<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

日中関係、好転の兆し……?   

2007年 12月 29日

中国紙、福田首相訪中に好意的な姿勢

 韓国との間でも言える事ながら、日本との軋轢の具体的内訳を見ると、根深いながらも
急を要さない事象が多い。
 故に両国で多少の楽観が罷り通るし、頭(かしら)さえ変われば何かが変わるのではという
期待感も巻き起こりやすい。その代わり、表面上の笑顔が語るほど事態は改善しない。
 個人的には、結局全部なぁなぁで終わってしまうんじゃないかなーと思ってます。天外天に
しても靖国問題にしても。
 そうなることの是非はまた別ながら、瞬間的に沸騰してもいざ喉元を過ぎると熱さを
忘れている、というのが、日本人側の紛れもない現状。靖国神社問題とかも、安倍政権が
ちょっと夏場にごたついてたらニュースがあっさりそちらへ流れた。その程度でした。
 
 何が言いたいかって、中国の好意的な報道が本心だなんて誰も思ってないけどしかし
諍い自体がそんな状態であることもまた、表裏一体の事実に間違いはないぜってことです。
言わば原因と結果の当然の形として、中国紙の一面があるという話。
 上っ面だけいい顔しやがって、と言うなら、日本側がもっとストイックに言いたいことを
言わないといかんのです。それが出来ないのなら、その程度の問題だったとナメられても
仕方ないでしょう。

 繰り返しになりますが、どっちが良いのかはまた別の話ですよ? 本当に。
[PR]

by taoyao | 2007-12-29 16:11 | ニュース

福地……   

2007年 12月 22日

 えっと……

 昨夜は会社の忘年会でして、朝起きて新聞みて初めて福地放出のニュースを知りました
 記事が目に入ったときは、まさに我が目を疑った
 .270、28盗塁の選手の大事さが分からない人達がフロントには集まってるんですかね

 今年本当に色んな事でファンを裏切り続けて、総仕上げにレギュラー格の人気選手を
こういう目に遭わせる、と。
 今の時点で私は西武ファンを名乗らんね。
 これだけ裏切ってくれましてまあ、好きな球団だったからこそ腹が立ってます。本当に。

 今はせめて、福地選手の大活躍を望みたい……。
[PR]

by taoyao | 2007-12-22 20:45 | ライオンズ(野球)

初音ミク   

2007年 12月 20日

「初音ミク」楽曲配信巡って大混乱 アーティスト名誤記、作者に了解得ず?

 割とニコニコ動画は利用する身ですが、まあ最近初音ミクが増えてきてウザイですね
 ごめんなさい本音が出ました
 しかし正直なところ何が良いのかさっぱりわかりません
 実にどうでも良いですが



 ヲタク文化は本来両翼なものであって、右に受容(需要)があれば左の翼に創作(供給)が
ある。今までは比較的ジュヨウの方ばかりがクローズアップされていて(今マスコミで「ヲタク」
と言ったら99%がこちら)、しかしもう一方もどうやら日の光が当たり始めたようです。やっと。
 初心者のヲタクはしばしばその辺の構図感覚に乏しいので、人に嫌われるらしい。

 誰でもブームを作れる今となっては、どのようであれ権利の複雑化は不可避だと思います。
 オレでも何かを作れるんだ、と考える野心家は沢山いるし、実際に才気煥発な人間が
何もない場所から次々湧き出てくる。
 そんな中で権利のしがらみなんざ一思いにどっかで妥協するかいっそハダカにしちまえと
言うしか選択肢がないのですが、カネが絡む限りはそう簡単に行く訳もなく。

 誰もが産み手になれるというのはそれだけ庇護が難しくなるという案配で、だから富と名声
ふたつの欲望を切り離して考えられたら本当楽なんですが。ニコ動とか特に。
 まあ現代の著作権法の体系やJASRACのシステムが作者側=寡という前提の元に
作られてるのがすべての原因ですよ。この問題に至るのはもう必定。
 大衆文化はいざ知らず、ヲタクの世界に理念上衆寡は無いんだってば。
 ここで冒頭に戻るのですが、ヲタク市場はやはり受容者と創作者が対等な数・立場になって
はじめてまっすぐ飛べるんだろうなあと、そう思いつつニコ動を楽しむ私の毎日です。
 割と面白いですよ。
[PR]

by taoyao | 2007-12-20 22:56 | ニュース

どっちもどっち。   

2007年 12月 20日

「批判記事なら協力しません」 TBSがメディアの取材拒否

 そりゃあ自分達を叩いてメシ食ってる人に進んで協力する団体がある筈もないわけで。
 記事がTBSに対して悪意的に書かれすぎているのを割り引いて考えると、TBSの言い分に
一理あるのがミソ。
 頭の悪い人権屋がよく宣うセリフだけど、「我々の知る権利のために公開しろ」というのは
「知る権利」の誤解・曲解でしかないことに注意。

