<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

法則打破 ★ L5-1H   

2008年 03月 31日

 誰より監督が一番、●○●の連続を気にかけてたようです。
 私たちが気にするのは半ば面白半分ながら、新人監督にとってはこういうジンクスめいた
巡り合わせさえも気になってしまう――ものなのかも、しれません。

 土曜日に更新し損ねているので二試合まとめて。
 打線はようやく活発化の気配を見せ始めて、だんだんと楽しみが増してきました。チームでの
本塁打数はどうも抜きん出てるみたいで、全体的に投高打低の様相を呈しているリーグに
あっては、かなり面白いチームになれるんじゃないかと思います。ブラゼル・中島さんらがもう
少し底上げされれば、という条件付ですが。
 今日の1イニング3本塁打は見事でした。
 それこそ底上げと言えば今日3ランのボカチカ選手、ここがそこそこ程度でも打てるようになると、
下位打線にも迫力が出て本当に強烈な打線になる。楽しみです。

 あとは散々言われてる通り得点圏の打撃、ですかねえ。
 その辺が整ってきさえすれば、量産体制の三振数なんてもう全然気にしません(

 そして現在の打線に個人的判断でキーマンを挙げるなら栗山選手。
 色々な選手が試された挙げ句この人が二番に来ましたが、これがどう出るか。
 三年越しの期待が、私の中でも高まってます。


 
 投手陣。
 石井は――まあ今更何かを言い及ぶこともありません。若い頃の力任せから、本当に味の
ある投手になってます。見てて楽しめる。投資分に相応の働きが出来るかどうかはまだ今後
次第として、投手陣にバリエーションを与えてくれた存在です。
 他方”投資額”では数分の1というキニーも、想像以上に使える様子。
 本人はパワーピッチャーを自任してるものの、武器となってるのは長身から繰り出す低めへの
制球力。この2要素が両立しているのが、ここまで打たれていない最大の要因です。
 かなり角度があるようで、140程度の直球や甘めの変化球で空振りを奪うシーンも多々。
去年のギッセルあたりは長身でも腕がやや横振りであまり威圧を感じなかったので、この辺も
"前任者"と一味違うところを感じます。
 クイックが下手という事前の噂も、意外と巧みな牽制でカバーできる気がします。今日は
ちょっと、ひとつまずい牽制がありましたが……
 あとは一通り対戦が終わった後、どう乗り切るか。ギッセルもそこまでは良かったのであって。
 夏場にかけてあと3キロくらいスピードが上がれば、それ以降も脅威になると思います。
 その辺は、本人の「球速には満足していない」を、良い方に解釈して信じておきたいところ。

 あとグラマンは完璧です。OP戦からほとんどソツらしいソツが無いというか、もう1年目とは別人。



 こうして見渡すと、投手陣が結構整備されてきました。元来打線が強いだけに、波に乗って
ゆけばリーグの勢力図を掻き回せるんじゃないでしょうか。
 勿論去年みたいなこともあり、数試合で判断出来るもんでもありませんが――
 ただ一時に比べ、見てて期待の出来る投手が格段に増えたことも確かです。
 是非上位に絡んで行ってほしいなと思っております。
 
[PR]

by taoyao | 2008-03-31 01:00 | ライオンズ(野球)

勝つときは大勝ち ★ L8-0F   

2008年 03月 27日

 などと意地の悪いことを言ってみたくもなる開幕の5試合ですが、とりあえずOP戦で好調と
不調の両端を極め、それぞれの意味でレギュラーシーズン懸案事項だった岸とブラゼルの
二人が揃って最高の結果を出してくれたので、今日は文句のひとつもありません。
 細川選手が序盤のピンチを摘み取ったのが、隠れた勝因ではないでしょっか。

 既に夜遅いので手短にて。
[PR]

by taoyao | 2008-03-27 02:01 | ライオンズ(野球)

朝青龍が優勝するたびに   

2008年 03月 24日

 朝青龍賜杯

 同じようなことを書いてる気がしますが、今場所もやっぱりネタにする。



 その朝青龍の態度に批判も(Yahoo!記事)
 

 もうね。もうね。
 何度も同じようなことを書いてそろそろボキャブラリーも尽きたんで一言で終わらせよう。
 この人達はもうダメだ。

 「謝罪会見もしたのに反省の色が見られない」と来ました。もう笑うしかない。
 反省の色、ってのは何ですかね。場所中ずっとしおらしくしていれば文句を言わないのですか。
人柄を改めるまでは、優勝すらも称えられぬというのですか。
 天下の横審は、幕内最高優勝の意味、価値、艱難辛苦すらも分からぬのですか。
 或いは分かっていてそれでも、本心とも欺瞞とも付かぬ反省の色をそれに優先させるのですか。


