どこまでが個人情報?   

2007年 04月 17日

違憲違法と差し止め申請 京都の児童生徒ら

個人情報保護法は楯じゃないんだけど、まあこの通り便利使いで悪用されている。
どうやら学校側の説明不足もありそうではあるが。

個人情報という概念が広く敷衍したが、それが急激すぎたゆえに、守る側も守られる側も
どこまでを庇護すればいいのか正確に把握できずにいる感じ。
知られることをすべて嫌っていては、もう何も出来なくなる。社会にいるからには割り切る部分も
必要で、あとは「知られては本当に困ること」を弁えていかなければならない。
名前にちょっと情報が付随しただけで訴訟沙汰になるのは、あまりにも現実離れしている。
[PR]

by taoyao | 2007-04-17 18:07 | ニュース

<< 大人の投球 ★ L5-0F 一場 ★ Fs18-3E >>