<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

監督なんて飾りであれば良いよ。   

2008年 10月 17日

WBC監督に星野仙一氏

 どっかの紙面では「挙国一致」などと久々に目にする勇壮な単語が躍ってましたが、国内外で高いサラリーを手にして職業野球やってる人を一も二もなく集めろというのが土台無理な話。ましてNPBとMLBでは取り巻く常識論や国民性も違いますし、日の丸を掲げたからってみんなが協力しなきゃいけない道理もない。錦の御旗と浪花節で一肌脱いでくれるばっかりの時代じゃないんですよ、彼らだってみんな球団から給料もらって野球やってるんですから。
 前回参加してくれたイチローは立派だったと思いますが、反対事例として松井秀喜が非難される謂われもない。非国民だなどという言い分は以ての外だし、そもそも挙国一致だの非国民だのといった軍艦マーチの聞こえそうな単語で語るのがどだい間違ってること。
 今の野球の状況で、そんなことできっこないです。

 まあ、それでもある程度のオールスター軍団は出来上がるでしょう。なればこそ、これだけNPBの重役達が監督選びに頭を悩ませているのであって。
 海を渡ってなおトップクラスの成績を収める選手が何人か現れた今、それらをひっくるめて束ねられる監督となるともう片手で足りる人数しか居ないのが事実。行き着く果ては、名も知らぬ外国人監督を三顧の礼で連れてくるしかなくなるでしょう。
 もし日本人に拘るのであれば、早い話が実際に采配なんてする必要が無いと思います。なまじっか名監督を追い求めるから、こうして人選に懊悩する。本気のオールスター軍団になったなら監督なんてクリスマスツリーのトップスターであれば良く、あとはスキルを持った選手達をいかに「邪魔しないか」に尽きるだけのこと。

 ……ってまあ、それが一番難しいんでしょうけどね。
 「選手の邪魔をしない監督が一番の監督」なんて金言をいつぞや耳にしましたが――
 要するに名監督を擁立する必要は無いということです。
 その上で王さんや野村さん、星野さんは名義貸しのようにベンチに座ってるだけで良い。
 五輪の星野さんは自分の色を出そうとしすぎました。それがつまり、究極的には選手を信頼してなかったんじゃないかとも映った。そして「采配ミスでメダルを逃した」、という論評だけが後に遺されました。あれはやっぱり、星野さんの姿勢が間違ってたと私は思ってます。
 野球はチームワークのスポーツだなんてトップ選手なら誰でも心得てますから、あとは悪いところだけ直してくれる監督であれば良い。一流の選手は相応に我が強いわけですから、監督が自分の色を出そうとすればするほど大きなひずみを生むのは当然の話、だと思います。
 辣腕よりカリスマ。上層選手をかき集めるなら、監督の力で勝とうとする必要はないです。
[PR]

by taoyao | 2008-10-17 22:23 | ライオンズ(野球)

他殺ということはないでしょうが   

2008年 10月 13日

第三者の調査が必要 三浦氏自殺に弁護人疑問視

 十全な監視態勢が敷かれていたかと言えばそれこそ疑問ですし、 
 取り調べの方法についても、日本の常識が通用したとは思えません。
 まして、言葉の通じない場所で精神的なよすがを失ったのもあったでしょうし。

 今更自殺の原因が何だったかとか、それが防げる死だったかどうかまで興味はありません。
 そもそも冤罪だったのかどうかすら今となってはどうでもよく、目下六十歳を過ぎても未だ
 何をどう言っても犯罪者扱いされる現実、そしてそんな日が今後まだまだ続いてゆくことに
 ふっ、と嫌気が差したとすれば実に人間的です。

 自殺したからやっぱ犯人はアイツだったとか、死をもって無実を証したとか、
 まるで劇作家みたいに仕立て上げてそんなこと口にするもんじゃない。
 一人間として今の境遇から死を選んだというなら、それはごく自然なことだと思います。
 誰を恨むとかよりも「辛さから逃れる」死であったなら、氏もまあ、今は楽になったことでしょう。
[PR]

by taoyao | 2008-10-13 21:34 | ニュース

条例   

2008年 10月 09日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000585-san-soci


 最終的には、こういう結末を迎えるに至りました。

 この騒動のことを覚えてる人が身の回りに何人いるのか分かりませんが、しばらく「鳥取県と言えばこれ」みたいな風評がつきまとってて、貶された側はとりわけ覚えてるもんです。
 ニュー速と現実を峻別できない県外の知人から、心ない一言を言われてあわや爆発しそうになった思いを必死で抑えたこともありましたが……

 アホなネット民どもは「片山知事は人権屋の手先」等と喜色満面書き散らしてましたが、小中時代のお勉強をちゃんとされた人なら分かるとおり、議会と知事は本来的には対立構造にあるもの。この法案自体は議員持ち込みで、そして議会を通って施行寸前だったところに懐疑の声を投げて施行無期延期に追い込んだのは、他ならぬ片山氏だったのですよ。
 今は知事の職を辞されましたが、片山さんの知識、バランス感覚は出色でした。
 あくまで鳥取から見ていた一個人の所見ですが。

 まあ、今後も人権条例が罷り通ってる県として多くの人には扱われ続けるでしょうね。
 ネットで好きなように貶して楽しんだ連中の多くは、法案が辿ったこの運命を、恐らく知らぬまま墓場まで行くんだと思います。
 なんせ記事これだけじゃ、誰も気付かないでしょ。
 往時は扇動的にマスコミ全体で大騒ぎして、沈静化する時はこんだけですから。
 良い社会だと思いますね、本当に。
[PR]

by taoyao | 2008-10-09 23:39 | ニュース