<   2007年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

いやま、わかってたことじゃないの   

2007年 08月 31日

内閣府、総務省、NHK 職場で勝手にウィキペディア改ざん

 某大型匿名掲示板の方々が飛びつく所謂「祭り」には格好のネタだと思いますが、
冷静に事態を見ると、そんなに騒ぐことでもないというか、起こるべくして起こること。
 そういえば「レポートの参考文献にwikipediaを平気で使う人が居て困るんですよねー」
なんて、以前ゼミの教授が嘆いてましたよっと。

 マスコミにおける情報操作問題の縮図みたいなもので、デカくなりすぎた情報媒体は
こういった問題を避けられない。本来は井戸端会議に毛が生えた程度の場所だったのに、
いつしか「一大情報サイト」になってしまったようで。
 ぶっちゃけ暇つぶしで無駄知識を仕入れること以上の価値は求めるべきでなくて、あとは
行間を読みながら、信頼出来る記述を賢く見極めてゆくしかありません。そんなもんです。
 なぜかアイドルや声優の記事は非常に充実しているとか、その辺からバックグラウンドは
推して知るべしといった具合。
 安易に盲信しなければ、楽しく使える便利なサイトなのですけどもねえ。
[PR]

by taoyao | 2007-08-31 22:19 | ニュース

タバコと同じ   

2007年 08月 30日

「ネットカフェ難民」の呼称止めて! 「客足が遠のく」と業界団体訴え

 社会問題、「こうあってはならない」という表現で使われた言葉なので、多少卑しげな意味が
籠もるのは当然です。
 あとは普通に、センセーショナルさも。
 概して、他を見下すような単語こそが流行する時代ですので……ね。

 世間の評価はともかく、店が歓迎するならその限り彼らはお客様だし、疎んじるなら経営者が
何らかの対策を打てばいいだけの話。一般人がその是非を論じる必要はありません。
 タバコと同じです。利用者が公に誹りを受ける業界というのは、不便で可哀想ですねえ。


 それはさておき――こっちは余談になるんですが、しかしネカフェ側の言い分もどうなのかと。
 寝泊まり客を歓迎するなら、イチゲン利用客とのトラブルや衛生問題なんかにはどのみち
配慮せねばならないことで、その結果どんな風評が立つかは店次第。
 意趣の違う2パターンのお客様がいる以上は、風評のベクトルも2方向に向く。どのみち
それは経営者が調整しないといけない。
 利用対象を広げるのか思い切って狭めるのか、どういう店にしたいのか、采配次第。

 役所の言葉は単純に生活格差問題の一例として挙げただけなので、その言葉尻だけに鉢を
向けるのは問題のすり替えだろうと思ったりします。
 表現や単語如何に関わらず、短期利用者と長期利用者は純粋に共存しにくいと思いますよ。
 役所が配慮に欠ける単語を選んだのも確かだけど、どっちみちこの問題には、企業努力が
欠かし得ないと私は思う。
 
[PR]

by taoyao | 2007-08-30 17:18

さっそく微妙な発言してたりするようですが>額賀氏   

2007年 08月 28日

安倍改造内閣発足

 派手なところもあり堅実なところもあり、良くも悪くもつかみ所が無い陣容だなあと。

 この中、町村氏の外務相復帰は歓迎すべきことで、バランス感覚に秀でた方という印象。
 逆に不安の種は額賀氏、舛添氏。額賀氏の場合防衛庁長官時代にあまり良い印象が無く、
この組閣人事の中では一番の不安要素。舛添氏については単純に、最近テレビで妙な発言が
とみに目立つようになってきてるので。
 素人所見ですが、悪いもの食べたみたいに急に崩れる政治家も多々いるし。

 全体的には「安全志向」の人事で、失言失態に振り回された前人事の反省がありありと
見て取れる面子となりました。その分爆発力には欠け、大きな革新力があるかというと
疑問符がつく。
 色んな意味で「つまらない」内閣改造でした。
 本当にこれで良いのかしら。
[PR]

by taoyao | 2007-08-28 00:00 | ニュース

早……   

2007年 08月 25日

大ピンチのさくらパパ 一転「事実と違う」と主張 離党・辞任論も

 政治家でやっていけるほど賢い人間でもないんじゃないかな、と思ってたけれど、まさか
こんな早く馬脚を露すとはさすがに予想外でした。

 これだけぶっちゃけトークしてくれたのでこっちも対抗してぶっちゃけると、人に言えない
過去があることよりも、それをいけしゃあしゃあと認めちゃってるのが悪いの。
 週刊誌相手に簡単に白状してどうするんですか。
 白状した結果どうなるか、政治家としての自分の頭で考えなかったんですかね。

