<   2006年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

来る者・去る者   

2006年 09月 30日

久々の更新になります。
更新をサボってる間にも、ライオンズがストーブの話題を繰り広げておりました。


まずは岸投手、正式に入団決定。
まだ楽天の眼もあるんじゃないかと気がかりだっただけに、これで本当に
人心地ついたという感じですね。
早くライオンズのユニ姿を見てみたい。


そして、去る者。
毎年繰り返される寂しい話題ではありますが、今年はこと愛着のある選手が
多く去ることになりました。
この場で、送辞代わりに……。

★後藤光貴投手
言わずもがな、一時はライオンズのローテを支えた名投手でした。
三振を奪えるし、安定感も抜群で、玄人好みの投球は味があって見応えありました。
本来ならまだまだやれる世代ですが、故障の影響が存外重かったようで残念です。

★田崎昌弘投手
球威のある中継ぎとして、投壊現象のたびに期待してたんですがねえ。
個人的には、江藤の350号試合で爆発炎上したのが一番強いイメージ^^;
威力はあるのに、たまに手が付けられない絶不調時があり、それが信頼を損ねたか。
トライアウト等で、他球団での捲土重来を刮目したい。

★杉山春樹投手
残念ながら、一軍で見ることは出来ませんでしたが、今年のオープン戦中日戦で
投げていた姿を見ることが出来ました。
割と実戦派の投手だと思ったんですが、戦力外。残念です。

★小野剛投手
トライアウト組ですが、ここまででした。
今年は1試合、3イニングゼロに抑えたりもしましたが、やはり一軍レベルの球威では
ありませんでしたかね。
下手投げに挑戦するなど意欲的な姿勢は好感です。是非どこかでもう一花を。

★椎木匠捕手
こちらも、試合で拝見することは出来ませんでした。
ただ二軍で若手投手とバッテリーを組み、その経験豊富なリードは恐らく
彼らの糧になったのではと思います。
チームスタッフとして、これからは縁の下で支えて下さいませ。

★宮崎一彰内野手
トライアウト組だったんですが、こちらも芽が出ませんでした。
一度だけ一軍で見た時も三振続きで……忌憚なく言えば、良い思い出は少ないです。
突貫小僧的なイメージは悪くなかったのですが……。

★高波文一外野手
守備職人として目されつつ、結局戦力外。守備走塁は一軍レベルだと思うんですが。
04年のPO最終戦、犬伏のハーフライナーでタッチアップ、生還した好走塁が
一番の印象ですね。その他にも、再三の好守は記憶に濃い。
チームによってはまだ働き所もあるはず。他球団での活躍を期待したいところ。

★張誌家投手
いやあ、驚きました(苦笑) 或いはと思ってましたが、まさかねえ。
勝手ながら、ああいう風体ですから、どこか必死さが伝わってこなかったんですよね。
思い出は沢山あります。こんな結果になってなお、良い思い出、鮮烈な印象の方が
圧倒的に多い。まだ26歳ですし、2年裏切られてなお期待したい投手でした。

才能は物凄いはずなので、育成枠という訳にはいかないんでしょうか?
それにするには歳が行きすぎてる感は否めませんが、この才能を捨てるのは
あまりにもったいない。個人的には、もう一度賭けてみてほしいという感じです。

-----

沢山の人が、今年も去っていく。寂しいですね。
たとえ短い間でも、ライオンズの選手として期待させてくれた選手なので、
みんな愛着があります。が、こればっかりは仕方のないこと。
皆さん、ありがとうございました & ご苦労様でした。
[PR]

by taoyao | 2006-09-30 00:00 | ライオンズ(野球)

終了! ★ L4-3M ★ 80勝54敗2分   

2006年 09月 27日

最終戦だってのに急用で呼び出され試合観戦出来なかったtaoyaoですこんばんは。
                      R
ロッテ  000 110 100 0   3
西武    020 000 010 1X  4
勝:小野寺
敗:久保
本塁打:リーファー13号ソロ(ミラー)

