カテゴリ:私心( 70 )   

明けましておめでとうございます   

2010年 01月 11日

 更新するたびに「更新死んでてすみません」と謝罪してる気がしますが、更新死んでてすみません。断じて忘れている訳ではないのです。ただ最近は別所での活動に専念してまして……
 こちらももうちょっと更新出来れば良い気がしますが、ニュースについて語るの中心――というコンセプトが基本的に今の私のスタンスと合わなくなっているのが一番問題な気がします。
 さりとて日常の面白いネタで、ってのもなぁ……
 
 周囲でニュースに腹を立ててる人は沢山いますね。あれとかこれとかそれとか。
 ただまあ、私の明日の幸せに直結する問題が果たしていくつあるか? と考えると、それらを語る気もかなり失せるときたものです。
 もうちょっと自分自身うまく時間とやる気と社会性を上手に使うことができたら、社会や政治が変わらなくてもそこそこ生きていける。本当に自分への言い訳が無くなってから、政治批判でも何でもすれば良かろう。

 ◆

 というある種の物臭が働いて、こちらが閑散としている次第です。
 というか、やりたいこととやるべきことが両方とも大量にあるので社会なんて気にしていられない! といったところでしょうか……

 ◆

 お正月には高校時代の友人と同窓飲み会をしてまいりました。
 してまいりました、以外に書くこともないのですが、はたと学友達の近況を聞けば世界が少し時間を戻したようで、気持ち良い話の種になるもんです。
 うう……私自身もうちょっと中学高校時代を有意義に過ごしていれば、今できることももっと沢山あったはずなんですが……基本的に義務的なことはなにもしたがらなかったタイプだったからなぁ。
 自由時間を削られたり、時間を縛られるのが何より嫌いなタイプでした。
 その割に自由時間を有意義に使っていたかと言えばそうでもないんですが。

 ◆ 

 学生といえば、今日は成人式だそうです。
 こういうメルクマール的な内容を一個入れておかないと、三週間くらい経って適当に巡回してた人が踏んづけた時「おお、最新日記だ!」と誤解される恐れがあるのでね(←三週間以上更新しないことを想定している)

 成人式に出るべきか出なくても良いか――周囲の人はどっちの意見にしても口うるさく言いますから鬱陶しいですよねえ。中には「お前が自分が大人だと思うなら出なさい、そうでなければ出なくて良い」とか偉ぶってお説教たれる人まで居て、鬱陶しいわ!w となる。
 出るべき! 出なくても別に良い! と外野からとやかく言われる時点で、成人として扱われていない状況に辟易する人がもっと沢山出てくればと思いますね。俺は成人なんだから俺に決定させろ! と気骨を持つのも良いですし、俺はまだ未熟だから外野の意見を受容しよう、と思う新成人が居たらそれはそれ。謙虚で良いじゃないですか。
 すべからく、自由であるべきなんですよ。

 女の子さんに関しては、振袖姿を見せるのが親孝行ばあちゃん孝行の一つだ――ってな意見があってそれも尤もだと思いますが、まぁそこもご自身の判断に任せるということで。
 そういうこと言ってくれるご親族がある女の子は、何となく幸せなんだろなーと夢想しますけども。

 ◆

 遊んでばっかなのが子供で遊ばないのが大人、というわけじゃないんですよ。大人だって、ずっと遊んでばっかです。仕事さえも突き詰めれば遊びに満ちている。
 子供と大人の差は、遊ぶのが上手か下手かです。
 子供はただ遊ぶのが下手なんですよ、成人式で暴れてお縄につく人達も、いつまでもあんな下手な遊び方しか知らない訳じゃない。
 20歳にもなって恥ずかしい、という大人の方々のお叱りはごもっとも!! ……ですが、子供の背丈と同じように成長には差異があるもの。その人のことを知りもしないで、遠いところの新成人を嘲笑したりするのも、本当は上手な遊び方じゃないと私は思いますよ。謙虚であれという意味ではなく、もっともっと自分の好きなことだけに目を傾けて往きたい。
 それが本当の趣味人。本当の大人。そうなれれば――真実、それが格好良い大人だろうなと思っています。

 ◆

 それではまた次の更新でお逢いしましょう……
 次はいつになるんだろう……
[PR]

by taoyao | 2010-01-11 15:29 | 私心

ばら公園行ってきました。   

2009年 05月 26日

 広島県福山市。
 この日曜日に日帰りしてきましたー。
 写真だけ。



f0029842_21492693.jpg


f0029842_2151555.jpg


f0029842_21553127.jpg


f0029842_21512173.jpg


f0029842_21513688.jpg


f0029842_21541661.jpg


f0029842_21542777.jpg


 
 前の週にやってたバラ祭りとかいうのはちょっとマーク外でした。
 今回も家族の所用にくっついていっただけなので……。
 そして現地でやることがなかったので、私だけ観光していたという塩梅。うわわ外道ー。
[PR]

by taoyao | 2009-05-26 21:52 | 私心

ホーランエンヤ(島根県松江市)   