 簡単に民主党に担がれたり、その前にはプロレスやってみたりでなんだかフラフラしてる
人だなあとは思ってましたが、よもやここまで一般常識に欠けてたとは。今なら(誰も政治家と
思ってない分)民主党の看板にもさほど傷をつけず済みますし、党への仁義を通すなら、
ここで潔く身を引くのが賢明に思う。
 ゴルフコーチならコーチに専念した方がよろしいような気がします。ご自身のためにも。
[PR]

by taoyao | 2007-08-25 15:15 | ニュース

感動は売られるものじゃない 感動すれば勝ち、挑戦した者が勝ち   

2007年 08月 23日

もうウンザリ…「24時間テレビ」感動押しつけ

 障害者がチャレンジだとか華やかなことをやってる裏で、悲惨な人はもっと悲惨だぜ――
と、福祉畑に籍を置く叔父が以前ビール片手にくだを巻いてましたが。

 私の意見からすればどちらとも言えないのが本当のところ。いくら見せ物であっても
崇高なるチャレンジ精神は評価されるものであって、何もしてない私がブラウン管の前で
寝っ転がって文句を言える義理なぞありません。チャリティマラソンは完全に人工の感動
ムービーですけども、他の企画などでチャレンジしてる方々は、それがいかにドラマ仕立て
されようと関せず、大まじめの精神で取り組んでるわけで。
 そこから何かしらの思いを自分自身に投影できれば、それで番組の役割は果たされる。
 それ以上も、以下も要らない。

 この手の番組批判自体は昔からありましたけど、現代は尚更、感動という点において
全国民一致のお涙なんて作り得ないことが分かってきてるはず。右に倣えを蛇蝎のごとく嫌う
今日にあっては、みんなを泣かせるなんてコンセプトがどだい無理。
 マスコミ媒体で「感動」を作り上げようとする時点で何かしらの誹りを受ける宿命を負うもの。
 その上で、いかにチャレンジ精神を持った人に対して真摯に番組を作れるか、その態度に
すべてはかかっているはず。
 欽ちゃんを責める理由もないけど、作り物のマラソンのゴールや募金額の集計ばかり扱う
エンディングはどこかねじくれている。
 がんばってる人間にスポットライトを当てる、それでこそチャリティー番組になると私は思う。
 それならば、叔父も少しは理解を示してくれるんじゃないか……な。
[PR]

by taoyao | 2007-08-23 22:19

間の抜けた話   

2007年 08月 21日

朝青龍は解離性障害―専門医「モンゴルに帰すべき」

 だなあ、としか。

 精神科医なんて患者がトラウマといえばトラウマだと診断するような職業らしいと……
それはまあ、悪く言い過ぎでしょうけども、実際問題横綱がそこまで重篤な症状かどうかは
どのみち我々に確かめる術はありません。

 ただ診療(心療)と事件の責任は別で、そこは分けて考えないといけない。
 現実でも自分の身から出たさびで心身症に陥ることは頻繁にあることで、その人に向けて
自業自得だの因果応報だのと責めては、これは入院患者に冷水をぶっかけるようなもの。
 ひとまず精神病と診断されたなら、ひとまずは周囲もそれに合わせないと。
 ここで帰国を堰き止めるのは、大袈裟なようですが、人道に悖るとさえ言える行為。

 「自分でまいた種で精神病だなんて言うのは甘い!」って意見も多いですが、まあこの辺が
精神病に対する認識の浅い日本という国なのかなあと残念に思います。
 その上で冒頭のようなコトも鑑みねばならないので難しいですが、もうちょっと心の病人に
対する心得とか対応とか、その辺の正確な知識が敷衍しないものかと願うばかり。
 心理学素人の私が言えたコトじゃないですけども。
  
