<   2006年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧   

体罰は必要。   

2006年 04月 30日

刑期終えた戸塚校長が会見「体罰は教育」



結論から言って、タイトルに有るとおりが私の考え。

怪我するほど殴れとは言わない。しかし拳骨もダメ、平手打ちもダメ、
机を叩くことさえ「示威行為」として禁止となっては、どうやって教えろというのか。
人権だ何だと難しいことを言っては、子供にとって都合の良い環境が大人によって
拵えられていく。だけど子供達は何にも知らない。
痛い目に遭わなくなるのを、そして「じんけんしんがい」という切り札を手に入れたことを、
ラッキーと喜ぶだけだ。

子供が受け取る「教え」の質を、大人の定規で測ろうとするからおかしくなる。
子供の人権を認めないではないが、言葉だけで理解出来るほど小学生とは
頭の良い生き物ではない。
それは、教育現場を作っていく大人達の方が、子供以上によく分かっている筈だ。
現代の多くの大人達は口々に言う、「叩かれて理解したことも沢山ある」と。

子供達が間違った教育を与えられないために、大人は子供の人権に眼を光らせるという。
そしてその結果生まれたのは、大人を舐めている子供達ばかり。
子供を高慢・尊大な人間にしてしまうくらいなら、「人権」の盾に守られた体罰排除など、
一体何の価値があるというのか。
社会に通用する躾を備えた人間の育成、その為に多少の体罰を使うということは、
本当に「人権侵害」といえるのだろうか?

ただ暴力だ許されないだと杓子定規に騒いでいる人には、もう一度、視点を変えてから
考え直して頂きたい。
本当に「子供を想う」教育とは、一体どういうものを指すのかということを。
教育とは今日を充足させる行為ではなく、遠い未来への準備行動なのだということを。




<附記>
ただし。私は戸塚校長を擁護する気も毛頭無い。
死なせるほどの体罰はどう考えても行きすぎだし、そんな事件を起こした上で
「体罰は教育」などと社会に発信するあたり教育者としての神経を疑う。
自分の発言が残された人に与える怒り・悲しみを酌んでやることが出来ない人間に、
どっちみちまともな教育が出来るとは思えないですね。

教育より教育信念を重視する教師に、ロクなのはいません。
教える相手より自分の方に目が行っちゃってるんですから。
[PR]

by taoyao | 2006-04-30 18:06 | ニュース

案の定 ★ L2-3B   

2006年 04月 30日

見てない試合は負け。
私が一プレイも中継を見れなかった試合、これで1勝5敗。
負け試合を見ずにすんでるのは、良いことなのか悪いことなのか。

話を聞く限り、最終回和田選手の走塁ミスが勝敗の決め手?
こういう時こそベテランがしっかりしなければいけないのに。

そして10代バッテリー、よく頑張ったみたいだが、3勝目とは行かなかった。
ただ打たれこそしたものの、涌井投手はどうやらフロックでなく、確実に戦力として
計算出来るようだ。調子が悪くてもまとめるあたり、完全にローテPとして一本立ちした感じ。
対照的に炭谷選手、これでここ7試合16の0。外野に飛んだ打球さえ今日の二つだけ。
守備はそこそこ通用しているだけに悩み所ではあるが、そろそろ「時」が迫っている気が…。


西武2-3オリックス
勝:川越
敗:涌井
S:大久保
MVP…見てないので何とも。
[PR]

by taoyao | 2006-04-30 17:47 | ライオンズ(野球)

あらら ★ L0-7B   

2006年 04月 29日

こりゃ完敗ですわね。
という言い方をするのも、所用で観戦出来なかったのです。
これで私が1~9回まで全く観戦出来なかった試合は今年1勝4敗となりました。

そして明日も観戦不可能っぽいです。
やばいかも。

というわけで今日は戦評書けませ~ん。

L0-7B
勝;平野
敗;西口
[PR]

by taoyao | 2006-04-29 00:00 | ライオンズ(野球)

