夢を見ましょう。   

2006年 05月 04日

夢のおはなし。


童話を読んで、本当に鬼ヶ島に飛んで行けること。これは子どもの間だけの特権。
現実世界を知ってしまう前にだけ、行くことが出来る世界。

昔話を読んでその世界に想いを馳せることが、どことなく無駄扱いされている現代。
お受験時代の今、幼い子ども達は何かにつけて、小さな頃から現実だけを教えられる。
花を咲かせる灰など無いのですよと、教えられて育ってゆく。現実だけを見据えるために。
あの灰には、「夢」の素がつまっているというのに。

童話に夢を見ることが出来れば、周りの世界は全て童話になるものだ。
流れる河、小さな森の道、世界の一つひとつすべてが、面白い夢になる。
つまり「夢を見る力」だ。
本物のカブトムシは、手を土に汚して捕ってくるモノ。決して、任天堂DSで飼うモノではない。



情操教育の充実、感性豊かな子どもの育成…近年の幼児教育が掲げる美辞麗句。
そのもとでこぞって教えられているのは、現実味のある感動秘話ばかり。
戦争で散ったいのちの話だとか、喧嘩して仲直り、だとか。

まず童話を教えてみてはどうだろう。まるっきり現実感のない、おとぎばなしを。
夢と現を対の世界のように扱うが、それは違う。夢と現は本来同じものだ。
ただ単に現実に変えられないままの夢と、夢に変えられない当然の現があるだけのこと。
もちろんそれは結果の話で、そこで大人さえもが間違えてしまっている。
夢はいつでも、現実と根を共有した世界なのに。

虚実の夢を見られない子どもが、現の夢を現実に変える力を持てるとは、私は思えない。
なぜなら、現実だってもともとは虚実。夢という舟によって虚実と現実は繋がっている、
それが世界であり、またそれが夢の役割なのだから。
まあどのみち、夢を知らない子どもが夢と現実の境界線を引く事なんて
とうてい出来ないでしょうけどねえ?








…とまあ、ちょっととぼけたお話です。
独り言なので、深く考えないで下さいませ(何
[PR]

by taoyao | 2006-05-04 08:31 | ニュース

<< 今季最悪の試合 ★ L7-5H 大技小技 ★ L6-1F >>