[PR]

by taoyao | 2007-08-21 16:39 | ニュース

150 ★ L2-1B   

2007年 08月 18日

 思ったより時間がかかってしまいましたが、西口投手おめでとうございます。
 ただの150勝でなく、すべて西武ライオンズにもたらしてくれた勝ち星だということが
何よりも嬉しいことですね。
 チームからすると今日の記録ひとつよりも、むしろ今後に同じ投球をしてくれるかどうかの方が
鍵なんですが――
 まあ堅いことは言いっこなしで、今夜はひとまずおめでとうございます。


 打撃。終わってみれば今日も一桁安打とかね。
 和田・中島両選手、今日も"また"良いところでポイントゲットが出来ませんでした。
 たぶん気持ちの問題で、迷ってるとかじゃなく、打てないんじゃないかいうマイナスの予感が
そのまま結果として現れてる感じです。どこかでラッキーヒットでも一本出れば変わると思う。
 二者ともこの程度の打者じゃないのは当然。辛抱強く期待して応援し続けましょう。
[PR]

by taoyao | 2007-08-18 00:00 | ライオンズ(野球)

いきなり言われても、ねえ   

2007年 08月 17日

吉野紗香のブログ炎上 「攻殻」絶賛がアダに

 いい加減ブログ炎上も目新しくなくなってきましたか……
 時に本来おたくってのは、互いの嗜好性に対して寛容たるべきじゃないんですかね?
 「そんな感想は許さない」みたいな共通聖典が出来上がったら、本末転倒だと思うんですが。

 コトは多分、「自分が演じたい」の一言なんですよねえ……
 二つばかり前の日記で似たことに触れてますが、アニメファンにとって「実写化」は九割方
歓迎されないもののようで、そこの言及で反射的な不興を買ったんじゃないかな、と。
 所謂「タブー」に触れちゃったというか、不謹慎な俗諺を用いれば「地雷を踏んだ」というヤツ。
 軽い冗談や話のアヤ、じゃすまされなかったようで。


 まさか吉野氏もアニメファンの"常識"まで気が回らなかったでしょうし、その辺は黙って
受け止めるくらいの寛大さがアニメファン側に欲しかったかな、と。
 オタク側の勝手な正義なんて知らねえよ……と、ここで冒頭の一節に返る訳ですが。
 ブログに乗り込まれていきなりそれを突き付けられたということで、同情せざるを得ません。
[PR]

by taoyao | 2007-08-17 00:57 | ニュース

命名   

2007年 08月 16日

名前に「@」 ―中国の命名事情

 こういうのを見るとやはり最低限の使用制限をかけてる日本は間違いじゃないなーとか。
 世界に一つだけの名前をつけてあげたい! ってのは結構な心意気ですがね。
 
 とか何とか言いつつ、実は日本も余所のこと笑えんのです。
 先日こんなサイトを見つけて1時間ばかり時間を潰してしまったとか
http://dqname.jp/index.php
 なかなかどうして、どれもこれもパンチが効いてます。
 誰がとは言いませんが、真剣に可哀想になってくる。

 基本的に子宝を授かったばかりの親は浮かれてるんだから、祖父母とか周囲の人間とか、
その辺が勇気を持って止めてあげないと。昔はそういうのがしっかりしてたと思うんだけども、
この辺もまた個の時代ということで、なかなか口出ししづらい環境にあるのかもしれません。
 あ、これは日本の話。
[PR]

by taoyao | 2007-08-16 00:00 | ニュース

無いわ   

2007年 08月 13日

「ひぐらしのなく頃に」実写映画化へ

 鬼太郎とかちびまる子ちゃん(ドラマ)の時も思ったんだけど、実写化って往々にして
見るまでもなく「サムい」って思っちゃうんですが、どうなんでしょ。

 まだ「ひぐらし」やったことないんでいきなり文句はつけられんですが、あれは広く
名作と呼ばれるホラーミステリーで、熱烈なファンも多い作品。私も時間があれば
やってみたいなあと思ってるんですが……
 ことアニメやゲームを愛好する人は、そのアニメ(ゲーム)の絵柄や、キャラの立ち絵や、
或いは声優に至るまでをその「キャラ」たる像として見てるものです。不用意に"ホンモノ"の
人間を宛がうことに、抵抗を示す人は少なくありません。
 彼ら言うところの「黒歴史」に、ならなきゃいいんですがねえ。

 まあホラー映画として「怖いもの見たさ」を売りにするってのはあながち方向性として
間違っちゃいないともいえるのですが、その、何というか。
[PR]

by taoyao | 2007-08-13 23:17 | ニュース