---

早いですね。この間開幕した気がするのに、もう全日程終了とは。
結局、悲願達成はなりませんでした。

が、ストレスの溜まる一方だった昨年と比較すれば、遙かに夢を持てた1年でしたね。
貯金26が何よりの証左です。
ソフトバンクも日本ハムも、手応え抜群の素晴らしいライバルでした。
POの前にこれだけ盛り上がりを魅せて、パリーグファンとして誇らしい気分です。

敢えて敗因を挙げれば、骨折の中島をはじめ片岡、細川、栗山ら
終盤に来て主要戦力が次々欠けたこと。
特に細川選手は、抜けてみて初めて、頼れる捕手だったんだなあと分りましたね。
十代の銀は言わずもがな、野田・田原選手らと比較しても、全ての面に置いて
細川選手が居たら……と思うことが多かった。
来年は遂に、最高の正妻が扇の要に座ってくれそうです。
ま、詳しい「回顧録」はまたいずれ。


最後に、今シーズンの確定成績を記して締めたいと思います(自己集計)。
どうぞごゆっくり御覧になって、今年を振り返ってみて下さいませ。


          試合   打率   本塁打   打点   盗塁   特筆の数字 
赤田将吾    124    .293     2    34    16   三塁打7(リーグ最多)
片岡易之    115    .292    4    44    28    盗塁成功率75.7%
中島裕之    105    .306    16    63    14    失策15(リーグ最多)
A.カブレラ    126    .315    31   105    0     打点王(小笠原と同)
和田一浩    131    .298    19    95     3     連続3割は4年で終
石井義人     67    .312    3    16     3     出塁率.394
中村剛也    100     .276    9    29     4     得点圏打率.208 
細川 亨      99    .199    7    26     0     盗塁阻止率46.9%
福地寿樹     91    .289    4    22    25    盗塁成功率73.5%

高木浩之     69    .288    0     7     1     得点圏打率.160
平尾博嗣     76    .231    5    28     1     得点圏打率.290
炭谷銀仁朗    54    .181    3    14     0     捕逸8(リーグ最多)
江藤 智      52    .242    5    19     1     出塁率.349
J.リーファー    49    .252    13     32     0     長打率.601(!)
高山 久      55    .263    2    15     1     自己最多出場
G.G.佐藤      44    .248     4    17     2     三振42(138打席)
栗山 巧      63    .268    2     22    3     得点圏打率.302    
佐藤友亮     64    .222    0     6     9     得点圏打率.294

野田浩輔      7     .267    0     2     0
貝塚政秀     13    .150    0     3     0     
水田圭介     23    .067    1     2     0     唯一の安打が走本
上本達之      7     .143    0     0     0
大島裕行      9     .133    0     1     0     
田原晃司     15    .207    0     4     0


          試合   勝   敗  防御率   投球回  奪三振   特筆の数字
松坂大輔     25   17   5   2.13    186.1   200   被打率.201
西口文也     26    9    9   3.55    177.1   154   四死球率3.75
涌井秀章     26   12   8   3.24    178.0   136   完投8(パ3位)
C.ギッセル    18    6    4   3.96    109.0    85    打率.667
帆足和幸     17    5    2   4.66    75.1    50    被打率.298
A.グラマン    13    4    6   4.26    74.0    50    被本打率1.58
松永浩典     11    3    4   4.21    51.1    46    奪三振率8.06


         試合   勝  敗  S 防御率  投球回  三振  四球 特筆の数字   
石井 貴    46    4   1  0  3.46   38.2   22   8  ホールド23
星野智樹    58    1   3  1  3.93   36.2   39   18   被打率.160
三井浩二    45    4   1  1  1.73   52.0   42  18  被本塁打1
山岸 穣    31    2   0  0  3.20   39.1   45  14 奪三振率10.30

正津英二    23    3   0  0  5.84   24.2   18  19
許 銘傑    19    1   4  0  5.48   42.2   26  19  被本打率1.69
宮越 徹    12    1   3  0  5.30   37.1   22  16
大沼幸二    9    0   1  0  7.62   13.0    9   15  四死球率10.38
岡本篤志    6    0   0  0  7.71    7.0    5   5
田崎昌弘    6    0   0  0 12.46   4.1    4   3  被打率.458
東 和政     5    0   0  0  6.00    9.0    3   1
長田秀一郎   4    0   1  0 10.80   3.1    3   1  被本打率8.1(笑)
小野 剛     1    0   0  0  0.00    3.0    2   3

