裁判には従うべき   

2007年 03月 06日

君が代伴奏拒否問題 東京地裁勝訴被告が懲戒処分に

君が代の肯定否定は思想の問題として今は言及しませんが、この教師の言うとおり
現段階では地裁の判決に従ってほしかったと思う。
国の学校として国歌斉唱は当然、と学校側はいつも主張しているが、ならば裁判にも
背いてはいけない。
第一審といっても国の決定。日の丸の威を否定するような処分をすると、自己矛盾になる。

自分の思想を職場に持ち込んで命令に背いたこの教師、確かに処分が妥当だと私も思う。
だが、判決はそう言わなかったのが現実。
これでは学校も、自分達のイデオロギーだけで処分を下したということになりかねない。
教師と同じ穴のムジナになってしまう。
「国」を大事にするなら、第二審の係争中は少なくとも、第一審の判決をもう少し重んじてほしい。
余計な波風を立てぬためにも。
[PR]

by taoyao | 2007-03-06 10:10 | ニュース

<< やってくれた おひなさま >>