<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

悔しい――   

2007年 05月 28日

ZARDの坂井泉水さん、死去

CDを引っ張り出して、今聴いているところ。
こうして聴いてみると改めて、本当に優しい曲が多い人だったんですね。


第一報に接した時は、久しぶりに何も考えられなくなりました。
まだまだこれからの人だったはずなのに、本当に残念でなりません。
喪失感というか……気持ちを正直に表すと、もったいない、と。当然ながら、まだまだ
唄い続けて欲しかった人です。

不世出のシンガーだったでしょう。本当に惜しいです。
残念です。
[PR]

by taoyao | 2007-05-28 14:30 | ニュース

おめでとうございます  &今場所の力士雑感   

2007年 05月 27日

白鵬、全勝優勝で横綱昇進確実に

4年近くに渡って、名実共に「朝青龍」が最強だった。
次の場所から、それに並ぶ立場になるはず。
来場所から力士達に新たな目標が加わり、新しい風が吹くと思います。

そして一ファンとして待ち望んでいた、久々の東西横綱の戦い。
全国の好角家が望んでいた相撲の醍醐味、最高峰同士の頂上決戦が来場所から見られる
訳ですね。
朝青龍もまだまだ若い、これからの力士。来場所は今場所のように簡単には行かないでしょう。
二人で長く活躍され、後世に語り継がれる一時代を築いて欲しいと思います。

荒々しい朝青龍と、穏やかげな白鵬――
素敵な時代が到来する予感です。




おまけ) 他の力士、雑感

○安美錦(9勝、殊勲賞)
個人的にファンであるアミ様には良い場所になりました。
膝の状況も万全ではないと思いますが、今場所を盛り上げて下さった立役者。
来場所は体調万全で、一層の相撲巧者ぶりを期待。

○普天王(10勝)
本来なら12くらい勝って欲しかったですけどねえ。十三枚目くらいでしたっけ? まで
下がってるだけに。後半の取りこぼしが大きかった。

○岩木山(幕尻で9敗)
どうも大負けする場所が多かったのですが――流石にこの成績では十両陥落を覚悟でしょうか。
でも十両に居る人じゃない。馬力と巧さも持っている力士なので、すぐに戻ってきて欲しいです。

○琴光喜(12勝)
前半白星街道→後半黒星街道で気付けば8勝7敗、というのはもう過去の姿……なのか?
このまま先輩・琴錦のように「最強関脇」で終わっては名が廃る。是非大関とりを。

○琴奨菊(給金相撲に敗れ平幕陥落へ)
関脇昇進の場所までは順調でしたが、ここ2場所は腰が思わしくなかったようです。
まだ若いですし、来場所は体調を万全に戻して、身上のがぶり寄り相撲を見せて欲しい。

○千代大海、魁皇、琴欧洲
揃いも揃って中途半端な――
心なしか、大関という座で満足して安閑としている感じがするんですよねえ。
三人目の横綱を目指す気概が欲しいです。

○把瑠都(十両優勝)
おめでとうございます。
番付的には微妙ですが、力量差は歴然としているだけに、来場所即返り入幕を期待。

○北桜(十両二枚目で9勝)
ギリギリ、返り入幕出来るか――? 懸賞金貰い忘れはテレビ前で爆笑させて頂きました。

○市原(幕下西2枚目で4勝3敗)
いつもなら新十両も見えるところですが、幕下上位がことごとく大勝ちしている今場所は
即座の昇進が難しそう。
髷の無い関取は個人的に"萌え"ポイントなので(笑)、早い内の出世を期待したいところ。
[PR]

by taoyao | 2007-05-27 00:00 | ニュース

ゲーム機、ねえ   

2007年 05月 22日

<英単語学習>ゲーム機で語彙力4割アップ 京都・八幡

勉強方法はあくまで手段であって目的ではない。取りあえず学力という目的が達せられたなら、
この一見無謀な選択も英断になる。

私自身どれだけ成績が良かった訳ではないものの、学習とは常に知恵と工夫で
効率を考えてやるものだった。ただ教科書の活字を追うだけじゃなく、いかにして
それを「勉強」にするかを考えてこその「学習」だった。
過去のお堅いイメージからは大きく乖離しているが、楽しく積極的に身につけてこその「勉強」。
色んな意味で型にはまらないことが何よりも大切。と、私は思う。
[PR]