小野寺力    59    7   3  29  2.82   60.2   52  21  被本塁打2
※被本打率・四死球率=9イニングあたりに換算した被本塁打/与四死球の数

今季出場の無かった選手
河原純一投手山崎敏投手、西川純司投手、後藤光貴投手、松川誉弘投手、
田沢由哉投手、田中靖洋投手、山本歩投手、杉山春樹投手、藤原虹気投手、
張誌家投手

吉見太一捕手、椎木匠捕手後藤武敏内野手宮崎一彰内野手、黒瀬春樹内野手、
星秀和内野手、高波文一外野手柴田博之外野手、松坂健太外野手

(太字は過去に一軍出場経験がある選手)




以上です。
手集計のため、細かいミスはご容赦下さい。

[PR]

by taoyao | 2006-09-27 22:24 | ライオンズ(野球)

采は投げられた ★ L2-6M   

2006年 09月 26日

EXILEの新メンバー募集に応募し忘れてスターダムの座を逃してしまった
残念至極のtaoyaoでございます。
はい一度言ってみたかっただけですごめんなさい。



表題の通り、戦況は不退転のところまで極まりました。
明日はエキサイティングな試合になりそうで何よりですね。
いや、勿論出来れば今日で決してくれた方が心臓には良かったんですが(笑)

しかし水を差すようですが、今日は敢えて苦言を呈したい。
大一番を明日控えているのに、私達がこんなに落ち着いていられるのはやはり、
POという制度の恩恵に他ならないでしょう。
例年のPOの盛り上がりを知っているだけに一概に否定意見は述べませんが、
もしこのシステムが無く、旧来通りレギュラーシーズン=順位だったとしたらどうか?
恐らく明日、パリーグの球史に残る一大決戦になっていたでしょう。
しかし現実を見ると、明日の一戦はPOでのアドバンテージを取るための戦いでしかない。
それが重要なのは間違いないですが、所詮はアドバンテージであり、ひょっとすれば
結局それも水泡に帰すことになるやもしれない。
そう考えると、どことなく興が醒めてしまうんですよね。

今年から1位チームの優位性が見直されたとはいえ、やはり疑問は拭えないところです。
明日勝ってくれることに越したことはありませんが、その反面で心理的クッションが
既に用意されてるってのは、何とも面白くない話です、私としては。
この辺については、意見の分かれるところでしょうかねえ。


ロッテ6-2西武
勝:小林宏
S:神田
敗:松坂
[PR]

by taoyao | 2006-09-26 00:00 | ライオンズ(野球)

高校生ドラフト雑感   

2006年 09月 25日

ここ三日ほど、目の回るような多忙のため更新をサボっていたtaoyaoでございます。
3連戦負け越すというのはここに来て手痛いですが、それでも優勝まであと二歩。
出来れば明日にでも決めてしまいたいものです。

さて、本日は高卒ドラフトでした。
ウチの方はというと増渕投手を残念ながら外してしまったものの、外れ1位でこれも
逸材の木村投手を獲得、さらに当初の外れ1位予定の朱投手も3巡で獲得と、
そこそこ以上のリカバリーショットには成功したと見て良いでしょう。
全体的には80から85点くらいを付けても良いドラフトです。
当たりはずれが激しい西武の高卒投手陣ですが、是非将来の主軸を目指し、
長年にわたってライオンズの屋台骨を支える好選手になって頂きたい。

さて、他球団に目を向けると、堂上が相思相愛の中日というハッピーエンドで幕。
対して一番の目玉・田中投手は楽天、こちらはやや不満顔のご様子か。
そして何より一番のサプライズは、やはり千葉の大嶺横槍・獲得、これに尽きます。
ソフトバンクとしてはよもや大嶺を獲得出来ないという事態はほとんど想定して
いなかったのは疑いなく、居並ぶ他の好素材にも満足に目を向けられぬまま
消極的な指名で会議終了。
さすがにこれには同情を禁じ得ません。まあ大社ドラフトで大隣を指名出来るので、
それで溜飲を下げて頂ければと思いますが。



