違法駐車戦奇譚   

2006年 06月 02日

早速違法駐車の取り締まり改正に端を発したトラブルが発生しているようですが。

行政の職務を民間に委託した場合に一番心配されるのは、その権力性の違いによる
被処分者とのトラブル。平たく言えば、「お前何様だ!」ってヤツですね。
リンク仲間・神山夜さんの御指摘の通り、確かに委託された私人そのものの資質にも
怖い問題があるんですが、別の意味でも一般人の余計な不快感を増幅させる恐れがある。

これは単純な問題に思えて意外と大きな難点ではないかと思うのですよ。
こういった取り締まりってのは、ある程度法律的権力を背負った人間がやらないと
無用なトラブルを招くだけのような気がする。
処分行為が公僕の手を離れたら、例えば法律処分としての威信も無くなるし、
いわゆる処分の公定力の扱いが難しくなる気がする(詳述は省きます)。
どんないい加減な判断でキップを切られても、切ったモン勝ちなのかということになる。



都市部において駐車違反が大きな社会問題になってるのは間違いないと思うんですが、
ただそのやり方としては、これはちょっと数々の疑問を拭うことが出来ません。
色々言いましたが、やっぱただの一市民の独断に委ねられると、どうしても信用がね。
民間監視員の「オーバーラン」を社会的リスクとして包容するのかってことにしても、
公権力的な警邏行為やっといて迂闊なミスをされたら、された方がたまったもんじゃない。
瓜田李下つっても限界がありますからねえ。車の停め場所なんて。
[PR]

by taoyao | 2006-06-02 22:58 | ニュース

<< 奇跡 ★ L3-4XG 4連勝でストップ ★ L2-4G >>