2009年 05月 17日

 十二年に一度だけ開催される日本三大舟神事の一つ、「ホーランエンヤ」に行ってきました。
 せいぜい倉吉駅のポスターが寂しく独りぼっちで貼られているのを見かけただけでしたが、せっかくの貴重かつ大規模なお祭りに出掛けない手は無いということで行脚。あんまり若い人は居ませんでしたが、当の祭の主役は実は若人なのですよ。


f0029842_19315953.jpg


f0029842_19312593.jpg
 

f0029842_19322927.jpg



 もう一方のエントリではきちんと由来を書かなかったので、暇つぶしにこちらではある程度列記。

 かつて凶作に頭を悩ませた松江藩の藩主が、お膝元に祀られていた神社の神様(御神体)を、宍道湖から流れ出る川で二十キロばかり離れた別の神社へと船でお運びし一時的にその居所を移動、すると五穀豊穣の祈願が見事に成就。以来、十年(現在は十二年)に一度、「お出かけ」祭を企図するようになった――
 貰ってきたパンフレットを要約するに、以上が掻い摘んだ由来のようです。
 そして現在に伝わる祭の華、櫂伝馬船(かいでんません)という飾り船の上での勇壮な舞。
 何度目かのお祭りとなった明治時代初期、御神体を乗せた船が荒天に遭い危うくされたところで、地元の船が曳航し無事送り届けた――というのが最初だそうで。要するに、後から加わった行事だそうな。

f0029842_19324659.jpg


f0029842_1933545.jpg


 
 人出は新聞発表で13万5千人。巡航する河岸を埋め尽くした人垣は壮観でした。
 前回、つまり1997年の開催時に人出がどうだったかは知りませんが、今年はETCの割引(……突然現代に引き戻し失礼……)も奏功したのかと。
 前回の人垣には恐らく無かったであろうケータイカメラの群れやデジタル一眼の砲列とか、景色を想像して見比べてみれば実感できる「十二年に一度」の重み。
 その辺も、お祭りの神秘性に一役買うスパイス。

 想像以上に絢爛豪華で、大規模ななお祭りでした。
 見応え充分で、行って良かったと思えるイベントです。 
 今回5月17日の行きがけ(渡御祭)に続き、来週5月24日には帰り道(還御祭)が開催され、再び写真のような櫂伝馬踊(かいでんまおどり)が見られます。
 船神事という、川を舞台にした特殊性に加え日本の伝統と「ハレの日」の華やかさ、雄麗さや荘厳さや一種の神々しさをいっぺんに体験できるイベント。
 近場の人は是非、足を運んでみられると良いかと思われます。


f0029842_1933306.jpg


f0029842_19334377.jpg

[PR]

by taoyao | 2009-05-17 19:46 | 私心

桜写真   

2009年 04月 17日

■津山城址
 12日の日曜日に探訪。
 既に散り始めでしたが、ハイキングに宴会にと地元民で大賑わいでした。
 多くの屋台も軒を連ね、桜の名所というよりは花見の名所といった趣。

f0029842_23333085.jpg





■後楽園
 小学校時分の修学旅行以来、実に12年振りの後楽園。
 当時は岡山城が大修復でヴェールに覆われており、見ることができませんでした。黒く聳えるその姿を、直接目にしたのは初めてとなります。

f0029842_23335744.jpg


f0029842_23341199.jpg




■醍醐桜
 今回のエースとして赴いた場所。
 岡山県は真庭市の、人里離れた山奥にあります。丘の上に佇む一本桜は、都会と完全に切り離されて情緒溢れる最高の場所。
 しかし都会から離れすぎて車でしか行くことが出来ず、しかも細い山道一本とあって大渋滞。私は朝8時半に到着したものの、2キロ以上続く山道を全部車が埋め尽くしている大惨状。
 有志の駐車場が目の前で朝を迎えたためそこに駐車という僥倖に預かり、私は徒歩で醍醐桜までの道のりを踏破しました。
 2キロの山道。
 よほど若気の至りとかでもない限りお勧めしません。40代以上だと既にかなり厳しいレベル。
 ただ、車で目指そうとすると朝8時到着でも3時間前後の渋滞を覚悟せねばなりません。究極の選択。

f0029842_23415524.jpg


f0029842_23433366.jpg


f0029842_23441927.jpg


f0029842_2346468.jpg





■姫路城
 白鷺城の異名は、桜の薄紅色と抜群の相性。

 ここまで24年間の人生にして、実は初めてとなる姫路城見物でした。近いところに住んでると、意外に行かないもので。同じく初めてという母親を引き連れて、朝9時前に車で乗り込んだらば人は居なくて空いてるわ晴天すぎる晴天で写真がバチバチ当たるわで最高すぎました。
 どこから切り取っても絵になる城ってのはほんとにすごいと思います。
 流石、日本の城の筆頭格。
 
