「うんてんしゅさん」   

2006年 04月 25日

JR西日本尼崎脱線事故から1年

あの事故の日、私は大学の講義が休みで、家でリアルタイムのニュースを見ていた。
見たことがないほど変形した車体は、最初日本の光景ではないと思ったほどだ。
結果、見たことがないほどの犠牲者を出して、日本に大きな問題を提起することになった。

あれから一年。
自分の身に置き換えて犠牲者の冥福を祈り、
JRの対応の拙さに怒りを覚え、
一方で事故現場のマンション住人の焼け太り狙いにも憤り、
色々と思いめぐらせながら、気が付けば今日で1年になった。



JRの変化は、一般市民の目にはなかなか見えては来ない。
本当にあの事故が2度と起きないJRになったのか、それは誰にも分からない。
今日も鉄道は日本中を走り、誰もが当然のように利用しているけれど。

高見運転士の心境の問題が、事故直後マスコミに大きく取り上げられた。
人を運んでいることより自分の身のことを考えてしまうような日勤教育の存在、
それがJRの大きな体質問題として、バッシングを浴びたことを覚えている。

この日を狙ったのかは分からないが、JR西日本の運転士が今日、日勤教育のかどで
同社を集団提訴した。
形としては精神的苦痛の慰謝料、だが、金の問題でないことは明らかだ。




鉄道の運転士という職業は、多くの子供がきっと一度は憧れたことのある職業だろう。
大きな電車に沢山の人を乗せて動かす。彼らは子供達にとって、夢の職業だ。

大勢の命を預かる人間を精神的に追いつめるような、そんな原因を取り除いていくこと。
そして一人ひとりの運転士が、命を預かる誇りと責任をもつこと。
常に誰かの憧れや命の鼓動を、忘れず感じられる職場であって欲しい。

二度とこの事故を繰り返さない日本になっているのか、私は期待と同時に、不安でならない。
[PR]

by taoyao | 2006-04-25 23:50 | ニュース

<< 出会い頭。 ★ L3-2E L1-2F >>