 ただ定説として放送業界は最も自浄作用に期待しにくい業界のひとつなので(同業者の
食い合いによる副作用を除く)、腐敗がある部分については、外部がせっついて清掃して
ゆく他ない。「国から独占的な放送資格を得たテレビ局の公共性をどのように考えているのか」
とは、この記者渾身の一筆と思われますが、独(寡)占資格だから公共性を忘れるな! と
おっしゃるのはやはり理想論と言わざるを得ません。脳内お花畑。
 公共資格は得ていても公共団体ではないわけで。
 
 まとまりのない文になってきたので無理矢理にでもまとめると、TBSも産経もお互い
相手の事を言えた身じゃねえよということです
 あなたたち結局この間の亀田印の禍根を引きずってこの諍いを起こしているでしょという話。
 放送の公共性とかという崇高なご理念を、喧嘩のダシなんぞに使わんで下さい。
[PR]

by taoyao | 2007-12-20 22:33 | ニュース

ずっと演歌のターン   

2007年 12月 20日

紅白曲目

 マジ演歌が見所と言わざるを得ません。何という名曲の羅列。
 まさしく10年一曲だけど、いい曲はいつ聴いても良いもの。多少複雑ではあるが……
 まあ全然知らない新曲を唄われても困るだけという。
 取りあえず無言坂とかじょんからとか珍島物語とか楽しみすぎますね。
 あと布施明。君薔薇は名曲すぎて困る。

 一方ポップスではスキマスイッチが奏でを唄うというのでそこだけ期待。
 あの曲はもっと大勢の人間に膾炙して良い。
[PR]

by taoyao | 2007-12-20 22:10 | ニュース

町村さん骨がある   

2007年 12月 19日

国とUFO


 ちなみに私は「居ると信じてたほうが夢があって良いじゃない」みたいな物言いをするほど
寛大でもなく、「まあ居るなら居るんじゃないの?」程度の答え方しか出来ないという。
 
 このブログの履歴をひっくり返すと「宇宙を旅してくる宇宙人なら、その科学力に勝つなんて
ハナっから無理」みたいなことをどっかで書いてると思いますが、まあ今に至るまで宇宙人が
侵略に来ていないというのは、そこまで文明が発達した宇宙人などいないという事か、或いは
宇宙がめっさ広いかのどっちかということに。
 対策云々を論じたところで結局文字通りの絵空事にしかならんわけで、まあ宇宙人に
どっかーんとミナゴロシにされるなら諦めもつきます。私は。
 あとはまだ見ぬ宇宙人、科学力・文明に比例して相応に倫理観も発達していることに期待。
 これも同じ時の記事で書いた気がしますが。
 取りあえず対UFOミサイルを用意するよりは、翻訳コンニャクの開発に全力を注ぐんだ。
 「まあ待て 話せば分かる」を全宇宙語に翻訳できれば何とかなる。たぶん。

 あ、またイリヤを読み返したくなってきたなあ……
 あの名作。
 
[PR]

by taoyao | 2007-12-19 01:33 | ニュース

凋落   

2007年 12月 15日

カブレラの薬物使用が発覚

 ライオンズファンなら誰でもそうだと思いますが、カブレラという選手は他と比べられない
くらいの大ヒーロー選手な訳で。
 裏切られたとかという感情よりは、ただひたすらに「残念だ」という気持ち。

 裏金問題から始まり薬物使用。
 今年NPBを揺るがせた問題の中心には終始ライオンズが居り、そのことが本当に残念。
 プロ野球を楽しく見られなくなりそうな事件をライオンズが主役となって引き起こしたことに、
その球団のファンとして悲しいし、失望もあるし、何より憤りがあります。
 繰り返しになりますが、残念です。
[PR]

by taoyao | 2007-12-15 21:45 | ライオンズ(野球)

失礼ながら   

2007年 12月 10日

<猟銃暴発>2歳児が死亡…東京・目黒の医師宅

 親が悪い、と言われても仕方ないんじゃないですかね
 弾を詰めたままで手入れ中の銃を、幼子二人居るところに放置するのは――

 5歳くらいだと記憶が残ったりするのでお兄ちゃんも気の毒です
 今後は色んな意味で、その子の人生を大切にして上げてほしいところ
 条件が揃っていたといえ、ここまでの結果になったのは少々残酷な偶然と言う他ありますまい
[PR]

by taoyao | 2007-12-10 01:40 | ニュース

ヲタ概括   

2007年 12月 04日

●中川翔子紅白に不安の声


 不安っていうか正直要らn
 そんでアキバコーナー! とか作られても引く。
  
 結局のところ、「ヲタクに人気」っていう括り方に土台無理がある訳で。
 ヲタクという生物なんてそもそも大衆と嗜好が違う者がいるからこそ同色もん同士の
寄り合いが生じたのが由来な訳で、言うなれば少数派の烏合の衆でしかない。
 こと大衆メディア側からそこに媚びると、大概寒い結果しか生まんのです。矛盾だから。

