納豆とトイレットペーパーと嘘と胃袋   

2007年 01月 22日

納豆ダイエットは捏造

社会的ブームが一通り巻き起こってからこういう真相が明らかになった、ということは一体
どういうことか。少々下衆の勘繰りもしたくなるところ。
番組の捏造自体は多々あるわけで(むろん好ましくはないが)、今回は「前フリ」が大きかった
からこそこんな大騒ぎになった、ということは誰も否定出来まい。
そう考えると、単に「隠しきれなかった」という内情ではなかろうかと推察するがどうか。

まあ所詮庶民って薄っぺらい氷の上で生きているもんだと、改めて感心したりしました。
銀行の取り付け騒ぎやオイルショックのトイレットペーパーと同じで、納豆が飛ぶように
売れたことは結局「踊らされただけ」という結果になった。
もちろん我々庶民が「テレビの情報を疑ってかかれ」というのも酷な話。報道の切り口の是非
くらいならいざ知らず、もたらされる情報そのものの正誤を疑ってかかるのはさすがに
無理な注文というもの。
そしてそういう笠があるからこそ、世間が「安心して」批判出来ているという向きもある。
おかげで乗算式に、批判の声音が高揚してきているのだとも思う。



テレビ局の方も大変ですが、しばらくは矢面に立ってもらいましょう。後ろ暗い部分を一掃する
綱紀粛正の機会になってくれたなら、売れまくった納豆の3粒分くらいは冥利があったというもの。
今更ちょっとテレビ番組で取り上げられて売り切れ続出とか正直吉牛コピペの改変でも
ボヤいてやりたいところでしたが、ひとまずこれで時ならぬブームも落ち着きを見てくれるかと
思うと、不謹慎ながら安心したりもしています。納豆スキーとして。
そう、食べるだけで痩せるものなどありはせず。

因みに日記の題名は、ミスチルの歌から。
知ってる人は知っている。
[PR]

by taoyao | 2007-01-22 01:28 | ニュース

<< がんばれ東国原 沈黙は金、雄弁は銀(日本的な意味で) >>