白河の、清きに魚の   

2006年 12月 13日

ウィニー開発者に有罪


ってことなんですが。

判決については、支持とも不支持とも言いません。法学部生という身空上、判決文を
読みもせずに判決の結果だけ論うのは、一応自粛しておりますのでご勘弁。
事を思いっ切り平坦にすれば、ウィニーというソフトを拳銃として扱うか包丁として
扱うかですね。どっちも人殺せることに間違いはなく、包丁は他に有用な使い方があるけど
拳銃は殺傷が目的そのものという違い。金子さんは包丁として作ったつもりだし、
検察側は拳銃としたし。或いは、殺人犯が包丁を持ってるのを止めなかったことを
責めたのか。
あととかく裁判所ってのは「先鞭性」を重視するモノですから、コンピュータ技術を使って
悪巧みしようと企む連中を牽制する意味合いを狙ってるのかもしれませんけどね。
俗に言う、見せしめってやつ。


まあそれはいいとして。


主目的、ってどうなんだろうなあ。と。
どうもパソコンってのは便利な箱すぎて、単機能ってモノが見当たらない。そんでもって
キ○ガイに刃物じゃないですが、悪用しようと思えばいくらでも悪用が利いちゃう物ばっかり。
著作権だけで考えれば、光学ドライブの開発者やフリーのエンコーダー出してる人なんかも
幇助っちゃ幇助ですし。
その中で有害性だけ抽出して罰するとなると、いかにも都合の良い考えって気がしないでも
ないです。疑わしきを罰してゆくと、パソコンって本当にがらくた同然になりますからな。

まーコンピューターテクノロジーが今後どんだけ成長してゆくかは知りませんが、たとえ
ここで技術者処罰の先鞭を付けたところで、近い将来無理が出るのは間違いない気が
するんですがね。はやいところ使い手側のモラル醸成に比重を置き換えないと、金子さんの
言うとおりコンピュータ・ネットワーク技術が 大きく停滞する。
火の元を断ち切って暮らすには、日本は大きくなりすぎた。

ウィニー開発や幼女の裸の絵がダメで、光学ドライブやヌード写真集がOKって世界の
理由は何だろう。4つが4つとも、人が見れば犯罪の元になりうるモノでしょうにねえ。
上の人間が潔癖症起こしたって、野にいる人間はどの時代も玉石混淆なんですから。
起きうることに気を揉むのは大いに結構ですが、無辜の市民側が割を食うとなったら
そりゃたまらないですよ。
今回の金子さんが無辜だったかどうかは別問題としてもね。



まあ今のところはまだ地裁段階、上訴も決定したようですし、もう少し静観の構えで。
[PR]

by taoyao | 2006-12-13 20:46 | ニュース

<< Dice-K、ボストンへ 契約更改2 >>