 まあ、ヲタは所詮非大衆であって、キワモンの立ち位置を出ることはないですからね。そこは
自覚せねばなりません。
 そのくせバカにすりゃ一丁前に怒るしねえ。「アッコにおまかせ」の初音ミクの時とか。

 そんなわけで扱いにくい生き物ですねヲタ。だから、扱わないで放っておいて下さいとしか。
 紅白とかで無理にソッチ系の色を出そうとかホント勘弁です。AKBなんちゃらとか本当に
時間の無駄だと思う。

 いや上手けりゃいいって話でもなくて、そう言えば最近は「水樹奈々は出れるだろ
売り上げ的にも実力的にも」とか真顔で抜かす連中がいたりしますが。
 どうも個人的には、同じヲタ趣味の人間としてその辺がビックリせざるを得ない。
 水樹奈々が紅白出るようになったら私は紅白観るの止めるよ。それならまだジャニーズ100連発の方が良い。
 いや水樹奈々自体は嫌いじゃないですけども。

 グダグダになってきたんでそろそろまとめると、つまりそういう楽しみ方は要らない、というお話。
 あ……まとまったのか?

 まあ何はともあれ、視聴率20%でもいいから本物の歌番組を作ってください。
 だからこそ、私は紅白を観るんだから。
 まあ最近はもっぱら演歌しか観ないですけども。
 天童さん石川さん細川さん前川さん超楽しみにしてる。
 

●サンタ狩り批判 ニコ動の課題  
 そんでまあ、似たようなニュースがもう一個。

 この間もアングラ性がどうのこうのと書いた気がするけども、まあさっきと似通った話、結局上から「面白さ」を確定されることをヲタクは極端に嫌う訳で。
 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや、という奴。
 いや逆か。逆だな。鴻鵠安んぞ燕雀の志を知らんや。
 極めて良い意味で。
 ええ、やらんでいいことはやらんでいいのです。

 まあやることなすことどこまで本気でどこまでネタなのか、ニコ動の場合これまでも今ひとつ判りづらかったのですが、案外こいつら本当にズレてるのかもしれないなーと疑い始める初冬の夜。
 これについては私自身ニコユーザーと乖離した感覚にあるので、大きな口は叩けませんが。

 まあそもそも斬り捨てることが出来る時点で、致命的な失敗にはならんという訳です。
 ユーザはお構いなしで好き勝手楽しんでるという。



 総論。
 基本的に、ヲタの趣味に多少でも足を踏み入れたなら身の程を知るべきなのです。
 劣等感という意味ではなく、立ち位置を知れ、という意。
[PR]

by taoyao | 2007-12-04 02:25

なかなか、こう   

2007年 12月 01日

 人の謝罪なんて、見てたって気持ちの良いもんでもない訳で。



 個人的にはお仕着せみたいな謝罪会見の一問一答するその内容よか、その選手の
パフォーマンスをもう一回観られるかどうかという期待感にて測りたいとか思うんですけどね。
往々にしてそう言ったら「そういう問題じゃねえだろ」と返ってくる訳で、ええ確かにそれが
正論だとは思います。けどもけども。

 プロスポーツなんて享受する側からすれば、究極的には「そいつのプレーを観たいか?」と
いう部分に帰結する他はない訳で。その辺もっと腹を割って、良い意味で我が侭に考えたって
論点ボケにはならんと思うんですけどね。
 文化人とかならいざ知らず、スポーツ選手の品格ってのはメインステータスなのかという。
 そりゃ、あるに越したことはないでしょっけども。

 相撲ファンとして朝青龍は是非復活して欲しく、亀田はまーどうでもいいや……とか結局
それが本音だったりなかったり、まあ亀田と朝青龍を比べて、謝罪の言葉の軽重でどっちが
真摯かとかそんなん問うこともないです。
 亀田が7分で朝青龍が50分で丁寧さをどうのこうのって――。謝罪という形に出すその
礼儀作法は確かに大事だけど、それをワイドショーの俎上に置いたってねえ。結局その善悪しを
スタジオのマイクで述べたって、そりゃワイドショーじゃなくてただの陰口にしかならんわけで。
 だからズケズケ言う人ばっかりを「ご意見番」とか祭り上げるのはやめろとですね。
 アッコとかテリーとか勝谷とかやくみつるとか。

 それにしても相撲協会なんかは本当、お行儀よくて非常に鼻につきますが。 
 上っ面だけ飾ってるよりは、ふてぶてしいキャラを貫いた方がよほど好感持てるわーって
見方の人だって居て良いと思うけどねっ。
 亀田は嫌いですが(ぁ

 まあ結局、マスコミが遊んでるんですよね、あの二人に関しては。
 自業自得なのは間違いないんですけどもー。
 ちなみに私は亀田よりも朝青龍よりも、内舘牧子女史が嫌いだそうな。
 あの砂かけババアみたいな風貌の人です。
[PR]

by taoyao | 2007-12-01 11:30