私の考えとしては、ここまで騒ぐことではない   

2007年 02月 06日

「2人以上の子供を持ちたいという健全な希望」発言

舌の根も乾かぬうちに……

と辛辣な出だしですが、私個人の印象では、これはちょっと騒ぎすぎと思う。
というか、状況がどうあれこの手の言葉尻をつかまえる類の批判は、どうしても攻勢に出る
野党の方が無理をしているように見えてしまう。これは仕方ないか。
私からすれば「"多少"不適切」程度じゃないかなあと捉えるが、とはいえ私も女性では
ないので、ここであまり達観したような口は利けない。

価値観のズレとするか言葉のあやとするかは取り方次第だろうが、いずれにせよ
大臣の言葉選びが軽率にすぎる。
少子化対策に当たる厚労大臣としては、女性の積極的な出産を訴えなければならない立場。
ただでも女性の感情との折衝を要すし、故にこそ言葉を選ばねばならないというのに。



他方、これは私見ながら
基本、出生率低下というのは女性の意識改革云々でどうなるものでなく、もっと外的条件を
整えてこそ訴えられる。経済水準の話も含めて、夫婦が子供をもうけようと思える社会を
作れば、自然と出生は向上するもの。
そもそもの問題からして、希望が健全だの何だのという話ではない。

なればこそ、大臣には政策での雪辱を期待したい。……したかったのだが、どうだろう。
いよいよどうやら、薄氷の立場に追い込まれた。
私としては、急場しのぎの代役を立てられるくらいなら、まだこの人に任せておきたい
気がしているが……どうか。
[PR]

by taoyao | 2007-02-06 23:51 | ニュース

<< 宇宙のゴミ(色んな意味で) 意地って何さ >>