町村さん骨がある   

2007年 12月 19日

国とUFO


 ちなみに私は「居ると信じてたほうが夢があって良いじゃない」みたいな物言いをするほど
寛大でもなく、「まあ居るなら居るんじゃないの?」程度の答え方しか出来ないという。
 
 このブログの履歴をひっくり返すと「宇宙を旅してくる宇宙人なら、その科学力に勝つなんて
ハナっから無理」みたいなことをどっかで書いてると思いますが、まあ今に至るまで宇宙人が
侵略に来ていないというのは、そこまで文明が発達した宇宙人などいないという事か、或いは
宇宙がめっさ広いかのどっちかということに。
 対策云々を論じたところで結局文字通りの絵空事にしかならんわけで、まあ宇宙人に
どっかーんとミナゴロシにされるなら諦めもつきます。私は。
 あとはまだ見ぬ宇宙人、科学力・文明に比例して相応に倫理観も発達していることに期待。
 これも同じ時の記事で書いた気がしますが。
 取りあえず対UFOミサイルを用意するよりは、翻訳コンニャクの開発に全力を注ぐんだ。
 「まあ待て 話せば分かる」を全宇宙語に翻訳できれば何とかなる。たぶん。

 あ、またイリヤを読み返したくなってきたなあ……
 あの名作。
 
[PR]

by taoyao | 2007-12-19 01:33 | ニュース

<< ずっと演歌のターン 凋落 >>