by taoyao | 2007-05-22 18:52 | ニュース

江川さんっぽく。 ★ L8-3M   

2007年 05月 17日

鍵になったのは8回、2死からの場面。
一塁の代走に出た福地選手が盗塁を決めて二塁へ行き、それを和田選手がタイムリーで返した。
場面的にも大きな一点ではありましたが、連敗を止めるために必要だったのはこれです。
嫌らしく、武器をきっちり駆使して隙無く1点をとる。これが出来れば、もう不安はありません。
そのあと細川選手のホームランで、試合は決しました。
とんでもないエラーなどで5連敗も目前まで来ていた感じはありましたが、あの1点のとり方で、
何をやっても裏目だったチームの雰囲気が変わったと思います。
強いチームの試合が出来たと思います。


岸投手は4勝目。……というほど内容は良くないのですが。
脆い面が多く、個人的な信頼はまだかなり低いです。今回も満足とは言えない内容でした。
ただ一方で、最近見せている試合中の立て直し、また今日の6連続奪三振にしても、
ひとたび波を作れば寄せ付けないだけの力は持っていると思います。
一度ファームに落として欲しいのが私の本音ではあるのですが、チーム事情からいって
それは難しそう。使いながら成長していくしかないでしょう。
なんだかんだでドラ1ですし、期待しております。
救援陣も、今日は全員良いお仕事でした。


ファームでは帆足投手が6回無失点。
こちらもそろそろ、目処が立ち始める気配です。
[PR]

by taoyao | 2007-05-17 00:15 | ライオンズ(野球)

子供を本当に救うのは……   

2007年 05月 16日

<赤ちゃんポスト>初日に「3歳」男児が預けられる

受け皿を用意することが、どれほど安易な決断を生むかということ。
こういったものを作った意図は分からないでもないが、やはり世の中、清らかな心根の
人間ばかりではない。設立意図が正論だとしても、作って良いものと悪いものはある。
山や海に捨てられるよりはそりゃあ良い。だが、捨てられずに済んでいた子供まで
捨てられる可能性があることを、もう一度考え直して欲しい。
本当に子供を、幸せにしているのかどうか。
[PR]

by taoyao | 2007-05-16 00:00 | ニュース

母の日。   

2007年 05月 13日

母の日にしか具体的な親孝行を思いつけない自分に、またその親孝行のしょぼさに、
どうにも胸が痛くなっておりましたtaoyaoです。


本当の親孝行は、包装紙で包めるものじゃない。
その日その日に何か一つずつなんて出来ずとも、取りあえず常に「母親」という存在を
忘れないこと。それが何よりの母親孝行。
そうしていればいつか形のない贈り物、本当の贈り物が出来る日が来るのです。たぶん。
そう信じて、日々を謙虚に過ごすことにしましょう。

と偉そうに言う前にまずは私から、なのですが。
[PR]

by taoyao | 2007-05-13 00:00 | 私心

一矢報いて ★ L6-4H   

2007年 05月 06日

ゴールデンウィーク9連戦終了


6勝3敗なら充分の戦いだったと思います。
そのうち2敗がソフトバンク戦ってのが玉に瑕ですが、この先発陣の崩壊でよく3つしか
試合を落とさなかったと、プラス思考で捉えたい。。
春先投手陣に頼った分、ここで打線が助けてくれた。おあいこです。

最後2試合で登板したグラマンギッセルの両外国人投手、結果的には両方とも
大体同じくらいの数字になってしまいました。
ただ充四郎さんの言うとおり、グラマンの方が印象としては遙かに良いです。7回以外
全く危なげなかったですし、そのラストも味方が足を引っ張ったもの。
来週の長野の先発権、グラマンへの賦与を私は支持したい。

