憲法改正への第一歩   

2007年 04月 14日

国民投票法案、衆院を通過 今国会成立は確実な情勢

国民投票に関する法案自体は随分前から論議されていたわけで、今日に降って湧いた
話では全然ないのだが……それはまた別の話。

この法案は当然憲法改正を睨んだものではあるけれど、改正憲法の是非を鑑みて
国民投票法案の是非を測るのは当然筋違い。
ただ一方でこうして憲法改正のプロセスについて国民レベルを巻き込んだ討論が出来れば、
自然と望ましい憲法検討の流れが世間で形成される。
意識づけという点においても今回国民投票法案をきっちり検討して、憲法を変えることが
どういうことなのかしっかり学ぶ、それが私達に今求められることのように思う。
それにはうってつけの機会だ。
[PR]

by taoyao | 2007-04-14 17:36 | ニュース

<< お見事 ★ L5-2M 連勝ストップ ★ L4-5E >>