あけましておめでとうございます。   

2011年 01月 02日

 
 新年早々、日本で一番ニュースに取り上げられる都道府県になってしまった
 鳥取県から新年のご挨拶です。

 長く鳥取県で暮らしてきましたが、私の生涯でも初めて見る雪の量でした。
 年末は泊まりがけで都会に出かけ、大晦日の朝に帰ってきたらまさかの銀化粧。
 でもその時はまだ序の口でした。 大山のスキー場で雪崩事故が起きた頃は、
 まさに雪が増え続けていたところでした。

 日中とは思えない速度で雪が嵩を増していって、
 紅白歌合戦の途中に庭に出て外を見たらもう笑うしかない状態で、
 行くはずだった除夜の鐘つきも諦め、
 ついでに元旦に出かけるのが恒例だった初詣の出雲大社も諦めて。



 紅白の傍らで家族が国道9号線の定点カメラを見ており、
 映っている車がいつまでも動かないことを訝しがっていました。
 更にはJRも動かなくなっていることも後から知り、
 完全に麻痺した我が県のことを報道で眺めながら、自分の家の雪かきをやって元日は終わり。
 それすらもままならない、雪の量でした。

 今回のことは、ひとつの警鐘として生かしてほしいと県民は思います。
 というのは、幹線道路が今回有名になった国道9号線しかなく、
 こうして事故が起こると県の東西の流れが完全に分断されてしまうのです。

 これを問題視して、新しい自動車道の整備が目下進められているのですが、
 時折世間から「ムダな道路を造るなー!」とシュプレヒコールが飛んできて、
 以前にも頓挫の危機に直面したことがあります。
  
 道路が飽和しているのは、都会の話。
 国道を一本塞がれたら列車の救助ひとつできない場所が、
 まだ日本にあるんだと知ってもらえればいいなと思います。
 間違ってもこの事業は仕分けないでください。
 鳥取県は東を見ても西を見ても、道路のバックアップが非常に乏しいです。

 少しずつでもいいので、この問題が解決に向かってくれればと願い、
 大きく出足から躓いた2011年が何とか盛り返してくれるよう最後にお祈りして、
 今年一発目の更新は終わりといたします。
 


 私個人は……今年はもっと時間を有効に使うよう心がけます!
 ぼけーっと過ごす時間を徹底的に減らしましょう。
 手始めにこのお正月休みはお部屋のお掃除から始めて……
 
 ……何はともあれ今年もよろしくお願いします! 
 
 
[PR]

# by taoyao | 2011-01-02 22:52

大石投手を当てた!   

2010年 10月 29日

 というわけで久々に更新したと思ったらプロ野球の話題ですみません。
 6球団競合を2年連続でツモるとか渡辺監督尋常じゃありません。
 残業に向かう前の休憩時間、携帯電話で速報をチェックしてましたが、
 正直競合確実の大石は避け、榎田あたりを単独指名で獲得出来たら
 万歳じゃないかと思っておりました。
 
 大石投手はとにかくストレートが見栄えする投手で、
 素晴らしいその成績以上に、華やかな雰囲気があります。
 一野球ファンとして、胸の空くような投球をプロの舞台で
 いち早く見てみたくもあり、それが西武のユニフォームでとなれば有頂天。
 改めて、渡辺監督の豪運に五体投で敬意を表したいと思います。



 母が「あの格好良かったナベQが今こんなになっちゃったんだ……」と、
 若干寂しくなった場所を見つめて失礼きわまりないことを言ってますが、
 まぁ髪を悪魔に捧げて引き替えに今の運を手に入れたと思えば……(ぇ
 
 とりあえず、斎藤・福井共々、早稲田勢はリーグ戦に集中するようです。
 早く西武の帽子被った姿見てみたいですね。
 
[PR]

# by taoyao | 2010-10-29 00:54 | ライオンズ(野球)

はやぶさ帰還 / 日本人らしいというか   

2010年 06月 13日

 すっかり感情移入してしまいます。
 最後に流れ星になるというのが、何ともドラマチックで切なくて……

 言ってしまえば一台の機械でしかないはやぶさに対して、
 涙を伴う感情を抱くことができるってのは
 すごい素敵なことだなーと思います。

 はやぶさに心があるなら、今どんなことを感じているだろうか……と、
 子供っぽいお伽噺ではありますが、それを躊躇いなく想像できる。
 こういう夢は、何とも日本人らしいと思います。

 ネット上の知人間ではありますが、目下みんなで心を共有して騒いでおります。
 私も一緒にはやぶさに想いを馳せつつ、
 驚くほどの盛り上がりっぷりに何だか嬉しくなるのでした。

 人でない物を人のように、みんなで想いを寄せるというのは、
 繰り返しになりますが本当に素晴らしいことだと感じます!
 