打線は見るからに昇り調子。
何より本塁打が止まっていた打者に大きいのが出始めたので、得点効率はもっと上がると
思われる。
と、ここに至って片岡赤田の両リードオフマンが欠けているのは手痛いですが、そこは
今いる面子で乗り切るしかありません。
大島GGと新星打者が助けてくれてますが、個人的には夏場に向け、もう一人くらい
彗星出現を期待したいです。


最後ですが、今日のMVPは紛れもなく星野投手。
松中相手の12球、大袈裟に言えば江夏の21球を彷彿させる名勝負でした。
西武伝統左のワンポイントの系譜へ確かに名を連ねる星野投手、その記憶にまたひとつ
鮮烈な1試合が刻まれました。
ナイスピッチング。
[PR]

by taoyao | 2007-05-06 23:25 | ライオンズ(野球)

花火大会 ★ L15-6B   

2007年 05月 03日

子供さんが多かったと思いますし、こういう試合は喜んでもらえたんじゃないでしょうか。
2回で5-0となった時、負けの覚悟をしつつも案外何とかなるんじゃないかと
希望を捨てずにいられたのは、紛れもなく昨日の猛打の余韻。
チームの雰囲気も、おそらくはそれくらい明るかったんじゃないかと思います。
スコアボードは5年前、松坂パウエルが投げ合った9点差逆転試合が思い出されるところ。

岸投手は序盤派手に打ち込まれましたが、前回同様立て直してきました。
前回クオリティスタートながら白星がつきませんでしたが、その分今回は打線に助けて貰い
3勝目。フロックではない。
見るからに総合力が高く、簡単に負けが込みそうにはない雰囲気があります。
もう立派なローテーション投手。

しかし今日の主役は打線。昨日の余勢を駆り、久々に栓が抜けたような気持ちの良い試合でした。
福地4安打、中島和田が本塁打など待望されていた復調が本格的に現実味を帯びてきており、
見ていて期待感の持てる打線になってきました。
首位決戦を前に頼もしい材料が揃い、意気揚々です。明日の心配は、今日の移動疲れだけ。
そろそろ本来の戦いが出来そうな雰囲気です。


それにしてもオリックスさん、敵ながら終盤のプレーはどうなんでしょう。
打っても守っても集中力の無さが見え見えの動きを連発。あのグダグダがなければ、
いくら何でも15点なんてことにはならなかった。
去年も大差から敬遠球を暴投したりという試合がありましたが、それを思い出してしまった。
ゴールデンウィークなのだから子供さんも沢山来てくれているわけですし、覇気を取り戻して
明日から再スタートして欲しいです。
[PR]

by taoyao | 2007-05-03 19:59 | ライオンズ(野球)

低俗国家   

2007年 05月 03日

<韓国>「親日派」元閣僚らの土地没収 財産調査委が決定

日本人だから親日派を擁護するとかでなく、純粋に恐ろしい話。
忠義に反する行為だとはいえ、六十年以上の昔の行為をひっつかまえて
財産没収とは尋常な考え方ではない。
この21世紀になった世の中でもこんな国家が、しかも隣にあるというこの空恐ろしい話。
海をひとつ隔てたそこは、国家が何をしようが絶対忠誠という国。
日本に生まれてよかったと心底痛感する次第。
[PR]

by taoyao | 2007-05-03 18:48 | ニュース

憲法改正=即戦争、ではない   

2007年 05月 02日

憲法改正 賛成が51%

9条が砦となっている面も少なからずあるとは思うものの、この条文が変化すれば即
戦争突入というのも大概ブラフ。問題の真髄は、常に報道以外の場所に存在するもの。

9条を改正するにしても、平和が一番なことに変わりはない。
憲法が変わる時は必ず国民投票を経るものであり、その結果が即ち国民の意思となるから、
改正如何はどう間違っても国民の多数意見によって決定される。
ここから先いかにして平和な社会を守れるか、常に思考を止めないで生きてゆければと
考えるところ。
[PR]

by taoyao | 2007-05-02 01:00 | ニュース