私はかねてよりこの分離ドラフトには反対の姿勢をとっていますが、今回の楽天のように
プラスに働くこともあるのかな、と一定の見直しをするところです。
というのも、目玉クラスの選手を二人同時に獲得出来るという素地が、これで
楽天には整ったということになる。
好選手独り占めというのは欠点になりがちな一方で、今回のように戦力的に劣る球団に
恵みをもたらす結果にもなり得ます。これはレオ党としては困るんですが、もしも更に
東北学院大の岸投手をも獲得となれば、楽天は今年のドラフト12球団でぶっちぎりの
勝ち組決定です。
まあ、こうして新規球団が好選手を獲得してゆくことで、リーグは一層盛り上がるでしょう。
ドラフトはその点で、下位球団に優しい制度であって欲しい。
勝手ながら田中投手には是非楽天に入団してもらって、楽天を夢舞台へ持ち上げてゆく
その旗手の一人であって欲しいと願うところでございます。


明日からは再び現実の方へ目を引き戻されますが、未来を夢見る今日のドラフト会議、
ひとまず最悪の結果は免れたかな、という印象です。
月並みですが、皆様未来の球界で末永く活躍する選手になって下さい。
期待しております。
[PR]

by taoyao | 2006-09-25 00:00 | ライオンズ(野球)

負け ★ L2-4E   

2006年 09月 24日

しかしハム・鷹にお付き合い頂きM2!
[PR]

by taoyao | 2006-09-24 00:00 | ライオンズ(野球)

勝ち ★ L5-4E   

2006年 09月 23日

この勝ちは大きい!
[PR]

by taoyao | 2006-09-23 00:00 | ライオンズ(野球)

ライオンズドラフト   

2006年 09月 22日

今年大学No.1右腕と目される東北学院大の岸投手が、どうやら西武確定の情勢です。
俗に言う目玉投手から長らく見放されていた西武にとって、久々の大物獲得の予感です。

某所で動画を拝見しましたが、しなやかな腕振りから良いストレートを投げてますね。
スライダーも抜けなければキレが良く、やや荒削りっぽいながら雰囲気としては
往年の郭、或いは西口を彷彿とさせる傑物です。
技術評論家じゃないので突っ込んだことは書きませんが、この手の投手はやはり
西武代々の十八番ですね。
キャンプでの成長次第では、一年目からそこそこの数字を見込める逸材と拝見しました。



大学の大物獲得となると96年の高木大成さん以来ですかね。
聞くところによれば岸投手、これもまたなかなかのイケメンだとか。
フフ、これは色々と楽しみでございますなあ。
ツバつけとこうかなあ(笑
[PR]

by taoyao | 2006-09-22 09:10 | ライオンズ(野球)

負け ★ L0-1E   

2006年 09月 22日

相手投手が良かった。仕方ない。
[PR]

by taoyao | 2006-09-22 00:00 | ライオンズ(野球)

「自由な社会」に生きる者として。   

2006年 09月 21日

都教委の国歌斉唱強請は違憲 東京地裁が判決


入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制するのは憲法で保障された思想・良心の自由を侵害するとして、東京都立高の教職員ら約400人が都教育委員会を相手取り、起立や斉唱の義務が存在しないことの確認を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は「強制は違法、違憲」と判断し、起立や斉唱の義務がないことを確認したうえ、一人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じる判決を言い渡した。
(毎日新聞)



-----

例えば上から押しつけられた思想や制度を疑いもなく受け入れていた時代に比べれば、
個人の思想の幅、或いはそれを許す社会の度量も順当に高まってきたのだなあという
印象を受けます。しかし社会にあっては、必ずしも我を通しきるのが正道でもなく、
郷に入っては郷に従うもまた社会の一常識として捉えられます。
私個人の意見は比較的後者に傾いた論なのですが、ひとまず客観論としては、
この対立を支える主論点は、以上の二つに大別出来ると見て間違いないでしょう。