 そりゃ態度が良い横綱だとは御世辞にも思わないけども、でもスポーツ選手に対し、結果よりも
優先される「反省」なんざありません。本当の競技ファンなら誰でも思うことです。口の謝罪より、
背中の謝罪をして見せろと思うものですよ。
 正々堂々の勝負で優勝を勝ち取った横綱。これが禊ぎでなくて何なのですか。
 それでも個人的な好き嫌いのまま横綱審議委員会の看板を標榜するおばさん、印象ありきのマスコミ達が、禊ぎが済んだか否かを決める議決権を握るのですか。
 そんな虚しげな話は無いでしょう。

 そして相撲をよく見もしない素人が、朝青龍はダメだ相撲は終わった等と、知った顔をしながら
赤提灯で酒を飲む。
 いやはやうんざりですねえ。うんざりです。


  
 横綱という神格位・最高位にある者として、品格を求められるのは当然です。
 それは修練を積むとして同時に、しかし格闘家であることを忘れてはいけない。
 白鵬くんは大人しくてとっても優等生、その点朝青龍くんはワル、許してはいけない奴。
 そういうマスコミの演出技法には、もう心底うんざりです。
 ずっと相撲を見続けてる私の目からすれば、土俵上の所作の悪さなんざ、朝青龍も白鵬も
大差ないのですよ。というか多少でも好角家の人なら、みんな分かってることです。
 コメンテーターと銘打った能無しのテレビ連中が、そのことをどれだけ知ってるのかな。
 今場所白鵬も幾度かダメ押しを見せてたことを、どれだけ知っているでしょう。
 もっと言えば、昭和の大横綱千代の富士。
 寂しくなりますね。


 ほんとに、私は朝青龍を応援し続けますよ。
 許してはいけない過ちと今回の優勝、二つの事象は文字通り、違う土俵の上にある。
 強ければ何をしても良い、なんてことは言いません。
 でも私は好角家として、人柄よりももっと他に求めたいものが相撲にはあります。当然です。
[PR]

by taoyao | 2008-03-24 22:07 | ニュース

初勝利 ★ L6-0B   

2008年 03月 23日

 シーズン中にこんな文句なしの試合なんて1度あるかないかなんですが、それが開幕して
2試合目に見られたというのは幸先が良いです。
 石井一久投手の投球は、円熟味という言葉がよく似合う見事な投球でした。
 ブラゼルも、2安打が出て明日が楽しみであります。そして若手の3本塁打は、実に気持ち良く、
今後への楽しみにも繋がるものでした。

 ラロッカを除くオリックス打線の低調に助けられてはいますが、この2試合で7安打、1自責点
というのは非常に優秀なんじゃないでしょうか。
 石井、岡本とも昨年の西武には見られなかった投球で、非常に新鮮さを感じます。
 今年、順位がどうなるかは勿論分かりませんが、味のある試合を多く目にしたいと思っています。
 何はともあれ、新監督の門出が成りました。おめでとうございます。
 是非明日も勝利を。
[PR]

by taoyao | 2008-03-23 00:40 | ライオンズ(野球)

また普通の日記。      と、ちょっとだけ野球★ L1-2B   

2008年 03月 20日

 うっかり帰宅してからうたた寝してしまうと、そっから数日間決まってその時間帯に眠気が
押し寄せてくるようになるので本当に厄介です。
 帰宅してから寝るまでの僅かな時間、いかに有効に遊ぶかが鍵になっているというのに――

 そんなこんなで今ひとつ自律性のない日々を送っていますが、明日はさだまさしのコンサートに
行ってきます。鳥取県米子市。
 本当に大好きだーさだまさしー
 歌も良いですが落語的なトークも非常に軽妙洒脱。
 全国めぼしいところでは1、2年に一回コンサートやってると思われるので、お近くで開催の
暁には是非一度足を運んでみられてくださいっ。



 というわけで野球の話題
 ミスがきっかけで負けるという非常によろしくない展開でしたが、ヒットも出たし涌井も抑えたし、
勝ち負けこそ悪い結果ですがスタートとしては上々な気がします。こんな試合ばかりが繰り
返されるのはさすがに勘弁ですが。
 絶賛した直後のブラゼルがあんな目に遭ってこのブログも多少肩身が狭いですが、OP戦
どおりに行くほど日本の投手は甘くなかったと言うことで。
 取りあえずこのままウィットやクルーズにならなければ良いです。