[PR]

# by taoyao | 2010-06-13 22:51 | ニュース

一応途中段階として   

2010年 05月 23日

 一番だめだなーと思うのは、報道で口蹄疫の全容が伝わってこないことです。
 国策の不備に触れられない奇妙さは既にネット社会で言い尽くされてますが、
 それを抜きにしても、感染拡大の過程と「人には感染しません」「殺処分です」という
 断片的な情報だけしか伝わってこない。
 紛れもない重大ニュースの筈なのに、、「致死率の低い病気ならいいじゃない」とか
 「別に殺さなくていいのに」とか、耳を疑うような浅薄なコメントが
 テレビのコメンテーターレベルで出てくる有り様。
 結局私は、口蹄疫については自分で調べたのでした。

 東知事がマスコミにキレてみたら、それだけはきっちり報道される始末。
 キレた方とキレさせた方と、どっちが悪いかはさておきますが、
 「知事の決定」を下す発言と「地元の農家のための」発言は、
 感情を考えれば当然相剋してしかるもの。
 このまま行けば知事がぐずぐずしててどうにもならない、ともなりかねませんが、
 今はまだ悩みの深い時期だと思います。
 当然ながら少なくとも、外遊していた大臣よりは当事者意識があると思いますので。
 
 ◆

 ウィルスで起きる伝染病について原因をどうこう言っても仕方ないし、
 今更問題なのはそこではありません。
 究極的にはやはり、赤松さんに当事者感・危機感が足りなかった(口蹄疫がどんな病気で
 どう扱われている病気なのか、当初把握していなかった節がある)のと、
 ここまで本格的な流行に当事者全員が慣れていなかったこと。
 大臣であれ県知事であれ、特定個人を譴責して伝染病が治まるならそうすればいい。
 与党を攻撃しつづけて宮崎の農家を救えるなら、いくらでも攻撃してたらいいのですが。

 とにかく、問題をもっと国民で共有しないと話にならない。
 私自身、twitterで宮崎に関わりのある人に色々聞かされて初めて知った事が多かったです。
 事は全国規模の問題だという意識が浸透しなければ、
 いつまでも当初の赤松さんのような、典範通りのうわべばっかりの対策になりそうな気がする。
 私自身知りたい情報・勉強しきってないところは沢山あるので、
 今後出てくる情報は漏らさず収集しておきたいと思います。
 
 知ってる人が騒いでたから私も重大さを知ったようなものですし……
 現状を知ってみると、やっぱり今の報道には若干の違和感を抱くのでした。
 
[PR]

# by taoyao | 2010-05-23 15:24 | ニュース

ニュースあれこれ   

2010年 04月 04日

◆巨人の木村拓也コーチ予断許さず 意識不明で危険な状態

 野球が好きな人に好かれる選手でした。
 派手派手しい活躍とは無縁でしたが、妙味を感じるプレーヤー。
 未だコーチに転身したのが信じられないくらい最近まで第一線を張っていた人で、
 尚更無事な回復を祈るばかりです。

三重で上げ馬神事 1馬転倒死「問題なし」
 
 お祭りの「女人禁制」とか動物の荒行を男女差別や動物虐待呼ばわり出来るかというと、一概には言えないそうです。伝統行事なんだから! と、社会では言われる。
 ま確かにそうかもしれません。
 ですが、そのしきたりが元々差別観念に立脚したものだったり、神事という看板を借りてごく享楽的な発祥を持っていたり、といったことも多々あるのが事実。
 曖昧模糊とした来歴だったり、宗教に関わる繊細な問題であるのをいいことに伝統の二文字を逃げ口上に使っているパターンがあるのですが、これには虫酸が走る。
 昔から続いてきた伝統行事だから道徳は関係ない、ってのは、ただの言い訳でしかないので注意が必要。
 「伝統」なのか「因循」なのか、最終的には単純にその行事を愛す人の声と忌む人の声の数を、冷静に見くらべる必要があります。

 それはそうと御柱行きたいです。

消費者重視のSIMロック解除 料金低下につながるか

 iPhone使いたいので歓迎したい動きです。
 スマートフォンに手を出したいのですがドコモには納得いくものが無く、今の携帯はSH-04A
 スマートフォンくずれのような機種ですが、メールの打ちやすさが段違いで満足してます。

 記事中にも触れられていますが、携帯本体の料金が上がる可能性があると思います。
 ただ一方でメーカー側から見ると、開発リソースや販売チャンネルの一本化により低減されるコストも大きい。とかく今の市場は無駄が多い。

