昭和から平成へ   

2007年 03月 28日

植木等さん死去

戦禍の爪痕から立ち直ろうとする昭和の日本、その復興の架け橋だった人でした。
日本を明るい国に変えてくれた立役者の一人だったと思います。

櫛の歯が欠けてゆくように、昭和の偉人が次々と去ってゆく。
昭和という時代が過去になっていく音を聴いているようで、何とも寂しい気分です。
[PR]

by taoyao | 2007-03-28 14:33 | ニュース

<< 久々の写真日記 大相撲春場所 >>