 敵ながら金子はいい投手になったと思いましたねー。
 前々から、球の割によく打たれる投手だなーとか思ってましたが、粗さが消えていきなり
エースっぽくなってきた感じですね。どこか華やかさのある投手で、人気出る気がします。
 あと何だかんだ言われてますが、やっぱりオリ打線は怖い。
 そんな開幕戦でした。
 
[PR]

by taoyao | 2008-03-20 21:09 | ライオンズ(野球)

オープン戦終了   

2008年 03月 16日

 あーまた夜野球観戦で時間を費やしてしまう日々が来るのかと思うと憂鬱ですね!
 いやいや
 というわけで今日はオープン戦最終戦でした というわけで偉そうな技術論も交えながら雑記



 ここ数年恒例となりましたが、ライオンズ実にオープン戦絶好調でした。
 あわや3年連続の1位になりかかりましたが、広島の献身的健闘で何とか2位に逃れそうです。
 1位なんてとるもんじゃない。

 オープン戦の収穫を挙げるなら、やっぱり松坂とブラゼルということになるのでしょうか。
 松坂はまだまだ線が細いもので、正直ここまで一気に伸びてくるとは思いませんでした。今年
どこまでやるか、まあ大きな計算まではまだ立てづらいですが、最低でも将来への足がかりは
掴めるシーズンにしてもらいたいです。
 ブラゼルはここまで文句らしい文句はありません。あるはずもありません。
 左右の違いはあれ楽天の山崎に近い印象で、切り払ったような打球が大きく伸びてゆく打者。
決して無茶振りしに行かない分対応力も高そうで、四球もそれなりにとる。唯一、いかにも懐の
深そうな打者ながら意外と内角の球への対応が未知数なので、そこだけが微妙に不安。
 そんなわけで開幕してみないと分かりませんが、取りあえず期待を抱かせる出足は残しました。
 一塁守備も無難であれば、体躯的にも任せたいところ。OP戦の7割程度でも打てば、カブの
残像が残る四番・一塁の席だって完璧に埋まります。まだ27歳の松坂世代という若さ、そして
意外な茶目っ気も魅力。今年一番の期待です。
 なお――もう一人の外国人ボカチカはというと、対照的にちょっと辛そうな雰囲気。
 スイングの軸が素人目にもぶれており、失礼な言い方をすれば非常に素人臭いスイング。
 守備走塁は良好でせめて2割7分でも打ちゃレギュラーなのですが、現状ではそのボーダー
すら怪しい気配。守備固め・代走屋としても使えるレベルの選手ながら、助っ人をその立場で
使えるかどうか、使ってて満足かどうかはまた別の話。
 身体能力は高そうで、ちょっとしたきっかけで大ブレイクの可能性も残してはいますが……。


 さて。
 投手陣は対照的に、ニューヒーロー誕生とまでは行きませんでした。数字を残すべき選手は
それなりに残してきましたが、イキの良い新星はとうとう現れず。それどころか岩崎や岸など、
不安要素を見せた投手も多かったです。
 岸は今日こそ好投したものの、やっぱり不安は不安。手元に昨年の映像があり、今日の映像と
見比べてみてるのですが、リリースの瞬間の上体が、明らかに去年より一塁側に傾いでいるのが
気になりました。左肩が早く開きいわゆる担ぎ投げになっていて、何だか言い知れぬ不安を
感じます。厳しいプロの世界で去年並の成績を残すのは簡単では無いと思いますが、それに
しても完全に不調となると青写真が狂いすぎるので、何とかなってほしいなーと思ってます。
 新加入組だと石井、岡本ですが、彼らはきっと、最低でもそこそこくらいはやってくれるはず。
どちらも今までの西武の投手には全く無かった球筋をしてますね。見てて新鮮です。
 そして外国人のキニーは、まだちょっと未知数です。キャンプでは散々に打ち込まれたものの
オープン戦最後の二試合は低めへ丁寧に制球されており、来日当初報じられたグライシンガー
タイプという評判の片鱗さえも感じました。力強さはないものの、実戦的といった具合。
 とはいえ2試合好投の2試合炎上という、まだ半々の状況。本当に未知数です。
 低めを丁寧に行けてる間は好投手の見本ですが、球に力がないだけに、これがベルトの高さ
まで上ずってくると火だるま、というタイプかもしれません。ちょっと慎重に。
 


 主軸が入れ替わり首脳陣も刷新されて、ついでに球場もリニューアル。何だか去年とは
まったく別の球団を応援している気持ちです。
 仮に弱くなっても仕方ないですが、不動の選手が抜けた分、楽しみは色々増えました。
 20日から、本番の数字もしっかり残していってほしいです。
 とりあえずブラゼルは、クルーズにならないように。

 最後ですが、ご覧になって頂けている西武ファンブログの皆さま。
 本年もどうぞよろしくでございます。
[PR]

by taoyao | 2008-03-16 22:58 | ライオンズ(野球)

ブルトレを愛す!   