 総務省の提案が受けいれられた場合、各キャリヤーはまずいかにして個性化していくかが重要になります。
 SIMフリーとなれば競争の場は必然的に通信網の充実と利用料金面へスライドするでしょうが、単純な駆けっこでは過当競争になってキャリヤー側が仲良く疲弊しかねません。
 収入モデルの確立、とも言い換えられます。ごく分かりやすい一例を挙げると――雑誌の記事レベルながら、欧米では将来的な従量制への復帰が、やはり今時点ですでに取り沙汰されているとのことでした。

 ユーザ側は期待ばかり膨らませますが、まずはSIMフリーがもたらす課題をキャリヤーがクリアしないと、砂上の楼閣になってしまいます。
 『ガラパゴス状態』と揶揄された日本の移動体通信事業そのものが当たるべくして当たった壁。業界単位で考えれば、しかしいずれは健全化されるべき問題です。

 
[PR]

# by taoyao | 2010-04-04 03:13 | ニュース

明けましておめでとうございます   

2010年 01月 11日

 更新するたびに「更新死んでてすみません」と謝罪してる気がしますが、更新死んでてすみません。断じて忘れている訳ではないのです。ただ最近は別所での活動に専念してまして……
 こちらももうちょっと更新出来れば良い気がしますが、ニュースについて語るの中心――というコンセプトが基本的に今の私のスタンスと合わなくなっているのが一番問題な気がします。
 さりとて日常の面白いネタで、ってのもなぁ……
 
 周囲でニュースに腹を立ててる人は沢山いますね。あれとかこれとかそれとか。
 ただまあ、私の明日の幸せに直結する問題が果たしていくつあるか? と考えると、それらを語る気もかなり失せるときたものです。
 もうちょっと自分自身うまく時間とやる気と社会性を上手に使うことができたら、社会や政治が変わらなくてもそこそこ生きていける。本当に自分への言い訳が無くなってから、政治批判でも何でもすれば良かろう。

 ◆

 というある種の物臭が働いて、こちらが閑散としている次第です。
 というか、やりたいこととやるべきことが両方とも大量にあるので社会なんて気にしていられない! といったところでしょうか……

 ◆

 お正月には高校時代の友人と同窓飲み会をしてまいりました。
 してまいりました、以外に書くこともないのですが、はたと学友達の近況を聞けば世界が少し時間を戻したようで、気持ち良い話の種になるもんです。
 うう……私自身もうちょっと中学高校時代を有意義に過ごしていれば、今できることももっと沢山あったはずなんですが……基本的に義務的なことはなにもしたがらなかったタイプだったからなぁ。
 自由時間を削られたり、時間を縛られるのが何より嫌いなタイプでした。
 その割に自由時間を有意義に使っていたかと言えばそうでもないんですが。

 ◆ 

 学生といえば、今日は成人式だそうです。
 こういうメルクマール的な内容を一個入れておかないと、三週間くらい経って適当に巡回してた人が踏んづけた時「おお、最新日記だ!」と誤解される恐れがあるのでね(←三週間以上更新しないことを想定している)

 成人式に出るべきか出なくても良いか――周囲の人はどっちの意見にしても口うるさく言いますから鬱陶しいですよねえ。中には「お前が自分が大人だと思うなら出なさい、そうでなければ出なくて良い」とか偉ぶってお説教たれる人まで居て、鬱陶しいわ!w となる。
 出るべき! 出なくても別に良い! と外野からとやかく言われる時点で、成人として扱われていない状況に辟易する人がもっと沢山出てくればと思いますね。俺は成人なんだから俺に決定させろ! と気骨を持つのも良いですし、俺はまだ未熟だから外野の意見を受容しよう、と思う新成人が居たらそれはそれ。謙虚で良いじゃないですか。
 すべからく、自由であるべきなんですよ。

 女の子さんに関しては、振袖姿を見せるのが親孝行ばあちゃん孝行の一つだ――ってな意見があってそれも尤もだと思いますが、まぁそこもご自身の判断に任せるということで。
 そういうこと言ってくれるご親族がある女の子は、何となく幸せなんだろなーと夢想しますけども。

 ◆

 遊んでばっかなのが子供で遊ばないのが大人、というわけじゃないんですよ。大人だって、ずっと遊んでばっかです。仕事さえも突き詰めれば遊びに満ちている。
 子供と大人の差は、遊ぶのが上手か下手かです。
 子供はただ遊ぶのが下手なんですよ、成人式で暴れてお縄につく人達も、いつまでもあんな下手な遊び方しか知らない訳じゃない。
 20歳にもなって恥ずかしい、という大人の方々のお叱りはごもっとも!! ……ですが、子供の背丈と同じように成長には差異があるもの。その人のことを知りもしないで、遠いところの新成人を嘲笑したりするのも、本当は上手な遊び方じゃないと私は思いますよ。謙虚であれという意味ではなく、もっともっと自分の好きなことだけに目を傾けて往きたい。
 それが本当の趣味人。本当の大人。そうなれれば――真実、それが格好良い大人だろうなと思っています。

 ◆

 それではまた次の更新でお逢いしましょう……
 次はいつになるんだろう……
[PR]

# by taoyao | 2010-01-11 15:29 | 私心

菊池ですよ!   

