こうなると当然、話が変わる   

2007年 02月 01日

厚労相の辞任求め野党欠席

肝心要の予算委で野党がこれでは、言わずもがな批判の矛先が転じる。
柳沢氏とは別のかどで、今度は野党が白い目で見られるだろう。

それほどに強硬な意思表示、ということだろうが、いかにも手段を誤った感は明々白々。
どうも昨今の野党は目的と手段を途中で取り違えることが多く、この辺が彼らの信頼度を
頭打ちにしている要因に見える。

遮二無二批判していれば野党は務まる、などと思ったら大間違い。
通すべきところは通せ。選べる手段とそうでない手段、それをきちんと見極めよ。
道理を引っ込めれば、下がるのは自分の株だ。
[PR]

by taoyao | 2007-02-01 00:00 | ニュース

<< おままごと立案:裁判員死して皮... 現時点では賛成=首相、柳沢氏に... >>