参院選雑感   

2007年 07月 30日

 民主「超」優位、なんてのは所詮左傾紙の妄想だと思ってたんですがねえ。
 実際に「超」優位になっちゃいました。

 安倍さんの進退問題になるのは当然として。
 民主党躍進の原因を糺せばそれはここ数ヶ月での自民党の失脚に他ならず、政党としての
積極的な支持だったかといえば首を傾げざるを得ません。それゆえ私は、あまり安倍首相に
辞めろや辞めろのシュプレヒコールをする気になれない。裏での民主の悪事を聞いてるのも
ありますが、今よりマシになるという確信が持てないから。
 現実問題、小沢一郎が国政を統べてゆくカリスマを発揮できる人材かと言えば……10年前の
騒動を考えるに、答えは火を見るより明らかですし。

 長く自民党が権力の座に在って良いことも悪いことも安定固着してますから、民主が政権を
握れば間違いなく新しい風は吹きます。膠着しているモノが少なからず動いてゆくわけで、
私も勿論、それに大変キタイを抱いています。
 期待と鬼胎の両方を。
 なぜこういう言い方をするかと言えば、私個人として、民主党の政策論に迎合できないところが
かなり多いから。
 今回の参院選、仮に自民党の連中の失言が一切無かったとしたら、ここまで明確な結果が
現れたでしょうか。

 思うに、政治家がタレント化してる。性格だとか喋りだとかで人気が決まって、マズいことを
言ったらその人気が落ちる。
 分かりやすい構図ではありますが、終始政策論争に充分目が向かないまま、虚仮の論争で
支持不支持が決定されてるのは否めない。失言なんて放っとけとまでは言いませんが、
国民が政治を支持するかしないか決めるその第一義は、必ず政策でないといけません。その
ことがどこか、今回の選挙結果に危うさをもたらしているように見えます。
 結果だけ見れば民主の完勝ですが、とんだ薄氷の上に立っている状態。
 国民が自分たちを理解してくれたなんて思ってくれるなよ、というのが私の本音です。

 総括。  
 何だかんだ言いつつ、国民はかなり明快な形で、現在の政治に対する答えを出しました。
自民がダメであれば、「ライバル」たる民主にこそ期待を、という姿勢。現実には多政党
状態の中で、国民意識は寧ろ欧米の二大政党制のそれに近づいている印象があります。
諸々の体制の差はあるながら、或いは日本も一気に二大政党制の道を歩むかもしれません。
 そして、それは裏を返せば、逆に民主が失脚したとき、今度は一気に政治不信に繋がる
可能性もあるということ。
 今後の日本政治の鍵を、大きな意味で民主党は握ったわけです。
 時代の中で一つの転換点に来たような気がします。取りあえず、こういった結果を収めた
民主党が、きっちり民意を汲んでくれることを祈るばかり。  
  
[PR]

by taoyao | 2007-07-30 17:22 | ニュース

<< 胸が空く ★ L2-0F 日本惜敗、亀田辛勝 >>