ったら大違いだと思うけども。

 要するに横審ですよ。
 横審――横綱を審議する、ってご大層な看板を背負うならもう少し言い様を選べないのか。
 品格に注文を付ける前に、怪我に耐えて復活優勝した横綱に言うべきことあったんじゃないの。
 横綱は勝って当たり前だからそんなこと言わない、とか? 
 貴乃花の時に同じ事を言えましたか。貴方達。

 力士を肩書きで神格扱いして人間的な扱いなんてしてやるものかっていうなら、横審など解散してしまいなさい。
 熱狂的な初場所から数日と置かずに水を差すコメントを発表したその名は横綱審議委員会。
 私はこっちの方の品格をこそ、問い質したいね。



 朝青龍がガッツポーズしたときの、両国国技館の盛り上がりを彼らは聞いてたでしょうか。
 相撲は勝負です。あのガッツポーズに国技館が盛り上がった、あの時朝青龍と会場の朝青龍ファンは同じ興奮を共にしてたんですよ。スポーツにおける「勝利」という、最高峰の興奮。
 この興奮のために人はスポーツをやるし、人はスポーツを見る。
 その様子を花道で横目に見ながら「フムフムこれは品位に欠けるな明日叱責だな、ウム!」
なんて見方しか出来ない委員会に、もう一度言うけど何の価値もありはしない。 
 有識者集団なのかもしれないけど、常識者集団じゃなかった。
 じつに残念なことでした。

 横審よ、相撲を見なさい。
 相撲界で一番上の地位にある力士を語るべき貴方らが、文句ばっかり言ってスポーツ紙を喜ばせてるなんて本当に哀しいことだよ。
 自分らのコメントも、スポーツ紙に美味しくいただかれてることを自覚しないと。
 人の品位を問い質す前に、自分らの襟を正したらどうなのよって私は思うよ。
 
[PR]

by taoyao | 2009-01-28 23:06 | ニュース

13日目終了   

2009年 01月 23日

朝青龍のみ土つかず

 朝青龍ファンを自認する私もさすがにここまで電車道とは思いませんでした。
 勝ち続けている間は、多少粗野な振る舞いさえも「気迫」と表現してもらえる。

 個人的な優勝予想はしかし、白鵬。
 朝青龍の一番強い時期を知っているからこそ、今場所の朝青龍に今一歩物足りないピースを感じるので。
 ただ白鵬もどれだけ盤石とは思えないので、番狂わせは充分ある。

 先に台頭していた把瑠都や琴奨菊や豊ノ島に加えて、栃煌山や山本山といった日本人力士の個性派にも恵まれてきて、見応えのある相撲界に立ち返れる兆しは見えてきました。
 魁皇や千代大海などいつ見てもグダグダしてるような大関達ですが――ひとまず数字の上で彼らは確実に、時代に名を残す名大関。
 彼らがいつか土俵を後にしてしまう前に、次の働き手が足場固めをしておいてほしい。
 横綱は勝って当たり前の存在として、次の時代の「名力士」が早く欲しいなと思います。

 

 余談ですが、片山の引退は残念でした。
 美しい四股、とか言われつつ四股というのは本来、あんなに足を上げるモンじゃない。
 とはいえ、彼が湧かせた場所は紛れもなく両国国技館。大相撲の中に一つの魅力を作った力士であることに変わりはありません。
 小兵力士ゆえの弱みを、遂に克服しきれなかったという印象でした。
 残念ですが、おつかれさまでした。
 
[PR]

by taoyao | 2009-01-23 22:39 | ニュース

初場所雑感   

2009年 01月 12日

 例えば序盤で2敗したら引退だとか、勝ったら勝ったで「余裕が無い」とか――スポーツ紙が我が物顔で条件を作り出す風潮は今場所も健在。いつも通り、非常に偉そうですね。
 どの新聞も最早、朝青龍の失脚しか期待してませんからねえ。
 ほんと気の毒だと思います、朝青龍。

 日馬富士という四股名、未だに慣れません。単語登録も「安馬」が残っている始末。
 序盤2連敗は、私の中では割と想定の範囲内なので、これから頑張れば良いと思います。
 分かりやすいくらい大関の重みに押されてますが、最初はどうしても、ね。
 厳しいことを言えば、安馬時代からこの辺に弱さがあると見ていたので、言わば不安が的中してしまった格好ではあるのですが。

 あと魁皇。
 また角番脱出しちゃうんですかね、このまま。
 不世出の名大関であることは今や疑いようもないですが、ギリギリのところで取り続けているとそれこそ、相手の力士ではなく自分の進路と相撲してるような格好で――
 なんだかんだで好きな力士ですし、いずれ辞める時が来ればその時は、かなり喪失感を覚えるんだろうと思います。それまでは、素直に頑張って欲しいと思ってます。
 
 
 
 では、三日目からも好取組を期待しまして。
[PR]

by taoyao | 2009-01-12 23:52 | ニュース

あけましておめでとうございます。   

2009年 01月 03日

 現時点で年賀状をまだ書いていません。

 ……どうしよう!



 というわけで本年もよろしくお願いします。
 もうちょっと頻繁に更新してゆきたいと思いますが、新年の挨拶が三が日の残り3時間を切ったところでようやく――という状況は見通しの暗さを雄弁に物語ります。
 本当にもうちょっと頑張りますので……

 それでは今年もお互い元気で過ごしましょー。
[PR]

by taoyao | 2009-01-03 21:14 | 私心