2008年 03月 15日

<「銀河」>惜しまれラストラン 高度成長支えたブルトレ


f0029842_21463263.jpg


f0029842_2223933.jpg



 写真は私が2年前に撮影、ついでにここで掲載したものです。
 私の地域ではこのブルートレイン「出雲」が走っていたものでした。
 倉吉の駅まで出て行って、ラストランの見送りに参加したことを思い出します。
 
 夜間列車は今でもいくつかあるみたいですが、やっぱりブルートレインというのはその中でも
特別です。濃紺の長い車列が赤い機関車に引かれて鈍重に通りすぎてゆく、そういう光景が
子供の頃は随分と好きでした。男の子らしく一通り列車が大好きな幼少期でしたが、列車に
ポイントをつけるなら出雲は間違いなく最高点。ヒーローですね。
 大学時分に廃止が決定し、ちょうど帰省時期と重なっていたので最後の二週間はひたすら
あちこちで撮影して回りました。改めてその綺麗さ、走る姿そのものの魅力に気付いたりして。

 商売として立ちゆかなくなった以上仕方ないのですが、どこか生き物の死のようにブルー
トレインが"絶滅"してゆくのを惜しむ私が居ます。弟に至っては正真正銘の鉄ヲタで、実は
この銀河のラストランを大阪駅まで見に行ってます。
 私もできれば行きたかった、かもしれない。
 出雲が廃止された時も言いようのない寂寥感に苛まれましたが、この春に3本くらいブルー
トレインが消滅するということで、私も残念を噛み締めているところです。
[PR]

by taoyao | 2008-03-15 10:08 | ニュース

裏サイトから繋がる場所に。   

2008年 03月 14日

学校裏サイト、3万8000も 2割に個人中傷、文科省調査


 サイトそのものは究極的には、問題ではないと思うのです。
 サイトがなければ生まれなかった中傷もあるかもしれませんが、相手を中傷するに至る
までは必ず、その人に対する何らかの負の感情がある訳で。
 サイトの出現を直接イジメの根っこと考えるのは非常に宜しくないというか、ハッキリ危険だと
思います。心の問題というのは、何かを取り締まって解決するものじゃない。
 拳銃がなければ死ななかった人もいるでしょうが、拳銃が無かったら殺人者は人を殺すほど
誰かを憎むことなどなかった――という、そんな理屈にはなりません。

 あくまで私の勝手な考えですが、最近の子供達というのは昔以上に、好き嫌いが他人と
ずれることを極端に嫌うように見えます。みんなが嫌っている人には自分も近寄らないという
感覚、みんなが批難しているものはきっと悪いモノなんだという判断。十把ひとからげの
言い方をすれば、付和雷同とも言えますが――
 それよりももっと姑息で、更に利己的なニュアンスがあります。

 子供達は、巻かれるための長い物を常に探し続けています。
 今は物事の善悪よりも、その物事をどれだけ多くの人間が支持・批判しているか。それが
価値なのです。今の子供達にとって。
 とここまで書いてふと立ち返ると、大人も案外そんなもんだと思いますね。私も。
 そしてそういう「意見の趨勢」を見極める上で、学校裏サイトは機能していましょう。
 ですからやっぱり、学校裏サイトそのものは、抜本的な原因ではないのです。
 根絶という言葉を辿り、本当に枯らすべき根っこというのはもっと深くて、パソコンを壊せば
断ち切れるものでもないように思います。
 怖がりの心というのは、そんな簡単な物じゃないです。
 


■私事
 やっとレス返ししましたーお二方
[PR]

by taoyao | 2008-03-14 21:23

春場所スタート!   

2008年 03月 10日

 初場所からの期間が短いとはいえ、何だかもう大阪かーみたいな感覚があります。
 応援している力士は前に時折書いているので割愛とし、とりあえず今場所はきちんと平日
「幕内全取組」をチェックしたいところです。
 今日は早速三段目から。
 改名力士が多いのは、安治川部屋の親方の交代に伴うもの、とのこと。

 
 世間は両横綱の対決で盛り上がってますが、個人的には若手力士にこそ注目して
いきたいところ。
 高校が地元の境澤、スピード出世街道の市原や若ノ鵬には特に刮目。
 把瑠都あたりがもたついているので、ここは是非新たな旋風を巻き起こしてほしいです。


■私信
 コメント返しはまた後日……
[PR]

by taoyao | 2008-03-10 01:46 | ニュース