伝説 ★ L8-6E   

2006年 04月 28日

松坂の負傷、タイムリーエラー…
悪い方へ悪い方へと流れていた試合を変えたのは、一人の男のたった一振りだった。
鬱積したもやもやを、一瞬で、豪快にひっくり返してしまった。

カブレラが入団してからの3年、見たことのないパワーで次々と本塁打を叩き込む彼に
私は熱狂しまくってきた。
しかし近年、忌憚なく言うと、彼は「並の」助っ人選手に成り下がったという印象だった。
普通にミスショットもするし、ホームランも普通だし。
だんだんとカブレラが、特別な存在ではなくなってきていた感があった。

だが違っていた。
今日の試合を見て、やっぱりまだカブレラは「カブレラ」であると、再確認した。
重い空気が漂う試合を、その豪快な一振りで全て変えてみせる、見事なスター性。
日本シリーズ岡本からの逆転満塁弾、三浦からの190メートル弾、シーズン55本塁打など、
誰にも真似出来ないドラマに関しては枚挙に暇がないカブレラ。
その伝説に、新たな一ページが加わったことは間違いない。

天性のヒーロー性、天下無双の実力。
西武ライオンズには、「味方で良かった」「この人がファンチームにいてくれて良かった」という
選手が沢山いる。今日降板した松坂もそうだ。
素晴らしいドラマティックなこの試合を、ファンとして見ることが出来たことを本当に嬉しく思う。
プロ野球ファン、西武ファンをやっていて、良かったと思わせるひとときだった。


                  R
西武  002 100 500  8
オリ   300 120 000  6
勝:正津
S:小野寺
敗:加藤
本塁打:中村ノリ5号(2ラン・松坂)中村おかわり3号(吉井)GG佐藤4号(吉井)
     カブレラ6号(満塁・加藤)   本日の私的MVP…カブレラ


隠れたMVPGG佐藤
同点本塁打もさることながら、何より5回塩崎の右安打からのバックホーム。
ワンバウンドのストライク返球で、7点目を与えなかった。
3点差と4点差は、満塁弾一発で引っ繰り返るか返らないかの違いだとよく言われる。
つまり、反撃ムードが高まるのと萎むのとの境界線ということだ。
結果的にその満塁弾が出て、チームは逆転。劇的な勝利を呼んだのは、西武を首の皮一枚
土壇場でつなげたこのGG佐藤のプレーだったと私は思う。



5回途中、負傷降板の松坂投手。心配だが、降板後もベンチに留まり、カブの満塁弾を
笑顔とハイタッチで迎えるなど、そう深刻ではないようだ。
なんなら1回ローテを飛ばしてでも、ゆっくり完全に治して下さい。

カブの本塁打であらかた吹っ飛んだとはいえ、反省点も大いにある試合でした。
積極的に動いていく姿勢は良かったが、1回からバントもせず2つの盗塁はどうか。
どちらも浅いカウントから仕掛け、結局失敗に終わった。
その裏に、オリックスが落ち着いた攻撃で3点を奪ったのとは対照的だった。
機動力野球も良いけれど、結果論でなく、あまり序盤から博打を打ちすぎるのも……。

リリーフ陣は、カブの劇打を無駄にしないという意志が表れるかのように、
全員危なげないリリーフを見せた。
劇的な一打を本当に劇的な殊勲打として終わらせられるということ、これは強いチームの証。
反省材料もあるながら、こういう試合があれば今後も大いにノっていけそうだ。


いやはやそれにしても。満塁の場面で
「○○に代わりまして、代打・カブレラ

これホントにもう反則だよなあw
[PR]

by taoyao | 2006-04-28 23:19 | ライオンズ(野球)