日本にいるから君が代を受容すべきであるというのは暴論に過ぎ、また君が代を
気に入らないからと言って集団行動を掻き乱すのも短慮と言わざるを得ない。
結局のところ水掛け論の繰り返しになるのかもしれませんが、水掛け論だからこそ
今回国が一応の態度表明をしたことは、軽からず意味を持つものと私は判断します。
地裁レベルとはいえ、国家であろうとも強要は許されないと判じた、それが紛うことなき
国の姿勢ということになりましょう。
無論この裁判が結審を見るまでは、結論を出すのは早計ということになりますが。



子供は子供なり、大人は大人なり、教師は教師なりに考えて行動し、
それぞれがそれぞれの意見を持って然るべき。そういう時代になれば良いと思いますね。
先生に教えられるままに前へ倣い、教科書に書いてあるまま歴史を暗記するという
今までの子供に比べれば、何倍も健全ですよ。
煎じ詰めて言えば恐らく、「頭の悪い奴はもう生き残れないよ」ということなんです。

日本人と言っても人間ですから、君が代や日の丸に対して思うところは十人十色、
千差万別で然るべきです。画一的な制限を設ける方がどだい難しいというのは、
説明するまでもない自明の理でしょう。
大事なのは、様々な事柄について妥協せず自分でしっかり考え、意思を持つこと。
簡単に右顧左眄しないような、骨のある思考を常に胸に持ち続けること。
難しいことではありますが、これは大人のみならず、これからは子供にも要求されてゆくと
思います。情報の絶対量が変化し、思考の「材料」は雑多世間に跋扈していますから、
子供といえ簡単に流されるようでは、直截に言えば「バカ」な人間に成り下がってしまう。
鬼胎を抱くところでもあり、また反面感心するところでもあります。



国は、「押しつけるのはダメ」と判断しました。これは同時に、誰も正解を教えてくれない
社会になる、ということを意味しています。
子供も大人も一緒です。自分なりの“正解”を持っていてこそ、「思想の自由」の
社会に生きる者として、相応しい人間になれると思います。
君が代で着席した教師に共感するか、憤怒するかは我々の自由。
今回の記事の趣旨を踏まえ私個人の意見は書きませんが、私もまたしっかり考えて、
自分なりの考えを持つ労苦を厭わない人間でありたいと思っております。
[PR]

by taoyao | 2006-09-21 21:39 | ニュース

痛み分け ★ L6-2H   

2006年 09月 19日

久々に腰を落ち着けてネット観戦していたtaoyaoでございます。



ミスや拙攻もありましたが、今日こそはこれを言いましょう、今は結果が全て
とにかく勝てば何でも良いです。
気にすればいくらでも反省点は出てきますが、それでも主砲が4打点+エース完投で
文句を言うのも贅沢でしょう。
目下の敵に対して、非常に良い勝ち方が出来たと思いますよ。働くべき人が働いて。

振り返ってみるとやはり片岡選手が居なくなったのは大いに痛いんですが、
その分ベテランの高木選手が頑張ってくれておりますね。
今日はミスもありましたが、やはり守備においては並み居る他のライバル達に比べ
一日の長がありますから、投手もバックを信頼し安心して投げられるというモノです。
地味に打撃でも貢献するところ大なので、なかなかに心丈夫ではありませんか。
ベテランが台頭するたびにこれを書いてる気もしますが、豊富な経験を生かして
チームを縁の下で支えて頂きたい。期待しております。



なお専ら気にかかるのはズレータの打球が当たった松坂の右手なんですが、
その後1イニングを見事に抑えたので大丈夫でしょう。というかそう思いたい。
今松坂に抜けられたら、もうメディア一切を隔離して11月まで山奥辺りで幽居しますよ。
松坂のみならず、選手皆様くれぐれも御身体には気をつけて下さいまし。

                      R
ソフトバンク  000 001 010  2
西武       012 000 12X  6
[PR]

by taoyao | 2006-09-19 23:33 | ライオンズ(野球)