<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

優勝おめでとうございました   

2008年 09月 27日

ライオンズ優勝

 時間その他の都合で西武ライオンズの記事を書かなくなって長くなりますが、今年みたいな年が一番記事を書いてて楽しかったでしょうねー。
 向こう10年は語りぐさに出来るような劇的な試合が多かった。自分がホームラン好きなのを改めて実感する一年でもあった。
 誰が彼が活躍したとか、一々挙げていればキリがありません。野手の方々は特にそれぞれ狙えるタイトルがまだ沢山あり、消化試合も消化試合にならない真剣なプレーを期待出来ると思っています。

 投手陣あっての野球とは思いますが、でも今年の功労はやっぱ打線ですね。
 1番打者から9番打者まで、「何かしでかしそう」 という期待を常に持って試合を観れるチームでした。
 
 正直なところ、内部人事の渡辺新監督+打撃コーチは大久保さん、なんて決まった時は絶望しか感じなかったのですが――
 これはもう謝るしかありません。
 
 そんで一ファンとして、ありがとうございました。
 このあとがどうなれ、2008年パリーグで一番強かったチームは西武ライオンズ。
 素晴らしい優勝おめでとうございます。
[PR]

by taoyao | 2008-09-27 10:51 | ライオンズ(野球)

即刻罷免を。   

2008年 09月 26日

 正直なところ、門出を飾る時期にいきなりデカいのを3発ならもうレッドカードで良い。

 即刻罷免という処分が妥当かどうかよりも、それをやれば私は麻生さんを首相として多少期待できるかもしれないと思える。だから罷免を求めたい。
 ダメなところをダメとして斬り捨てられる人なら期待出来ますよ。まあ、そんなパフォーマンスみたいな素振りで生け贄みたいに簡単に大臣クビにして道徳的に良いのかどうか、って考え方もありますがでもそれだけのことをしたんだから。
 現在は麻生さんアメリカで論説中ですが、日本に帰ってきてからの身の振り方が見物です。



 まあ――
 これは時折他のエントリでも書いてますが、失言の一つ二つで政治家を評価するのは本来横着かもしれません。ですがこれも折々書いている通り、国民は政治家の善悪について、政策よりもまず人となりで判断する。
 コイツは人間として、教養レベルとして、大臣の役に相応しい人物かどうかって。

 公的にマズい発言を「いきなり」「三つも」発言した時点で、この政治家を大臣として信頼しろっていう方が無理な話。違いますかね?
 個人的には日教組やアイヌの言い分にしたって大嫌いなのでその点では多少胸が空く思いも感じたのですが、「公人」としての言葉選びすら出来ない人間が大臣におさまってる内閣を、一体誰が信じられますかって話です。
 そうそう、「私人と公人の発言は分けたい」とか後で言ってましたね。あれはもう、ホントでも嘘でも言っちゃダメなこと。
 失言そのものよりも、後の釈明でそんなこと喋ることが何より失笑モノ。本心では反省してませんよって公言してるようなもの。
 だから言うんです、この人間を大臣に選んじゃったことを非として認め、彼を即クビに出来るんなら麻生さんを多少見込んでも良いと。振るえる鉈を振るえる人だ、これはちゃんと弁えてる人だ、と。
 この内閣を信じられるかどうかの大事な時期ですもの。
 もしそれが出来ないなら、所詮は政党の走狗であるって見ちゃいます。現段階では。

 いずれにせよ、この早さでの失言は恐らく人選段階でのミスまで疑われるのでしょう。
 人を見る目ってのは大事ですね。
 まあ人を見る目がある自民党なら、麻生さんを首相になんてしないんですけどね(
 いやもう、私はまだ麻生さんを信用してませんので……。

 この事件に際しての心配事はひとつ。
 失言に対して鉈を振るうと、それは御自分が将来失言なさった時に跳ね返ってくる刃となる。
 そんなこと心配しながら政なんて出来るわきゃ無いんですが、その心配をしないといけないのが麻生太郎という御方。まずは取り巻きが1ミスを犯しましたが、ここで厳しく行けば行くほど、将来に御自分が「やらかしちゃった」時に払うツケも大きくなる。
 どっちを取るか見物ですね。
 いや、面白がってちゃいかんのですけど。
[PR]

by taoyao | 2008-09-26 22:27

負けて舌を出すんじゃない。   

2008年 09月 18日

 白鵬のことですけども。

 品行方正であれとかクスリの事件がどうとか社会で忙しいですが、そんなことより負けた力士が舌をだして苦笑いなんてシーンが、かつての相撲にありましたかね。
 個人的にはその辺の方が、相撲界の将来によっぽど暗い影を落としてるような気がするよ。

 悪役朝青龍と優等生白鵬、なんて図式築くのも良いですが、評論家や横審のお歴々が嬉々としておっしゃいます「品格」だとか「横綱らしさ」とかって、一体なんなんですかね。
 朝青龍にも言えるけど、負けて照れ隠しみたいな苦笑い浮かべるような横綱。
 あまつさえ舌まで出す。
 これ見苦しいって、どうして誰も言いませんかね。
 横綱は心技体が揃っていなければなりません、ってあんなに偉ぶって宣うなら、必ず今日のような光景に違和感を感じないといけないんですよ。

