四半世紀の時を越えて。   

2006年 10月 12日


北海道日本ハム、パリーグ制覇おめでとう!!



自分が西武ファンなので敵としての視線になりますが、今年のハムは当初、
一ファンとしてさほど眼中にはありませんでした。
正直なところを吐露して非常に申し訳ないんですが、昨年圧倒的な一年を送った
ロッテの方がむしろずっと気になっていて、それとほぼ同じ成績でうろついていた
日本ハムは、実際そんなに強力なライバルとして意識していなかった。
これまたぶっちゃけると、その内振り切られるだろう、と楽観しておりました。

それがいつ頃からか、次々と大型連勝を飾って一気にトップへ肉薄してきた。
だけど終盤に近づいたところで息切れ、ってのが往々にしてそのパターンの
典型なんですが、ファイターズは逆に、終盤になればなるほど強さを増してきた。
失礼ながら、長年トップから見放されていたチームがこの快進撃を見せたのは
実に意外であり、またこの上なく恐怖でした。
結局その勢いは失速することなく、我々西武も敵うことが出来ず。
まさにお手上げ、完敗です。

そしてその中心にいたのは、やはり新庄選手でしょう。
日本ハムファンの心情を慮れば、新庄ばかりに優勝をかこつけるのは
適当な記事を書くマスコミの煽り文句と同じみたいで正直忍びない。
ですが、今日の記者会見で誰より先に裏方さんへの感謝を述べたように、この人は
その実誰よりも、真摯にチームを愛している選手だと思う。
数字は微妙かもしれないし、全盛期の力はないかもしれない。しかしこの選手が
居なければ、ハムはここまで一致団結しなかったと思います。
本当に、素晴らしい選手を迎えたと思う。最後まで応援してあげてください。

対してソフトバンク、今年もまた涙を呑む結果に。
去年一昨年と1勝のアドバンテージに泣いたホークス、結果的に今年もまた
「1勝のアドバンテージ」が、重く重くのしかかりました。
今日力投も最後に涙の斉藤投手、第1ステージで涙のインタビューを見せた
松中選手をはじめ、王監督の激励も込めて選手みんな必死の戦いだったと思います。
が、それだけに最後がどうしようもなく悲劇で終わってしまったという感じがします。
忘れないで下さい、ホークスは胸を張れる戦いだったと思います。
ファンもまた、誇りに思ってほしい。
熱い選手を沢山擁した、こちらも素晴らしいチームだったと思います。



さて、ここ3年パリーグが制している日本シリーズ。
相手の中日も、50年日本一から遠ざかっています。必死で来ます。
ですが負けてはいけません。パリーグの強さを、もっと示して下さい。
ここまで勢いよく西ソ両軍を破ったんですから、究極の頂点まで
ノンストップで一気に駆け上がってもらわないと承知出来ません。
期待しています。




改めて。
リンク仲間のtaka様はじめ日本ハムファンの皆様、
25年ぶりの優勝おめでとうございます。
[PR]

by taoyao | 2006-10-12 22:27 | ニュース

<< あっけらかんと 終戦 ★★ L1-6H >>