大学でレポート作成中につき   

2006年 04月 27日

本日付の更新はお休み致します。
このブログといい、SS書きといいレポートといい、
本当に自分は文章を書くのが好きだなあとつくづく。
[PR]

by taoyao | 2006-04-27 00:00

出会い頭。 ★ L3-2E   

2006年 04月 26日

「振ったところに投げてくれて良かった」by伊東。
そりゃちょっと酷すぎます監督w

試合は完全に劣勢、しかもライオンズは打線の状態が最悪。
しかし帆足投手、更に後を受けた投手が踏ん張り、最少リードで勝利した。
松西帆涌グの5人がしっかりしているお陰で、これだけ落ち込んでいる打線でも
5分ペースで行ける。
水物の打線と違い、やはり投手が良いというのは大きい。

注目は、文化放送ラジオ、同級生・岩本元投手の解説で紹介された、石井貴投手。
入れ替わり激しいブルペン陣にあって、彼ほど経験豊富な投手が控えていて、
尚かつきちんと結果を残しているというのは、非常に心強い。
投手陣を影で支えている。



去年は先発降板の後まともな投手がおらずそのまま二桁失点という惨状を、
特に日本ハム戦でしょっちゅう見かけたのに。
今年は心なしか、豊田・森が居た去年よりも安定している。
投手が良いということ、野球では本当に大切なことだ。

                   R
日ハム  110 000 000  2
西武   000 110 10X  3
勝:三井
S:小野寺
敗:ダルビッシュ
本塁打:細川1号(ダル) 石井義1号(ダル)

本日の私的MVP:石井(義)
            …本文ではあんな事書いたけど、それでも今日はこの人が居なければ
            2-1で負けていた。
            まさにMVP。
[PR]

by taoyao | 2006-04-26 00:00 | ライオンズ(野球)

「うんてんしゅさん」   

2006年 04月 25日

JR西日本尼崎脱線事故から1年

あの事故の日、私は大学の講義が休みで、家でリアルタイムのニュースを見ていた。
見たことがないほど変形した車体は、最初日本の光景ではないと思ったほどだ。
結果、見たことがないほどの犠牲者を出して、日本に大きな問題を提起することになった。

あれから一年。
自分の身に置き換えて犠牲者の冥福を祈り、
JRの対応の拙さに怒りを覚え、
一方で事故現場のマンション住人の焼け太り狙いにも憤り、
色々と思いめぐらせながら、気が付けば今日で1年になった。



JRの変化は、一般市民の目にはなかなか見えては来ない。
本当にあの事故が2度と起きないJRになったのか、それは誰にも分からない。
今日も鉄道は日本中を走り、誰もが当然のように利用しているけれど。

高見運転士の心境の問題が、事故直後マスコミに大きく取り上げられた。
人を運んでいることより自分の身のことを考えてしまうような日勤教育の存在、
それがJRの大きな体質問題として、バッシングを浴びたことを覚えている。

この日を狙ったのかは分からないが、JR西日本の運転士が今日、日勤教育のかどで
同社を集団提訴した。
形としては精神的苦痛の慰謝料、だが、金の問題でないことは明らかだ。




鉄道の運転士という職業は、多くの子供がきっと一度は憧れたことのある職業だろう。
大きな電車に沢山の人を乗せて動かす。彼らは子供達にとって、夢の職業だ。

大勢の命を預かる人間を精神的に追いつめるような、そんな原因を取り除いていくこと。
そして一人ひとりの運転士が、命を預かる誇りと責任をもつこと。
常に誰かの憧れや命の鼓動を、忘れず感じられる職場であって欲しい。

二度とこの事故を繰り返さない日本になっているのか、私は期待と同時に、不安でならない。
[PR]

by taoyao | 2006-04-25 23:50 | ニュース

L1-2F   

2006年 04月 25日

ニュースの話題で重い話を扱っているので、今日は野球についての話題は自粛。

L1-2F
勝;リー
敗;グラマン
本塁打;森本
[PR]

by taoyao | 2006-04-25 23:45 | ライオンズ(野球)

