これで男を上げるってのもまた違うような気がするけど、まあ   

2007年 10月 27日

興毅


 まあ、理想的な謝罪会見だったんじゃないですかね――。
 当たり障りなく不足もなくという無難なものだったけど、それが出来るだけでも大した
ものと思いますし。
 元々この興毅くんが一番常識に近そうな人だったし、収まるように収まった感じです。
 どっちみち私は好きじゃないですけど。

 個人的には意地悪なインタビュアーの質問に対し、「それでも俺は世界一の親父やと
思ってる」と答えたのが好感でしたね。
 世間がバッシング一色に染まる中で、やったことの重さを充分把握しながらそれでも
あれを世間に対して言えるってのは、立派な息子だと思いますよ。
 買いかぶりすぎかもしれませんけどね。
 ええ、どっちみち私は好きじゃないですから。

 あとは、内藤選手をそろそろ解放してあげてくださいと思うところ。
 亀田陣営を庇ってるのは勝者の余裕とかじゃなく、純粋にもう関わりたくないから
波風の立つことを言わないだけです。マスコミの方々、早く気付いてあげて。
[PR]

by taoyao | 2007-10-27 23:25 | ニュース

<< 「大半」? 風物詩 >>