押し時を間違えた相撲協会   

2009年 02月 03日

若麒麟事件について

 せっかくだから相撲に例えると、強く推して出て行くべきところが、今回の事件でした。
 一連の薬物事件の発端、露鵬・白露山・若ノ鵬に対して除名という強権を発動しきれなかった失態を取り戻し、罪刑の"相場"を作るなら今回が好機だったのです。
 角界全体で薬物廃絶の気運が高まっているところへ平然と水を差す薬物事件を起こしたんですから、ここを契機として、同種の事件に対する制裁相場を確立しなければならなかった。
 薬物は即除名――厳粛にして明確な、これがあるべき線引き。
 今回の裁定で「除名」へ出来なかったことで、もしこれ以降薬物事件が発生しても、厳罰をとりきれなくなる可能性がある。仮にそれが外国人力士だったりすると、「若麒麟のときは日本人だったから厚遇したのか」など、要らぬ誹謗さえ受ける可能性がある。
 「露鵬の時からずっと解雇だったから」と、変な相場が確定してしまう。

 相撲は押し時と引き時が肝心。
 今回は確実に、厳しい攻めを見せるべき局面だった。 

 二度と起きてほしくない事件ではありますが、それ以上に協会の甘い体制が招いた社会的な不信感は、しばらく払拭されない。
 個人問題から転じて協会全体の問題へ、と焦点が移っていることに、理事役員達はもっと敏感でなければいけなかった。
 当然の事ながら、仮に今から何を言ったところでもう遅きに失す。
 文科相に言われてあれこれ方策を練ってるようじゃ後手後手すぎるんです。事件を受けた直後の最初の声明で、厳しい処分を口にしておかなければ何の意味もなかったんですよ。
 ここまで重大な事件を引き起こした力士に対して、それでもまだ一歩引いた処分。口を開けば「まだ若いから、将来を考えても除名は可哀想」。
 
 「若いから」とか、そんなんを初っ端の理由に持ち出してきた時点で、底が知れるってもんです。
[PR]

by taoyao | 2009-02-03 21:16 | ニュース

<< 近況報告 今更ながら初場所のことについて。 >>