ニコンユーザーが颯爽と   

2008年 01月 12日

一眼レフでニコンがトップ…シェア争い激烈

 というわけでニコンユーザーには嬉しいニュース。
 時折ここで掲載する写真も、ニコンの一眼で撮影してる物が多いです。
 つっても一番古い機種で、中古市場じゃ今やコンパクトデジカメより安いという有様ですが。

 以下は愚痴
 従来のキヤノンで言えばKissD、今回のニコンならD40といった具合でエントリー機が
躍進の鍵を握っているのは最早間違いないのですが、ただそれらを使ってる客層がきちんと
知識持って撮影しているかというと疑問も。
 一眼への狂信性がとみに目立つのですが、一眼は「キレイな写真を作る能力を有している」
のであって、それを引き出すには当然知識が要るわけで、つまりただレリーズボタン押すだけの
カメラなら一眼である意味は希薄です。やや嫌な言い方ですけども。
 それこそ重くて嵩張るだけで、コンパクトデジカメと大差ない写真しかできません。

 まあメーカーが「誰でもキレイに撮れる!」の文句で売ることにも原因の一端があるんですが、
折角買ったなら「夜景は夜景モードで撮影すればキレイだな」で終わるのではなく、色々と
拘れるところを拘ってみてほしいなあという。いかにエントリー機でも拘れば拘っただけ、
「一眼」の写真が姿を現してくるかと。
 将来的に40DとかD200にジャンプアップするなら、それこそ確たる知識を有さない限り、
猫に小判となりかねません。


 それにしてもホントに「一眼さえ持てば誰でもキレイに映せる」という思潮は遺憾ですが。
 「その写真一眼? あーさすがに良いカメラはキレイねー」とか言われると割とイラッと
来ますので、その意味でも変な偏見はやめて下さい。
 このセリフを面と向かってぬけぬけと言う人が結構いるので困る。
 褒めてるつもりかもしれんけど、実際失礼極まりないので。

 ……なんだかニュースと何ら関係が無くなりましたがこれはこれで。
 
[PR]

by taoyao | 2008-01-12 00:00 | ニュース

<< 必死だな日本政府 赤松 >>