 そりゃま、神格化された千代の富士や大鵬の偶像に振り回されているだけで横綱を論じられるなら誰も苦労はせんのです。ですがしかし、扇動的・恣意的なマスコミのなすがままでしか横綱を量れないなら、そもそも相撲についてコメントすんなって思いますけどね私は。
 横綱にあるまじき行為、ってのを完全に履き違えた最近の論調には、 好角家として本気でうんざりです。
 このブログでもかつて何度も書いたけど、朝青龍と白鵬はほんとに目糞鼻糞ですってば。
[PR]

by taoyao | 2008-09-18 22:10 | ニュース

ただ相撲だけは   

2008年 09月 05日

<大相撲大麻疑惑>

 殺さないでくれ、と願うばかり。

 巷に居ると、若い相撲ファンは結構つらいです。
 「あんな年寄りしか見てない競技、どのみち潰れたって構わねぇ」「外国人ばっかりで最近面白くないからちょうどお灸になったわ」とか、ろくに知らない連中が良識人ぶってのたまっては周りから拍手喝采。
 少数でも、二十代でだって好きな人間が居ることをちょっとは気遣って欲しい……かな。
 いや別に殴りかかる気はありませんけどね。
 アホな人だなあ、と思って眺めるだけ。

 露鵬らがクロかシロかについてですが、私はあまり興味もありません。
 クロなら問答無用ですし、シロでも今後数年は痛くもない腹を探られた挙げ句、常識人の人たちに"未遂犯"みたいな謂われ無き扱いを受けることでしょう。 
 そもそも事の真の真相を知ることは私にも出来ませんし、したがってどうでも良い。

 ただ相撲を麻薬とセットとして考えるのはやめてほしい、それだけ願ってます。
 大罪を犯した力士が居たことはれっきとした事実として、他の力士――あるいは事実大麻をキメてた若ノ鵬本人を含めた全力士が土俵上で繰り広げた熱戦の魅力までを、嘘と言われてほしくない気持ちはあります。
 別に相撲の魅力を啓蒙する気はありません。
 不人気競技になったとしてもそれでもひっそりと楽しんでいる若者もいて、その小さな居場所だけはせめて十年百年続いてほしいと願う、それだけです。
 


 あと北の湖はいい加減腹を決めて下さい。
 ずっとフォローに回ってましたが流石にもう庇いきれません。
[PR]

by taoyao | 2008-09-05 00:00 | ニュース

前の人間より、次に出てくる人間で政治を語れよ!   

2008年 09月 04日

 という心がけに基づき後任人事がある程度固まるまで黙っててみましたが、結局あまりにも楽しみのない面子に書くことが無いというジレンマ。
 でもやっぱり麻生さんが頭一つ抜けてるんですよねえ、色んな意味で。
 ぶっちゃけ首相候補とか言われると危険しか感じないんですが、いざ首相になった時にどの程度アジャスト――平たい言い方をすれば"丸く"なるかという余地を考えると、案外頭ごなしに否定するのは勿体ないかもしれません。
 今までのやり方じゃ通用しないのは必定ですが、いざ首相の座におさまってみて本当にあのまま突っ走っちゃうとは限らない。
 やっぱクレバーな人ですし。
 
 さて。
 ところが血眼になって争う首相の座が皮肉にも、どんどん軽い物に変わってゆくわけです。そりゃ役職であるからには辞表ひとつでいつでも辞められるでしょうが、やはり安倍さんのあの辞め方が先鞭を付けてしまった面は大きい。
 「無責任だ」
 国民の声は明快です。
 そも、国民は政治の勉強をしてる訳じゃない。微に入り細を穿つ利害関係や大人の事情、政策のどちらを立てればどちらが立たぬのかなんてそーそー把握してません。じゃあ何によって政治家の尺を量るかと言えば、目に見える人間を量るんですよ。
 残念ですけど候補4人の中に、人間として魅力を感じる政治家が居ないのです。
 政策の正誤や思想如何は横に置くとして、その点小泉さんという人はまず人として魅力があった。そういう人間がひとりでも現れないことには、まとまるものもまとまりません。
 野党を見渡してもそうです。小沢、鳩山、さらには志位、福島、亀井と適当に思い付く名を挙げていって魅力的な"人間"が一人もいやしない。
 拉致問題がどうとか、ガソリン代がどうとかを話すならまず、聞き手を確実に惹き付けてから話せってことです。ネクラの顔して人を小馬鹿にした口調で喋って、どこのどんな人を惹き付けられるというのか。政治ってのは確実にある種の煽動行為なんだから、オーラの欠片も無いおっさんに務まりゃせんのですよ。
 カリスマ任せの政治の在り方が危険なのは確かだけど、歴史の中では確実にそういう人間が時代を動かしてきた。それすらも出来ない政治家は毒にも薬にもならず、ただ十年単位の時間を無駄遣いするだけに終わるよ。
 成功を生まない失敗を繰り返すだけ。
 
[PR]

by taoyao | 2008-09-04 21:41