名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)   

2008年 04月 26日

 この金曜の夜に観てきました。
 意外と面白かったです。「意外と」というのは宣伝時点で大して面白そうじゃなかったのと、
ここ数年「面白いけど……けど……」みたいな、満点をつけきれない作品が連続していたからです。
 なんだかんだでコナンの映画は毎年観ているのですが、今年の作品は過去数年の中でも
一番に気に入りました。

 粗探しをすればたくさんあるのですが、「音楽」の力、美しさをきちんと表現しそれをストーリーに
絡めていて、印象は随分良かったです。スケールの小ささやリアリティの低下は否めませんが、
要所要所のシーンではすごく引き込まれました。敢えて全員が活躍するのではなく少人数が
見せ場を作ってゆくのも、最近の「お約束」を覆していて良かったと思います。全員に見せ場を
用意しようとすると、よほど上手くない限りどうしても歪みが出るので。

 ホールの静けさと外の事件、隣接した場所での密室空間という、一風変わったこの構図は
面白かったです。その両面での動と静の対比など、上手く描かれていたと思います。
 子供さんには益々退屈な映画になっている気がしますが、今のコナンファンの年齢層を
考えると、こういう作りの映画が一番良いんだろうなと思いました。現に私も楽しめるので、
ぜひこの路線を今後踏襲してもらいたいなーと願います。


 エンディング曲はZARDの「翼を広げて」。
 映画のテーマと現実がシンクロして、何とも名状しがたい寂寥感に襲われます。
 毎年エンディング曲が秀逸なコナン映画ですが、今年は別の意味でも印象に残る幕切れでした。
 ストーリーにも推理にも色々と突っ込み所はあったながら、そういう最後の「歌姫」まで含めて、
良作だったと素直に感じられる一作だったように思います。 
 
[PR]

by taoyao | 2008-04-26 20:31 | 私心

<< 振れている ★ L10-3B 訳が分からない ★L10-8B >>