「Never」から「How」へ ~61年目   

2006年 08月 06日

記憶が正しければ4度とも、空は抜けるような夏晴れ。
そして今年も、朝の8時だというのに茹だるほどの暑さでありました。





ここ4年間、私は8月6日に広島へ足を運んでおります。
別にこんな儀式めいたことをやっていることに深い意味はありませんで、
平和記念式典に参列して沢山の人と黙祷を捧げ、平和資料館を一通り見回ったら、
後は広島市内でいつも通りあっちゃこっちゃ遊び歩いて帰るのですが。

ただ、取りあえずこの広島県という地にせっかく住んでいるのだから、というのと、
年に一度くらいは平和について真剣になる日があっても良いだろう、というのと。
後者はさだまさしに感化されたものですね。
ってそれも今年で終わっちゃいましたが。








さて、61年という長い時間を経て、近年よく聞かれるようになった言葉がいくつかあります。

「原爆の被害者ばかり特別視されすぎる、どんな死でも死は一緒」
なかなかに言い得て妙ですね、なんせ確かにあの原爆で亡くなった人は、
原爆が落ちなくてもいい加減死んでも不思議じゃない頃合いでありますもんね。
病気でも他殺でも、死んじゃえば土と水になる運命ですし。

「原爆の記憶が風化してきている」
言い得て妙……じゃちっともありませんね。
記憶なんてものはそもそも、それを受けた人しか持たないモノ。
若い人間が共有できる訳がないし、それをさせようとする年寄りは思い上がり甚だしでして、
これを押しつけられますと若い人間にとってはウザいことこの上ない。

「他の国が喧嘩仕掛けてくるんだから、日本だけ平和唱えてるのはアホだ」
これもまっこと正鵠を射た意見であります。
武器を手に戦わないと殺されるというシチュエーションは現代ではあながち
妄想でもないし、日本人だけ平和を信じてたら戦争が無くなるとかそんな甘っちょろい
世界じゃございません。
しかも現代、隣国がアレな国ばっかですしねえ。








とまあ

61年が過ぎれば、そりゃあ原爆の被害に哀しみを持つ人なんて少なくなって当たり前。
ふうんそんなこともあったんだ、でももう大昔だし関係ないじゃん、ってなって当然です。

それでもしかし、60年の長い時間を経た分、私達はちゃんと新しいステップに
進めていると思いますよ?
平和であれ平和であれと闇雲に祈り唱えた時代から、そんな言うならじゃどうすべきなんだ、
ということをきちんと考えられる世界になっている。

結局、祈るだけでは何も変わらないですもん。
だから私はこの「Never」から「How」への変化が、現代人の一歩進んだ所だと思います。
平和を祈るのは当然大事、でも祈っているだけでは何一つ変わらない。
色んな事実に触れて学んで、それでどういうことなのかを考えてゆく。
これって、今のプロ市民や時代遅れの学生運動家がプラカード手に叫んでるより、
ずっとずっと建設的だと思いますよ。





そりゃヒロシマは間違いなく繰り返してはならない歴史だし、仮に覚えている人がこの世から
一人残らず消え果てても、存在した歴史が消える訳じゃない。
でも、私達が目標とすべき姿は必ずしも、原爆が落ちない社会ってだけではありません。
だって、戦争がない代わりに街中で無頼漢に遠慮無く襲われる社会になったら
そっちの方が超最悪この上ないでしょ。
実際原爆のもたらした悲劇は間違いなく惨澹だけど、同じように惨たらしく奪われていく
事件は現代にあって身近にボコボコ起きてますからね。
でも、例えばこの間のヤギ被告の殺人の時だって、或いはもっと最近のプールの時だって、
子供達の残酷な死にはしっかり、人の怒りや哀しみが感じられました。
ヒロシマが大昔になっても、平和を押しつけられるのを嫌う時代になっても、
人の無駄に惨い死を忌み憎む気持ちを、ほとんどの人は忘れてなんておりません。
誇りある日本人、そこまで愚に落ちぶれてはいやしませぬよ。



そう、60年以上も前に起きた事件のセレモニーに、5万人近くが並んでくれる国が
捨てたモンなわけ無いじゃないですか。
平和平和と理想だけを押しつけられるのが嫌いになっただけで、人が死ぬことに無感動な
世の中になっちゃった訳じゃない。
どんな人間でも友達や恋人が笑ってたら嬉しい訳で、その気持ちがつまり根の平和。
2ちゃんねるでワイワイ討論しているのが幹の平和。
そして現在、こうしてブログで好き勝手書ける今の日常が花の平和ときたもんだ。
どこにも文句はつけようがないでしょうよ。

原爆ドームが老朽して崩れ落ちるならそれも良しと、このブログで私は書いたことがある。
以上の理由から、その考えは今でも変わりません。
だって結局、原爆を「知っている」人はどう頑張ったって、あと30年すれば死に絶えるんです。
そうなった後となっては、原爆ドームは結局、資料でしかなくなるでしょう。
ならば、胸を痛める「現実の出来事」にまつわる「確かな記憶」の方が、
生きてる者にとってはボロいドーム廃墟よかよっぽど感情湧くんですから。







 私達は祈る以外に 知恵も力も持たないけれど(さだまさし)







血の付いた衣服、おどろおどろしい火傷顔の写真、数多くのグロテスクな地獄絵……
資料館に展示されているあれらから、ヒロシマの「記憶」を受け継ごうとするのは間違い。
また、原爆がどんな惨禍をもたらすのかと数学の公式よろしく暗記するためのものでもない。

大事なのは、それを哀しむ心を持ち続けること。それを確かめ続けること。
そういう土壌を、忘れてしまわないようにすること。
そうしてれば少なくとも身近な社会だけでも、平和に幸せに生きてられますよ。
あとはまあ、国のことは政治家が決めますって。
私達は自分の気に入った政治家に投票してれば良いんです。

禎子さんの折り鶴で感動するのも良いけど、何より禎子さんのその生を願う心に対し、
その時の自分が人間として共感が出来るかどうか――
それを確かめるために私は4年間、年に1度ずつ資料館を訪れて参りました。
ですが昨今は戦争が起きなくても、身近なところで幼子がブッ刺されたりする時代。
なかなか人の死にマヒしてしまいそうな時代です。
だから「ヒロシマは特別じゃない」って言われるんですよねえ、現代で。
真理にしてもその言い分が、やたら説得力を帯びちまうんです。



平和を考えることと、戦争ダメ戦争ダメと言い続けることはイコールではない。
それがヒシヒシと身に染みる時代であります。
原爆なるものは広島(長崎)を最後に60年落ちていないけれど、変な事件はまだ起きている。
とはいえそれでも、この8月7日も、私はこうして何とか生きております。
そしてこのダダ長い記事を飽きずにここまでつきあって下さった貴方も、きっとゆとりある
気持ちを持って、安寧な日常を送っておられることでしょう。

どうかこの記事を読んだ皆様、またその友達、家族、恋人共々、
これからとわにとこしえに、どうかどうか末永く幸せでありますように――



……なんて言葉を思い浮かべましたがクサいので、チラシの裏にでも書いときましょうかねw
平和を狙うとタンヤオまで手を欲張って失敗するタイプのtaoyaoでした。
[PR]

by taoyao | 2006-08-06 00:00 | ニュース

<< 勝った!! ★ L4-3B 明日の後輩達へプレゼント ★ ... >>