映画の方は秀作揃いらしいっすね   

2007年 08月 12日

クレヨンしんちゃんが鬱な展開に?


 最初に断っておくと、観たことはないです。
 その上で、クレしんって本当にファミリー向けだったか? と。私の認識では、クレしんって
大人向けの漫画ですが。
 アイロニックな漫画がすっかり毒気を抜かれてキッズナイズドされたというと「ドラえもん」が
真っ先に思い浮かぶけれど、クレしんも同じなのかな。国民的アニメとうたわれるドラえもんの
原作って、結構強烈な話があるもんですよ。
 あの頃のアニメはあくまで子供が対象だったんで、作品としては変質を「余儀なくされる」と
いう悲しい運命もあったはず。ドラにしてもクレしんにしても。

 アニメの対象年齢が広がって、また同人的側面――好きな者だけついて来いみたいな関係が
成立してくると、クリエイター側の自由度は飛躍的に向上すると思う。
 受け手に迎合することは今必ずしも好まれなくて、私自身もそちらの方が創作活動として
より健全だと考えるんですが、商売となるとそうも言ってられないんですかね。この考えでは、
ある意味「国民的アニメ」は二度と生まれないということにもなるし。

 でもやっぱり、「こんなのクレしんじゃない」なんて言われたところで、さて困るんじゃないの。
[PR]

by taoyao | 2007-08-12 22:35 | ニュース

<< 無いわ 不可解な…… >>