2006年のシーズン、幕。 ★★ F4-1D   

2006年 10月 26日



   44年ぶり日本一おめでとう!!


野球は気持ちなんだな、と再認識しました。
楽しく野球をやっている日本ハムと、苦しそうに野球をやっている中日。
こと札幌に来て以来、その差は終始歴然でした。
その空気を作り出したのは、紛れもない、北海道の熱いファンだったと思っております。
4万人のファンと選手が一体になって掴んだ、44年ぶりの栄光の座。
本当におめでとうございます。
リンク仲間はtaka様をはじめ全国津々浦々のハム党の皆様、今宵はたっぷりと
その余韻に浸って下さいませ!!


 つ[祝杯]


そして、忘れちゃならない。
熱戦を全うしたチャンピオンチーム、その中心には、ずっと一人の男がいました。
スター選手数多かれど、こんなに愛された選手を私は見たことがありません。
最後にして最高の試合を札幌で終えられたこと、最後の打席がちゃんと
最後のイニングに巡ってくること、そして何より、引退を表明したその年に
選手人生たった一度の日本一を迎えられたこと……
もう全てが、彼のために設えられた舞台であるかのようなストーリーです。

3年間、彼は北海道を、ファイターズを、パリーグを大切にして生きてくれました。
以前にも書きましたが、かつてのオールスター、「これからは、パリーグです!」の
あのセリフは、紛れもない彼の本心だったと思っています。

西武ファンとしてよりも一パリーグファンとして、どうもありがとうと言わせて頂きます。
最高のチームを作ってくれて、どうもありがとう。
SHINJOの文字を、忘れられないものにしてくれてどうもありがとう。
そして、本当にお疲れ様でした。

                     R
中日     000 100 000  1
日本ハム  000 012 01X  4
勝:ダルビッシュ
敗:川上
本塁打:セギノール2号2ラン(川上) 稲葉2号ソロ(久本)
本シリーズの私的MVP:森本稀哲
[PR]

by taoyao | 2006-10-26 22:28 | ニュース

<< <私信>東方こんぺ。 携帯変えよっかな >>