「世襲が是」という風潮を跳ね飛ばし   

2007年 04月 24日

「こんな仕打ち受けるとは。伊藤一長はその程度だったのか」 妻の「捨てゼリフ」

詳しくはリンク先を。
掻い摘んでおくと、世襲着任を目した前市長の娘婿落選について、その妻――つまり
伊藤氏の娘さんが「まさか長崎で(息子に投票しないという)こんな仕打ちを受けるとは」
と語った……とのこと。
J-CASTだけにちょっと正確性は差し引いて考える必要もあるながら、さすがにちょっと
考え方、或いは人格までを疑うことになる。

ただ個人的にはこの奥さん同様、今回の選挙戦の結果は予想外だった。
碌に政策や人となりを見た訳でもないので「予想」と言うのはおこがましいながら、
この日本にあっては恐らく、世襲で弔い就任という流れを是とするだろうと踏んでいたので。

平和都市としての長崎、それを守ってくれる人を、彼らは世襲以上に望んだと。
良い決断だと思います。



一方で、無効票が1万5千票あった今回の選挙。
市民にとっての真の後任は、たぶんまだ決まっていないんだろうなという印象を受ける。
すぐに代わりをと言われても気持ちを切り替えられない程度には、やはりかの市長への信頼は
大きかった。市民には実感が湧きにくいことと思う。
誰もが認める名市長にはまだ遠いかもしれないながら、日本独特の世襲の風潮に打ち勝って
就任した市長だけに、票を投じた市民の期待はそれなりに大きいはず。
まさかの悲劇で混迷する長崎市を、地元根性で親身に救っていってほしいと切に願う。
[PR]

by taoyao | 2007-04-24 00:00 | ニュース

<< 連敗ストップ ★ L7-2M 拝啓カブレラ様 ★ L5x-4Bs >>