まあ……XPが良いし   

2007年 02月 22日

Vista意外な「不人気」 個人ユーザー「当分XP でいい」

どの程度の売り上げで「不人気」を託っているのか分かりかねますが……
切り札になるような機能もなく、早足でVistaに移行する人間が少ないことは誰でも容易に
予想できた事態。
友人あたりは「場繋ぎのOSだ」とまで言ってますがどうだろう。

なまじXPというOSの完成度が高く、Vistaの動作環境を満たすほどのマシンなら
XPを快適に動かした方が得策になる。XPを捨てさせるだけのウリがVistaに無いのが
泣き所か。XPの時は、先代OS・Meの不安定性という事情があった。
現代において尚XPはおろか、AthlonX2やCore2DuoなんかでWindows2000を
回している自作連中だって少なくはない。これと同じ現象が今後、代を一代遅らせて再び
起きる気配が匂う。
マシンスペック的にも余裕が出て、ハード・ソフト両面の親和性で成熟の頂点を迎えている
XPの方が、結局のところ「旨味」があると見て間違いなさそう。
次世代の鍵となるマルチメディアへの対応性も、XPのパフォーマンスを鑑みれば
買い換えの決め手とまではいかない。

そもそも必須環境が現代マシンの主流域と隔絶、メーカーの用意できるプラットフォームが
ハイエンド帯のみに限定される状況。他方OSを選べる自作家は、先述の選択をするだろう。
OSはあくまでベースシステム。普及が進まなければ周辺ハード・ソフトの対応も遅滞し、
その結果OSの普及が一層遅くなる循環を生む。
そのツボにはまったのがMeだった。

"ネクストOS"を待望する理由自体が致命的に欠損しているだけに、Vistaの不振は宿命か。
Meになるとまでは行かずとも、短命に終わる可能性はある。
[PR]

by taoyao | 2007-02-22 00:00 | ニュース

<< おひなさま 最初で最後の実戦 ★ L3-4C >>