今年も靖国の季節がやって参りました   

2006年 08月 17日

どうせ水掛け論なんですがね。



結論から書きますと、私は参拝については賛成の立場を取っております。
ただ、これは「参るべき」という意見ではございませんで、「小泉さんが参るなら
それを止める理由はない」というだけの話であります。
ですから仮に、次の総理が参拝しないという姿勢を取るなら、それはそれまでです。
だって、今の参拝賛成論者の主論って、「他者に影響されるべきではない」でしょ?
なら、仮に次の首相が参拝中止を決めても、私達が意見する筋合いは無い、と、
当然そういうことになりますでしょうから。

あとは対外。見方によっては、首相が靖国神社に参拝することは
日本が戦時中侵略した国の人に対しあまりにも無礼だという意見も確かに成り立つでしょう。
しかし小泉さんの言葉の限り、彼にアジアの人を傷つける意志はないし、
また客観的に見て当然にその神経を逆撫でする行為、とまでは言えますまい。
ならば結局、小泉さんの価値判断に任せるしかないと言うことに相成りますね。
小泉さんが靖国参拝する姿で不快になる中韓人は少なからず居りますでしょうが、
だから参拝止めるべきだ! っていうのも直結的に過ぎますから。

ここからは半ば余談ですが……
本当はね、加害国である私達が「いい加減過去のことは忘れろ」っていうのは、
相手に対し非常に失礼だと思うんです。
そりゃ私達現代人に責任がないのは事実にしても、そんな無責任な態度をとられたら、
中国や韓国の人は怒りますよ。彼らには、日本に攻め込まれた歴史があるんですし。
ところが反面で、中国は過去自らが侵略したチベットに対しては、平気な顔して
「過去は水に流したまえ」って堂々とのたまってるんですよね。だから実にバカらしい。
ただでさえ、昨今の中朝の対日姿勢を見ていると、もう非常識としか言いようがない
意見を平気で押しつけてこられますから。
こんな高飛車二枚舌の国家を相手にしちゃあ、靖国に際したって日本としても
寛大な譲歩を考える気にはなれませんよ。
こういう揉め事にあたっては、やっぱ日頃の行いがモノを言います。当然です。





というわけで、以上。
でもまあ正直、靖国について喧々囂々やってる内が平和なのかもしれませんね。
結局どう転んだって、99%これは戦争にはなりませんから。
性格の悪い隣国共ですが、実際にドンパチやるよか口喧嘩やってる方が余程平和ですよ。
もっと言えば、こうやってブログで好き勝手書ける内がね。

私も本当はもっと色々持論がありまして、今回はそれを記事に書こうかと思ってたんですが、
もうこの辺で筆を擱こうかと思います。
理由は、冒頭の一行に示したとおり。
乱筆にお付き合い頂きここまで読了頂いた方に、最大限の感謝を。
[PR]

by taoyao | 2006-08-17 22:02 | ニュース

<< 負け ★ L5-10H また半歩 ★ L2-1F >>