2009年 10月 29日

 というわけで久々に西武ライオンズの話題で戻ってまいりました。
 さすがに今日という日は戻ってこざるを得ない。

 今シーズンずっと煮え切らず、フラストレーションのたまる一年間でしたが、近年おとなしめだったドラフトで久々に強烈な光がさしましたねえ。
 西武に決まったから言うわけじゃないですが、甲子園から観てて久々にぞくぞくした投手だったので、この先どんな投手になるんだろうかと夢ふくらみます。

 うん、気の利いた言葉を言えないくらい興奮しております。
 
 とにかく、空恐ろしいレベルの投手。
 新任の橋本武広投手コーチは文化放送時代から分かりやすい解説に定評があり、期待も大きいのですが、こりゃまたいきなりとんでもない投手を預かってしまいました!
 同じ左腕投手ですが……でかい投手に育ててほしいです。
 同じく年若い涌井、岸、そして左腕の大先輩で高校時代同じく10年に一人と称された石井一久投手……色々学べる場所があるので、ほんとがんばってほしい!
 期待しています!

 うあー今日はテンションが上がりすぎてる!
[PR]

# by taoyao | 2009-10-29 23:39 | ライオンズ(野球)

倉吉市長辞職の件について   

2009年 09月 16日

 という超ローカルな話題



 斎場を建て替えるに当たって、住民から寄付された市の隅っこにある辺諏の地に作ろうとしたら地域から猛反発を受けて、裁判沙汰になって、第一審は原告住民が敗訴で終わったのに「民意を問う」とかいって唐突に辞職してしまったでござるの巻。
 簡単に言えばそんな経緯。

 いやたかが鳥取県の零細都市のしがない市長、つったらそうかもしれませんが……
 お国のトップが激動してるからって何も触発されたように「民意」を問おうとしなくったってとか思います。市民からすると「この人何がやりたいんだろう」というのが本音だったり。

 問題はその斎場が、私の家から程近い場所だということだが別に気にしない。

 ただ身近で見てる分、間違っても市長として信頼に足る人じゃないなーとは思いました。
 斎場建設の賛成反対にかかわらず、もう見てる限り箸にも棒にもかからないどーしようもなく信頼に足らない人がこの市長なんですが、その化けの皮がそろそろはがれてゆくのかー……という、超独り言。
 普段あまりきついことを言わない私がここまでこき下ろすんだからこれが相当なのですよっと。
[PR]

# by taoyao | 2009-09-16 23:38 | ニュース

皆既日食   

2009年 07月 23日

 幸いにも、薄雲のかかった向こうに輪郭だけが浮かび上がる絶好のシチュエーションを一瞬手に入れ、三日月型に欠けた太陽の姿をこの目で観察することが出来ました。
 見られただけでも良かったです。

 皆既日食で天地が暗くなるとき、今のように科学が進歩していない時代はそれこそ神の擾乱とか世界の終わりとか、色々畏れられたんだろうなーと思います。
 そう思うと、昼間に真っ暗になる皆既日食を、いつかは本州で見てみたいなという気もします。
[PR]

# by taoyao | 2009-07-23 01:07 | ニュース

感動しましたですよ。   

2009年 07月 12日

【7月11日 西武ドーム
   西武5X-4オリックス】
 
 トレードから生まれるサクセスストーリーもあるし、移籍した方が本人の環境にとって相応しい場合も多々ある。トレードが選手の可能性を広げる一つの手段であることは理解した上で、やはり愛着ある選手が誰かとの物理的交換で去ってゆくのは寂しいものです。
 
 引退でもないのにドラマチックに仕立て上げ過ぎ、とも思えますが、実態や理屈を抜きにして、蟠る感情を隠さずああいうセレモニーで送り出せる雰囲気が今のライオンズの魅力かなと思います。水田選手に対するチームメイトの本物の気持ちを偽ることなく素直に表したようなあのシーン、見ていて本当に嬉しく思えました。
 その劇的な試合展開の巡り合わせと共に、感謝したいと思います。

 トレードもプロ選手にはつきものとか、教科書通りの文言で送りだして欲しくはなかった。
 ひょっとしたら選手達も、一軍に抜擢されて間もない選手をいきなりトレードで放出しようとしたフロント側に、期するものがあったかもしれません。
 マンガのようではありますが、一人の選手を大事にする気持ちがファンと選手で共有できた今日の試合は、本当に素晴らしい一瞬でした。
 水田選手の阪神での活躍を、心から期待しています。
[PR]

# by taoyao | 2009-07-12 00:01