  若干の朝寝坊のせいで、本来京都府の醍醐寺を予定していた旅程を急遽変更したこの場所。それが今回、結果的にエースでした。
 醍醐桜が期待はずれだったのではなく、純粋にこちらが圧倒的すぎただけ。
 人が混み始める時間帯には撤退。存分に楽しめ、まことに理想的でした。

f0029842_23513842.jpg


f0029842_23555078.jpg


f0029842_23592075.jpg


f0029842_23562140.jpg

[PR]

by taoyao | 2009-04-17 00:03 | 私心

近況報告   

2009年 02月 20日

 お肌の曲がり角が30なら、
 心の曲がり角は22とか23とか、その辺かしら。

 忙しくなってくると、遠くが見えなくなって近くばっかり見るようになる。
 今日が明日に繋がらない。
 聞き古した曲をエンドレスリピートしてみたり、
 手遊びみたいなテレビゲームで20分ずつ浪費してみたり、
 短いサイクルの娯楽を寄る辺にして、無益の小間切れになった一日が次々終わる。
 新しい刺激が、いつまで経っても増えてゆかない。
 今日という日をエンドレスリピートしているだけで季節が終わる。

 休日さえもどこか作業みたくなってゆく中で、
 昨日と一昨日がいつになったら別物になるのかよく分からない。
 それが嫌だから必死で歩いているつもりなのに、ルームランナーみたいに同じ所を漂ってる。
 偶発的な心の日曜日がごくたまに現れるけど、おみくじの大吉みたいなもの。
 実態のない末吉を延々引き続ける毎日だから、そりゃそういうのも非日常にもなる。
[PR]

by taoyao | 2009-02-20 23:16 | 私心

あけましておめでとうございます。   

2009年 01月 03日

 現時点で年賀状をまだ書いていません。

 ……どうしよう!



 というわけで本年もよろしくお願いします。
 もうちょっと頻繁に更新してゆきたいと思いますが、新年の挨拶が三が日の残り3時間を切ったところでようやく――という状況は見通しの暗さを雄弁に物語ります。
 本当にもうちょっと頑張りますので……

 それでは今年もお互い元気で過ごしましょー。
[PR]

by taoyao | 2009-01-03 21:14 | 私心

ひまだ。   

2008年 12月 24日

 ひまですねえ……。


 ところで今日何の日かおもいだせない。



 ひまだ……
[PR]

by taoyao | 2008-12-24 21:22 | 私心

今日の出来事。   

2008年 12月 13日

 白いクリームが入ったどら焼きを食べたら、緑色の斑点があった。
 具かしらとそのまま食べて、次の斑点をよく見たらカビだった。

 いやですわもう。
 おなか大丈夫っぽいですけど。
[PR]

by taoyao | 2008-12-13 20:14 | 私心

少しは更新しろっ!   

2008年 12月 03日

 放っておくと完全に放っておいてしまうから困りますね。
 やる気だけは十分あるんですが、ネタがないのと時間がないのと、どうにもmixiにかまけっきりになるのとで。

 とりあえず近況報告。
 本日で24歳になりました!

 私生活では内定先が何か不穏な動きを見せてるけど多分大丈夫だろうと楽観してたり、目下現在の職が暇になったり忙しくなったり、車検で10万円くらい飛んでウボァーってなったり、ニコニコ動画で音楽を流しながら相変わらず半死半生の余暇を過ごしてたり、だけど実はそれなりにクリエイティブな日々を送っていたり、そんな感じです。
 あ、あと

f0029842_074255.jpg


 地上波デジタル対応の液晶テレビ買いました。時代の進歩はすげえな!
 いや、クイズ番組に参加とかはしませんけど。
 というか現状ニュースくらいしか見るモノが無い。
 ここ1年コナンも行列も観なくなってしまったし……

 あと福岡県の地方イベントに参加して、青春恋愛小説の短いのを書いて同人誌出したりしてました。知人との合同でしかもコピー本ですが。
 また恥ずかしいモノを書いてしまった。
 あ、あとそれから

f0029842_23592486.jpg


f0029842_23593756.jpg


f0029842_004795.jpg


f0029842_23595679.jpg


f0029842_001226.jpg


f0029842_003043.jpg


f0029842_01892.jpg


f0029842_022323.jpg


f0029842_023485.jpg


f0029842_024574.jpg




 今年も京都はしっかり行ってきました。
 上からおおまかに永観堂、貴船神社、大原三千院、真如堂、蓮華寺……かな?
 三千院は初めて行きました。早朝行ったら道もバスも空いてて、10時半頃帰ろうとしたら対向車線が長蛇の列でした。
 早朝に行くに限りますね大原。完全に憶えました。

 現在は信じられないくらい散らかってしまった部屋の片付けについて何とかメドを立てようと策を練りつつ、本を読んだり書いたりの作業に没頭中です。
 私が同人誌書いてることを隠す必要がある人も少なくなってきたので、だんだんおおっぴらに書くようになってしまいましたねっ。
 
 というわけで近況報告でした。
[PR]

by taoyao | 2008-12-03 23:53 | 私心

夏と花火と私の死体   

2008年 08月 11日




 思えばそんなタイトルの本を買うだけ買って本棚に突き刺してあったような気も。
 よく訓練されている人はそれを「積み本」というそうな。
 
 積み本だけは豊富なので相変わらず上辺だけの読書家を繕っておりますが――
 花火大会皆々様お疲れさまでしたの巻。
[PR]

by taoyao | 2008-08-11 00:00 | 私心