よりによってこんな日に ★ L2-0E   

2006年 04月 23日

バイトで試合を見なかった日に、涌井がプロ初完封とな。
巡り合わせを天に恨みつつ、再放送で現在観戦終えたところ。

今日のMVPは紛れもなく涌井だが、その涌井に勝ち星をつけることとなった中島の本塁打。
この殊勲打を呼んだ要素として、私は片岡選手を本日の隠れたMVPに挙げたい。
直前1死2塁で佐藤は中飛。しかしこの時片岡選手はしっかりタッチアップ体制を取り、
抜け目なく三塁を陥れた。
インチェは制球、特に変化球のそれが完全にバラバラだったため、これでインチェ(藤井)は
暴投の危険性がある変化球を選びにくくなり、結果直球を続けざるを得なくなった。
そして中島がとらえたのは、コーナーを突ききれなかった甘い直球だった。

結果的に2点本塁打で表面上は一緒でも、隙のない走塁は必ずどこかでプラスに働く。
こういう野球を続けていければ、数字以上に強いチームが出来上がるはずだ。

                 R
西武 002 000 000  2
楽天 000 000 000  0
勝:涌井
敗:林英傑…登録名、「インチェ」より「英傑」にした方が格好いいと思うんだが、どうか。
本塁打:中島4号(2ラン・林)
本日の私的MVP…涌井
             まあ文句なしでしょう。ボールは直球変化球共に素晴らしかった。
             その上であれだけコントロールされたら、どこの打線でも打てない。
             最後まで2点差という状況が、実はプラスだったのではと予想。
             初完投の9回、1点では緊張するし、3点では気が緩むし。
             何はともあれ、あの球を見る限り、初完封など通過点という気さえする。
[PR]

by taoyao | 2006-04-23 00:00 | ライオンズ(野球)

案の定。 ★ L0-1E   

2006年 04月 22日

調子最悪で再三チャンスをくれる朝井を、ことごとく雑な打撃で助けてしまった。
あれだけ沢山チャンスを貰ったのに、結局スコアボードにはゼロだけ。
昨日取れぬ筈だった点をガッポリ取ってしまったことと、無関係だとは絶対に言えないだろう。
これだけが心配だと昨日書いた不安が、見事に的中してしまった。



私見でのターニングポイントは6回。
それまで再三好機を潰し、またも巡ってきた2死1,2塁で、打順は前2打席タイミングが
全くあっていなかった高木。
采配は、代打無し。結果、セカンドゴロでまたしても得点に結びつかなかった。

結果論でなく、ここは代打で勝負をかけるべきではなかったか。完全に停滞している打線に
着火するには、可能性を考え積極的な選手起用で流れを変えていこうとしなければ。
まして選手層が厚いのだから、尚更だ。
終盤ようやく石井は代打で出てきたが、9回1死走者無し、一点ビハインドの場面だった。
最早イチかバチか一発狙いしかない場面。使われ時として、明らかに時機を間違えていた。

6回の好機で勝負をかけきれず、9回一発頼みの展開でとってつけたような代打。
6回高木に代打石井、最終回細川の代打には右同士ながら一発のある江藤、という采配は
無かっただろうか。その方が幾分か、私はスマートな気がする。
打つべき手を打たずに負けた、そんな気がする試合だった。



西口は責められない。悪いなりに、経験豊富なマウンドさばきで必死に堪えていた。
ただ決勝本塁打の場面、終盤0-0で一発だけが怖い場面。そこで初球内角直球から
入るというのは、非力打者とはいえ余りに軽率すぎたように感じた。
それだけが唯一、悔やまれる。あれは、防げる失点だったのではないかなあ。


L0-1E
勝:朝井
敗:西口
本日の私的MVP…鉄平


素人の采配講釈ほど虚しい物はないが、それでも言わずにはいられない、今日の試合。
[PR]

by taoyao | 2006-04-22 16:47 | ライオンズ(野球)