間の抜けた話   

2007年 08月 21日

朝青龍は解離性障害―専門医「モンゴルに帰すべき」

 だなあ、としか。

 精神科医なんて患者がトラウマといえばトラウマだと診断するような職業らしいと……
それはまあ、悪く言い過ぎでしょうけども、実際問題横綱がそこまで重篤な症状かどうかは
どのみち我々に確かめる術はありません。

 ただ診療(心療)と事件の責任は別で、そこは分けて考えないといけない。
 現実でも自分の身から出たさびで心身症に陥ることは頻繁にあることで、その人に向けて
自業自得だの因果応報だのと責めては、これは入院患者に冷水をぶっかけるようなもの。
 ひとまず精神病と診断されたなら、ひとまずは周囲もそれに合わせないと。
 ここで帰国を堰き止めるのは、大袈裟なようですが、人道に悖るとさえ言える行為。

 「自分でまいた種で精神病だなんて言うのは甘い!」って意見も多いですが、まあこの辺が
精神病に対する認識の浅い日本という国なのかなあと残念に思います。
 その上で冒頭のようなコトも鑑みねばならないので難しいですが、もうちょっと心の病人に
対する心得とか対応とか、その辺の正確な知識が敷衍しないものかと願うばかり。
 心理学素人の私が言えたコトじゃないですけども。
  
[PR]

by taoyao | 2007-08-21 16:39 | ニュース

<< 感動は売られるものじゃない 感... 150 ★ L2-1B >>